ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2006/02/23

ハートを掴んで生き残り!?ジーコジャパン・秘密の花園…

昨日のCB約2名は「有料試合」ってことを忘れてたんでしょうか?(怒)こらーーー!!チケット買って、平日の夜、横浜国際まで駆けつける他人の身になったことあるのかーーー!!

なんか「安泰組」と「サバイバル組」の温度差が激しくて、いろんな意味でスゴイ試合でした…。あれですか?ポジションに関わらず、「点を取ったら採用!」みたいなルールがあったんですか?(笑)あと、ヒールパスだのなんだの、技を繰り出すとレベル1アップとか。

まあこんなことラン☆カンには分析できないので、ひと言「モニが見られてよかった」(爆)
それと、「マキマキがベンチに引っ込んだとき、ベンチコートを渡そうとわくわく待ちかまえていたのは、控え組のマスコットギャル(笑)モトヤンだった」「せっかく出場したのにヒマだったモニの唯一の見せ場でピンチを招いていたために、あやうくマキマキの生着替えを見逃すところだった!(笑)」という、とってもどうでもいいことだけご報告いたします。

さて。そんな一部分だけサバイバリーな俺たちの日本代表。
ワールドカップイヤーの今年、サッカー協会が勝負に出ました!それは…「選手名鑑写真@J'sGOAL」

tama.jpg
ふつう名鑑写真といえば、これ。顔全体に照明をあてて、パスポートにも使えるくらいなクリアな状態。
fuku.jpg
でも日本代表選手といえども、みんなから「やっぱりかっこいー!」と言ってもらえたら、さらにモチベーションがあがるってもんです。人間の顔は真正面から撮るより、ちょっと左右にふった角度の方がよりドラマチック。右肩を大きく開き、顔をちょっと正面へ…さすが、ジュビロのフク@福西崇史。こういう写真は撮られ慣れてるんだろうな〜。もう、カメラマン的には「いいよ〜いいよ〜!きてるよ〜!」ってカンジでしょう(笑)
kajikun.jpg
インド戦では「俺って技巧派!?」って思い始めた加地くん。カメラマンの要求も飲み込めた様子。でもセルフイメージが完璧じゃなかったのか、首の座りとアゴの引き方が、フクと比べちゃうとシロウトっぽいです(笑)しかも、慈母のようなほほ笑み…拝んじゃいそう(謎)やっぱり癒し系?

ところが、この2人以外の代表戦士たちは暴走を始めます!まずは加地くんと違って「セルフイメージが完璧すぎる人々」…

ale.jpgbomber.jpg
肩も閉じ気味。そして顔も真正面!こっちから見て左にふった顔は、右側の頬からアゴにかけて面積が広大になるので、その間抜けになりやすいスペースに影を作ってごまかすために、左からライトを1灯だけ当ててます。でもこの2人は正面を向いちゃったので、顔半分にライトが当たらず意図した以上にドラマチックなことに!!「number」か「VS.」の表紙風味になっちゃいました…まあ、カッコイイんですけど(笑)

zaki.jpgtaka.jpgdoikun.jpgtsuboi.jpg
そのカッコよさに憧れて、カメラマンの要求を無視するサムライブル〜たち…
でも、だんだん「俺ってカッコつけ過ぎじゃん?」と我に返っちゃったのか、いつもの名鑑写真のようにほほ笑み始めてます!ああ「number」から「マガジン」「ダイジェスト」へ(笑)
yatto.jpgabechan.jpgina.jpgkomanyo.jpgmuraikun.jpg
もう、ドラマチックなライティング台無し(笑)でもムライくんはこの中では頑張ってる!セルフイメージは決まってたんだろうなあ…そんなムライくんの写真がキメキメに見えないのは、受け取る側の問題でしょうか(笑)コマニョは爆笑一歩手前。
結局いつも通り全身が正面を向きかけてます!

onochin.jpg だめじゃん!めざしてるのはこれ!!→ fuku.jpg

hide.jpgtsune.jpgmako.jpg
ということで、カメラマンの要求に俺風味を加え、ベストショットを狙う「撮られ慣れすぎてる方々」。ナカ〜タとツネさまは、普通にモデルをやってたりするしなあ…。マコもいい感じにできてるのに、おでこのしわが惜しかった!(笑)
matsui.jpgngahata.jpgoguri.jpgyanagi.jpgshunshun.jpg
なんかオグリあたりから、またほほ笑みのエキスが…とりあえず、アゴ引き過ぎだよぅオグリ。しゅんしゅん、鼻ふくらんでるし。っていうか、ソガ!!曲がってる!!(デフォルト?)
dragon.jpgyocchan.jpg
ドラゴン!アゴ引いて!(汗)よっちゃんは引きすぎー!(泣)
ダメだダメだ!!

fuku.jpgmoni.jpg
ということで、初心に帰って…目標は、フク!
ああ、アゴは引けたけど別の世界へ旅しちゃってますモニ。ユニの下にサラシ巻いてるでしょ〜、絶対(笑)でもこれで、上半身の角度は修正されました!

さあ、ジーコの作ったキューの後方につけていると自覚する人々の登場。もちろん写真一つでもおろそかにはできません。
makimaki.jpghisato.jpgmotoyan.jpg
マキマキ…かつては内輪で要潤に似ていると話題になったこともあったんだけど…すっかりど根性キャラに(笑)でも「常に果てしなくアゴが上がり、のけ反ってる」写真しかないマキマキにしては、これ上出来!!と言っても、このポーズ実は「アゴを上げ、そのまま若干前傾姿勢を取り、横を向いた状態」だということはバレバレです(笑)
で、やる気が目ヂカラにこもったヒサト、ちょっと戦隊ヒーローもの入っちゃってます(笑)
モトヤンはやってることはヒサトと同じなのに…和みキャラの性なのか、微妙に敵キャラにつけ込まれるような隙が…ってか、だれか後ろエリ引っ張ってるよね?(笑)
ちなみにこの3人は、アメリカ遠征からずっとマキマキのブログに揃って登場する「仲良しトリオ」(笑)えっと「仮面ライダーアギト」チームってことでよいでしょうか?(…ラン☆カン、ここら辺のものさっぱり知らないのでWikipediaで調べちゃったよぅ(汗))

ogasa.jpghasemako.jpg
さて。フクの基本形から、カメラマン&デザイナーの意図を裏切り続けてきた日本代表たち。トリはこの二人!
オガサーーー!絶対片足をイスに乗せて右ヒジついてるだろーー(笑)波止場の演歌歌手のブロマイドになっちゃってるよーー!10秒後には右手が頬に添えられるはず。
そして、ハセマコ…昔流行った「だっちゅ〜の」ポーズ…両肩上がっちゃってるよ…アゴ引いて上目遣いだよ…こんなの、きっとサッカーaiでも没だと思うなっ(爆)

ラン☆カン的に衝撃度が高かったのは、マキマキがカッコよく写ってたことと、ハセマコの幼気(いたいけ)な少年っぷりでしょうか(笑)

hasemako.jpg
やっぱりアイドル入ってます。ホリプロ系?(笑)井森美幸に似てる!とラン☆カンの知り合いが指摘しておりました…うん、まあ(笑)でもネタが古すぎですよぅ…>知り合い

そんなこんなで、日本国民のハートをとらえて離さない代表戦士たち♪
必死にぶら下がるしっぽをぽいっと手放して、海外組パーツをがっつり装着です。

*******************************
日本代表海外遠征(2/25〜3/1、ドイツ)メンバー

                    国際Aマッチ 出・得
GK 23 川口能活  ジュビロ磐田           83・0
  41 下田 崇  サンフレッチェ広島         1・0
  42 都築 龍太 浦和レッズ             3・0
            
DF  2 田中 誠  ジュビロ磐田           31・0
   5 宮本恒靖  ガンバ大阪            63・3
  14 三都主アレサンドロ 浦和レッズ        66・5
  22 中澤佑二  横浜F・マリノス         44・9
   6 中田浩二  FCバーゼル(スイス)      54・2
  20 坪井慶介  浦和レッズ            29・0
  21 加地 亮  ガンバ大阪            38・1
  31 駒野友一  サンフレッチェ広島         6・0
  24 茂庭照幸  FC東京              8・1
 
MF 15 福西崇史  ジュビロ磐田           56・7
   7 中田英寿  ボルトン(イングランド)     71・10
  10 中村俊輔  セルティック(スコットランド)  57・15
   8 小笠原満男 鹿島アントラーズ          46・7
  29 稲本潤一  ウエストブロミッチ(イングランド)61・4
  18 小野伸二  浦和レッズ            49・6
   4 遠藤保仁  ガンバ大阪            38・3
  34 松井大輔  ルマン(フランス)         4・1
 
FW  9 久保竜彦  横浜F・マリノス         29・11
  13 柳沢 敦  メッシーナ(イタリア)      54・17
  32 高原直泰  ハンブルガーSV(ドイツ)     39・14
  16 大黒将志  グルノーブル(フランス)     15・5
 
 
【スケジュール】
2月28日(火)13:20 国際親善試合 vs ボスニア・ヘルツェゴビナ代表(SIGNAL IDUNA PARK/Westfalen Stadion)
*******************************

最後にオマケ。ラン☆カンが応援したい「日本代表」〜!!

dream_team.jpg

…年代が間違ってるな…(汗)ってか、あんまり強くなさそうだ←ダメじゃん!
posted by ラン☆カン at 20:56 | Comment(12) | TrackBack(1) | (休止中)

2006/02/21

野洲の三年殺し(笑)

「延長戦に入った時、俺は、お前たちの試合をまだあと20分見ていられるんだ!と思ってうれしかった…」
野洲の山本監督が、最後のミーティングでこんなことを言ったと聞いて、目がうるうるになっちゃったラン☆カンです。

野洲高の新チームは、新人戦に挑み見事優勝。そして日本高校選抜候補合宿に、5人参加して3人選ばれ4月にはドイツ&スイスへ…
だからね、何度も自分に言い聞かせてるんだけど、「優勝した野洲高校サッカー部」のみんなは、どんどん未来へ向かって進んでるんだってば。一緒に前を見ていないと、おいてきぼりだよ?って…

なのになのにスカパー(G+)では、今月から「第84回高校サッカー選手権全試合再放送」とかやらかしてるんですよぅ…。彼らとの運命の出逢いin等々力競技場「四中工対野洲」を、テレビ画面で初めて見ました。だってその日、東京地方で放送されていたのは「鹿島学園対鵬翔」と「浦和東対明徳義塾」だったんだもん…。

ブラウン管の中の試合は、やっぱりとってもとっても面白かったです。これを生で見ていたなんて、ラン☆カンを含め800人(!!(汗))の観客はどんだけ幸せ者だったんだーー!ビバ自分☆!!(笑)

選手権が終わって約1か月半。
この間に、ラン☆カンはいろいろな「話題になってたからうっかり決勝戦だけ見ちゃった人たち」から、野洲の決勝戦がいかにすばらしかったか、野洲の選手たちがどれだけファンタジックなプレーをするか、サッカーという競技がどれだけ面白いのか、青木孝太がどれだけカッコイイか、滔々と語られ続けていました(笑)その語り部たちのほとんどは「普段はサッカーを見ない」人たちだったりするわけで…そんな人たちが、いまだに「野洲のセクシーフットボール」を反芻し続けているんですよぅ。

そう選手権が終わって約1か月半。
読売新聞のオンライン版ではこんな特集が組まれていました。
[連載]湖国発 野洲高サッカー
<1>…先生にかけてみよう
<2>…殻破りユース育てよう
<3>…新しいスタイル目指し
<4>…ブラジルへ行ってこい
<5>…どんな選手も伸びる

そして、こんなメルマガも…
◆野洲高校のサッカーをバルセロナから分析する
(このメルマガには野洲サッカーのポイントとして『野洲が優勝した最大の理由の一つは、キーパーの活躍です。試合後に君にインタビューをしなかった日テレのセンスのなさに涙が出てきました。』なんて書かれています!きゃーー(感涙)かなめ@下西要をちゃんと評価してくれる人がいるーー!!)

でも選手権が終わって約1か月半、ですよ?

2月19日、学校と後援会の主催で、遠征費用なんかを寄付してくれた関係者を招いての「支援に感謝する優勝祝賀会」が行われました。

060219_shugakai.jpg

「多くの人が物心両面から支援してくれた。野洲を世界に発信できるよう今後も精いっぱい取り組みたい」って山本監督が言えば、
にっちょ@金本竜市@優勝キャプテンは「3年生21人、高校を卒業しても、全員が何らかの形でサッカーにかかわっていきたい」とコメント。
ほら、やっぱり「優勝メンバー」たちはもう次のステップへ進んでるんですよう。なのに「優勝を決めたゴールは、何度見ても素晴らしい。新チームも旋風を吹かせてほしい」とか、野洲の市長さんは言っちゃうわけです。市長さん…何度も見てるんだ(笑)

そう、あの「平成17年度野洲高校サッカー部」を見ちゃった人たちは、ボディブローのようにあとからじわじわと沸き上がる「もうあのチームが見られない」という痛みが現実なんだ、とやっと気がつき始めたんです。三年殺しどころか「1か月半殺し」。
記憶の奥深くで1か月半という時間を重ねる間、「あの」野洲のサッカーが「なくてはならないもの」に変容し、増殖していたと気がつかされるなんて…恐るべきセクシーフットボール。北斗の拳でいうなら「お前はもう死んでいる」?ごめん、よく知んないんだけど(笑)

選手権後の広漠たる「サッカー観戦」という世界には、プロだろうがユースだろうが、なんの試合を見てもお構いなしに「今の野洲っぽいな」とか「野洲だったらパスがつながったのに」とか、脊髄反射しているラン☆カンがたたずんでいます。でも、こういう記事を目にすると「ああ、ラン☆カンは一人じゃないんだ!」って思えるのです(笑)

そして、さらに秘孔を突くような番組が…

びわ湖放送特別番組のお知らせ
2月26日(18:00〜)「チャンピオンになったファンタジスタ達」
〜野洲高校サッカー部 優勝への軌跡〜


うーーーー。滋賀県民のみなさま、ホントに羨ましいです…(泣)
スカパー!びわ湖放送をペイパービューでもいいので、配信してください(笑)


予備知識も、因縁話も、うんちくも、なにもなくても楽しめるサッカーが、あることを知ってしまったラン☆カン。
でもきっと誰もが「ただ見てるだけで楽しいサッカー」を求めてるんじゃないのかなっ☆

まずは、ゆうだい@田中雄大キャプテンの新チームが、秘孔を突かれ呻いている犠牲者を救ってくれることになるはず…応援し続けたいです。

*****************************
追記:この記事のコメント欄で、むぅさまがびわこ放送特別番組の内容を詳しく解説して下さってます♪ぜひぜひ読んでみて下さい。ラン☆カン、ちょっと涙しちゃいました…

2006/02/14

日本高校選抜、決定!イケメン@青木にデカモリシ、そして俺様〜♪

4月。ついに彼らはドイツへ、そしてスイスへ飛び立ちます。実は野洲の2年生、たかし@乾貴士くんとゆうだい@田中雄大が「FC東京・鹿児島指宿キャンプ」に参加中!!高校選抜の宮崎合宿が12日に終わったので、そこからそのまま合流したのかな。(ちなみに、駒大3年生のマキマキ弟@巻佑樹もこの東京キャンプに参加中♪)

…というニュースを聞いてたので、新生・野洲高の10番、乾くんが選ばれるのを期待してたんだけど…

第84回高校選手権優秀選手33人の「全選手ニックネーム&進路つきリスト☆」「候補合宿に招集されたメンバー」のリストもあります〜。

************************************
日本高校選抜チーム 強化合宿メンバー(3/3〜5)

【スタッフ】
団長    秋森 学  【高知県立高知西高等学校】
総務    尾崎春樹  【和歌山県立青陵高等学校】
総務    高橋一成  【千葉県立袖ヶ浦高等学校】
監督    松崎博美  【鵬翔高等学校】
コーチ   白井三津雄  【多々良学園高等学校】
GKコーチ  石末龍治  【ヴィッセル神戸】
主務    若菜健一  【埼玉県立越ヶ谷高等学校】
副務    松村道彦  【埼玉県立浦和高等学校】
 
【選 手】
GK  1 武田洋平  Takeda Yohei    1987/06/30 190/77 大津    3年
DF  2 本城宏紀  Honjo Hiroki    1987/08/03 181/70 鹿児島実業 3年
DF  3 作田裕次  Sakuda Yuji     1987/12/04 182/73 星稜    3年
DF  4 左山晋平  Sayama Shinpei   1987/05/04 172/68 広島観音  3年
DF  5 宮路洋輔  Miyaji Yosuke    1987/06/12 178/70 鵬翔    3年
MF  6 小島暢明  Kojima Nobuaki   1987/04/21 181/66 遠野    3年
MF  7 松本 怜   Matsumoto Rei    1988/02/25 175/62 青森山田  3年
MF  8 菅田恭介  Sugata Kyosuke   1987/08/29 170/62 多々良学園 3年
MF  9 小澤竜己  Kozawa Ryuki    1988/02/06 170/66 青森山田  3年
FW 10 森島康仁  Morishima Yasuhito 1987/09/18 186/80 滝川第二  3年
FW 11 青木孝太  Aoki Kota      1987/04/27 176/64 野洲    3年
FW 12 佐々木竜太 Sasaki Ryuta    1988/02/07 180/74 鹿島学園  3年
MF 13 平間直道  Hirama Naomichi   1987/07/06 165/61 多々良学園 3年
MF 14 楠神順平  Kusukami Junpei   1987/08/27 167/57 野洲    3年
DF 15 西岡謙太  Nishioka Kenta   1987/04/15 173/67 鹿児島実業 3年
FW 16 迫田亮介  Sakoda Ryosuke   1988/01/28 180/69 鹿児島実業 3年
GK 17 清水圭介  Shimizu Keisuke   1988/11/25 182/70 滝川第二  2年
DF 18 田中雄大  Tanaka Yudai    1988/08/08 167/63 野洲    2年

************************************

乾くん、残念…。でも高校生は4月からプリンスリーグが始まっちゃうから「ゆうだいとたかし、2人持ってくのはやめて〜!」って野洲としては言いたいところだったかも。
そしてFW陣がすっごいゴ〜ジャ〜ス!!この間カタールで優勝を韓国からもぎ取ってきた、U19日本代表の最強イケメン2トップ「青木孝太&デカモリシ」がそろいました(笑)4人選ばれたFW、デコトラ@迫田くん@選手権決勝で野洲から同点弾!以外はみんなJリーグに就職決まってます。
そして…選ばれちゃいましたーーー!俺様@楠神!14番!!カッコイイイ♪

先日の「日本代表対アメリカ戦」で、前半小野ちんが出したヒールパスに誰も反応できず、ゴール前のチャンスを潰したシーンを見ていて、「野洲なら絶対だれかが走り込んでるのにー!」と思っちゃったわけですが(病気)、ゆうだい・俺様・イケメン、この3人がそろえば目眩く攻撃が、またピッチの上に出現ちゃうんだよね…うっとり…。

【スケジュール】
3月3日(金)トレーニング
3月4日(土)トレーニング
      トレーニングマッチ vs 静岡産業大(Jステップ)
3月5日(日)14:00 第21回静岡県ヤングサッカーフェスティバル
      vs 静岡県高校選抜(日本平スタジアム)


…で、ラン☆カン…3月5日はJリーグ開幕戦を見るのか、静岡まで俺様を見に行くのか…ううう〜ん(悩)

<選手のみなさんのそれ以降のスケジュール>
4/5〜4/8  日本高校選抜 欧州遠征直前合宿(中台運動公園/千葉県)
4/8〜4/19  日本高校選抜 欧州遠征(ドイツ/スイス)
      第66回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会参加


************************************
んで、ちょっと古いんですが、81回大会と82回大会の「日本高校選抜チーム」がどんなカンジだったのか、「報知の高校サッカー選手権大会特集」で読むことができます!すんごい濃くて面白すぎたがために、たぶん2大会分で力尽きた模様。83回大会以降の特集がありません…(泣)

Q:デュッセルドルフでおみやげになにを買いましたか?(誰に・何を)  
「彼女にブタを買いました」

こんなスペシャルな(笑)アンケートまで取ってるくせに、なんでやめちゃうの〜?報知!!って、うっかりこんなこと答えた選手は誰でしょう〜(笑)

************************************

追記:コメント欄でみあさんが教えて下さった「パワスポ」で「日本高校選抜候補合宿3日間」の様子が、写真付きで読めます!!!すごい〜♪ぜひぜひ見て下さい。

…でもこうやって写真を見ちゃうと、選手権で頑張ってた姿を思い出して、みんなみんな、ドイツ&スイスへ行けたらよかったのに…なんて思っちゃいます。

2006/02/08

青木孝太21番、楠神順平11番!?なんだそりゃ〜!な高校選抜合宿っ。(追加修正しました)

「優勝」をひっさげて、帰国したU19日本代表たち。メンバー中、Jリーグ入りをしないのは2年生と、流経大に進学予定の流経大柏GK林彰洋くんのみ。新しい「職場」のキャンプに合流した新人君たちは、一刻もはやく環境に慣れてアピールしたいところなのですが…高校生!忘れちゃダメです!ご褒美合宿があるじゃないの〜!

2月2日に発表された「日本高校選抜 選考合宿」のメンバーは、「第84回全国高校サッカー選手権大会 優秀選手」と同じなんだけど(追記:ウソでした…(汗))、新しく背番号が加わりました〜!ってこれ、なんの順番???ラン☆カンはまっさきに俺様@楠神の名前を探し、「11番」に驚愕しちゃったのに…驚愕ゾンでした(笑)だって、同じ学校で並んでるんだもん。1〜3をGKがつけるのもあり得ないし(笑)

ということで、身長&体重&お誕生日がわかるリストです。全選手のニックネームと就職&進学先はここをぽちっとな。


***************************************
日本高校選抜チーム 選考合宿メンバ−(2/10〜12)

【スタッフ】
団 長  秋森 学  Akimori Manabu   【高知県立高知西高等学校】
総 務  尾崎春樹  Ozaki Haruki    【和歌山県立青陵高等学校】
総 務  高橋一成  Takahashi Kazunari 【千葉県立袖ヶ浦高等学校】
監 督  松崎博美  Matsuzaki Hiromi  【鵬翔高等学校】
コーチ  白井三津雄 Shirai Mitsuo   【多々良学園高等学校】
GKコーチ 石末龍治  Ishizue Ryuji   【ヴィッセル神戸】
主 務  若菜健一  Wakana Kenichi   【埼玉県立越ヶ谷高等学校】
副 務  松村道彦  Matsumura Michihiko【埼玉県立浦和高等学校】
 
【選 手】
GK  1 清水圭介  Shimizu Keisuke   1988/11/25 182/70 滝川第二  2年
GK  2 武田洋平  Takeda yohei    1987/06/30 190/77 大津    3年
GK  3 溝ノ上一志 Mizonoue Kazushi  1987/06/05 178/71 鹿児島実業 3年
DF  4 大久保悟  Okubo Satoru    1987/11/25 178/68 滝川第二  3年
DF  5 本城宏紀  Honjo Hiroki    1987/08/03 181/70 鹿児島実業 3年
DF  6 西岡謙太  Nishioka Kenta   1987/04/15 173/67 鹿児島実業 3年
DF  7 左山晋平  Sayama Shinpei   1987/05/04 172/68 広島観音  3年
DF  8 宮路洋輔  Miyaji Yosuke    1987/06/12 178/70 鵬翔    3年
MF  9 松本 怜  Matsumoto Rei    1988/02/25 175/62 青森山田  3年
MF 10 小島暢明  Kojima Nobuaki   1987/04/21 181/66 遠野    3年
MF 11 楠神順平  Kusukami Junpei   1987/08/27 167/57 野洲    3年
MF 12 平原 研  Hirahara Ken    1987/05/29 171/57 野洲    3年
MF 13 乾 貴士  Inui Takashi    1988/06/02 168/56 野洲    2年
MF 14 菅田恭介  Sugata Kyosuke   1987/08/29 170/62 多々良学園 3年
MF 15 平間直道  Hirama Naomichi   1987/07/06 165/61 多々良学園 3年
MF 16 三代将平  Mishiro Shohei   1987/07/28 169/63 鹿児島実業 3年
MF 17 永岩貞亮  Nagaiwa Sadaaki   1987/06/22 171/64 鹿児島実業 3年
MF 18 赤尾 公  Akao Akira     1988/02/15 177/69 鹿児島実業 3年
FW 19 菊池 亮  Kikuchi Ryo     1988/03/25 175/68 遠野    3年
FW 20 佐々木竜太 Sasaki Ryuta    1988/02/07 180/74 鹿島学園  3年
FW 21 青木孝太  Aoki Kota      1987/04/27 176/64 野洲    3年
FW 22 趙 栄志  Cho Young Ji    1988/05/06 171/60 大阪朝鮮  2年
FW 23 中川大輔  Nakagawa Daisuke  1987/12/09 183/80 徳島商業  3年
FW 24 栫 大嗣  Kakoi Hirotsugu   1987/07/10 176/72 鹿児島実業 3年☆2/10追記:怪我のため不参加(泣)
GK 25 高橋佳豊  Takahashi Yoshito  1988/11/08 181/70 遠野    2年
DF 26 安 泰成  Ahn Tae Sung    1987/11/04 179/72 大阪朝鮮  3年
DF 27 國光佑介  Kunimitsu Yusuke  1987/05/08 169/66 多々良学園 3年
DF 28 作田裕次  Sakuda Yuji     1987/12/04 182/73 星稜    3年
DF 29 田中雄大  Tanaka Yudai    1988/08/08 167/63 野洲    2年
FW 30 小澤竜己  Kozawa Ryuki    1988/02/06 170/66 青森山田  3年
FW 31 迫田亮介  Sakoda Ryosuke   1988/01/28 180/69 鹿児島実業 3年
FW 32 森島康仁  Morishima Yasuhito 1987/09/18 186/80 滝川第二  3年
MF 33 高橋宏次郎 Takahashi Kojiro  1990/01/08 175/66 広島皆実  1年


追記!!!神経衰弱状態でよ〜く見たら、浦和レッズに入団する大津の坂本和哉くんがいないっ(汗)このあきらかに追加招集っぽい33番高橋宏次郎くんですが、「広島皆実」は選手権に出てません(広島代表は広島観音)。1年生だし、すんごい期待できちゃう選手なのかな??わくわく。
さらに追記:豊田国際に選ばれてた…忘れるな!自分…。で。お詫びをかねて(?)いきなり「声」を見つけてみました(笑)高橋くんのコメントの他、皆実の監督さんの高橋くん評とかも聞けちゃいます!これで見ると、高橋くんの顔は…デカモリシ系?

またまた追記ってかオマケ。新人研修を受けた坂本和哉くんです。他にもユーヘイ@徳永悠平やマイキー、山本真希くんのインタビュー動画もありますよぅ。

***************************************
 
【宮崎合宿 スケジュール】
2月10日(金)集合
       トレーニング
2月11日(土)トレーニングゲーム
       トレーニング
2月12日(日)トレーニング
       解散

この合宿ののち、スイスへ行ける「日本高校選抜」18人(たぶん)が発表になります。栫くんやデカモリシは、去年も優秀選手に選ばれてるけど、選抜選手にはなれませんでした。逆に星稜の作田くんは去年選ばれて、ドイツへ行っています。で、選ばれると待ち受けているのはこんなスケジュール…
 
 3/3〜3/5  日本高校選抜 強化合宿
 4/5〜4/8  日本高校選抜 欧州遠征直前合宿
 4/8〜4/19  日本高校選抜 欧州遠征(ドイツ/スイス)
       第66回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会参加

3月アタマの強化合宿最終日には「第21回 静岡県ヤングサッカーフェスティバル 」がおこなわれて、日本高校選抜は静岡県高校選抜と試合をすることになっています。ラン☆カンはこの試合見に行く気まんまんだったんですが…3月5日って土日にまたがったJリーグ開幕の日じゃないですかああああ!!!(泣)

3月5日(日)
第21回 静岡県ヤングサッカーフェスティバル@日本平

★U-16の部/10:00Kik off(30分ハーフ)
 静岡県U-16選抜VS県中部U-16選抜
★U-18の部(1)/12:00Kik off(35分ハーフ)
 清水エスパルスユースVSジュビロ磐田ユース
★U-18の部/14:00Kik off(35分ハーフ)
 静岡県高校選抜VS日本高校選抜

「だいら」でやるんだーー!選手が目の前ですよぅ…でも、35分ハーフって短いよぅ…でも、2試合目清水ユースの試合、キャシャーン@長沢駿や佐野克彦も出るんだろうなあ…でも、Jリーグ開幕なんだよぅ…ぐるぐるぐる…
くわしくはここを見てくださいねん。う〜んう〜ん…メンバー発表になってから、もう一度悩み倒そう…(泣)



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今日、取材先のアフリカの地でサッカージャーナリストの「ジャンルカ・トト・富樫」こと富樫洋一さんが亡くなられました…。すんごいビックリで、すんごいショックです。
ご冥福をお祈りいたします…
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


↓また、間違えた〜!書いたのはラン☆カンでした…

2006/02/05

新生・野洲高、「新人戦」初優勝☆で、乾くん「5人抜き」ドリブル!?

今日の決勝戦には新キャプテン@ゆうだい@田中雄大が初登場!対戦相手は、「滋賀県・県民体育大会サッカー競技・高校の部」連覇を狙う、草津東です。

野洲 3-1 草津東
前半'16 乾貴士(野洲)ミドルシューート
  '27 村田和哉@プロ志望です☆(野洲)←乾くんからのパス

  '32 立花(草津東)GKのこぼれ球を押し込み!
後半'26 乾貴士(野洲)ドリブル突破

060205.jpg ☆村田和哉くん…らしいです!

「最初はゲーム感覚がつかめなかった」という、ケガから戻ってきたキャプテン@ゆうだいと、選手権では俺様@楠神の後ろを守り続けたぼり@荒堀謙次を含めた3バックが、草津東の鋭い縦への攻撃をはね返し、奪ったボールを即攻撃へつなげていくプレースタイルを継承。キャプテン@ゆうだいは、あの「サイドチェンジスーパーロングボール」を左足で蹴り込みまくっていたみたいです!
そして10番をつけて、この大会ほぼ「やりたい放題」な乾くんはこの試合でもやんちゃドリブル炸裂(笑)後半26分のゴールは、なんと右サイドから「5人抜き」をやらかしたそうです!!!
絶妙パスで全得点に絡んだ(!)という160センチのMF廣瀬直弥くんは、左サイドの高速ドリブラー。こ、これは俺様の後継者!?

この大会、シードされていた野洲は計6試合で、20得点、失点3。優勝イベント目白押で新チームは練習もままならず…大丈夫かな、なんてのは余計な心配だったみたい?
「日本一になった先輩と一緒に練習してきたから落ち着いて臨めた」@山本監督
そうだよね、新チームにはこんなすごい「時間と経験」っていう財産があるんだもん。
でも、山本監督は「研究もされるだろうし、みんなまだまだへたくそ。個人の技術と戦術をしっかり鍛えなければ」ってみんなを引き締めてます。

新人戦で優勝した野洲高は、「関西プリンスリーグ」へ滋賀県代表としての参加権を手に入れました!
4月から8月にかけておこなわれるプリンスリーグで2位以内に入ると、9月から10月に開催される「高円宮杯」へ出場できるんです。
5月からインターハイ予選がはじまり、8月に本選、秋には国体もあるし、10月からは選手権予選…うわあ、みんな大忙しだあ…(汗)

さてさて。優勝カップを手にしたゆうだいと乾くん。10日から12日まで「高校選抜選考合宿」に参加します。がんばってアピールしてきてください♪

******************
新人戦準決勝の結果
野洲 5-1 膳所
草津東 1-0 水口

新人戦、の詳しいレポ(動画付き〜♪)は「こちょうのゆめ」さんが書かれています!優勝してスピーチするゆうだいの姿も、見られますよう〜。

******************
BBCびわこ放送が放映した「野洲の優勝特番」の動画を紹介した記事に、滋賀県に住んでいらっしゃる「むぅ」さんという方が、ななななんんと、「特番の翌日に放映された、番組メーキング」の内容を、コメント欄に書いてくださっています!!!
「生リフティングをだれがやるのか」でもめるメンバーや、自分の座るポジションに凹むかなめ@下西くんや平原くんの様子が頭の中にリアルに再現されますよう!
すんごい面白いので、ぜひぜひ読んでみてください〜☆

2006/02/02

U19日本代表!優勝ですーーーー!inカタール。

きゃあぁぁあ…優勝しちゃったよーーー!2人退場した韓国相手に、0-0でPK戦っていうのがちょっと悔しいけど、U19日本代表いきなり初タイトルですよーーー!

カタール国際ユース(U-19)親善大会 決勝
2月1日(水)17:30(Al-Arabi SC Stadium/ドーハ)
日本 0-0(PK4-3) 韓国

PK戦、日本のキッカー

(順番はこの通りじゃないです)
アトム@田中亜土夢→○ う〜ん、初選出なのに強心臓だなあ
キャプテン@福元洋平→○ 余裕余裕!
イケメン@青木孝太→○ また、胸のエンブレムつかんで、気合い入れたかな♪
貴公子@安田理大→○ っしゃー!
イトショー@伊藤翔→× あら…(汗)
キャシャーン@長沢駿→× いやん…(泣)

フェアプレイ賞にも輝いた☆U-19日本代表 スタメン&スタベン *メンバー表*
GK:林彰弘(流通経済大付柏高)
DF:内田篤人(清水東高→鹿島)
  槙野智章(広島ユース→広島)
  福元洋平(大分U-18→大分)
  堤俊輔(浦和ユース→浦和)
MF:梅崎司(大分)→延長HT 伊藤翔(中京大附中京高)
  青山隼(名古屋ユース→名古屋)
  田中亜土夢(前橋育英高→新潟)
  柳澤隼(柏U-18→柏)→85分 安田理大(G大阪ユース)
FW:森島康仁(滝川二高→C大阪)→72分 長沢駿(清水ユース)
  河原和仁(新潟)→52分 青木孝太(野洲高→千葉)

GKは、秋元くんに戻さなかったんだ…今年の高校選手権では初登場の2回戦に、いきなり多々良に負けて涙をのんだ流経大の林くんがアピールに成功したってこと?ボランチは、アトムが横谷くんや森重くんより一歩リードな感じなんでしょうか。

とりあえず、みんなでひゃほ〜い!!
↑ええっと…トロフィーの向かって右にいる森重くん、なんだか「かも〜ん(はあと)」なポーズになってるわけですが(笑)そして左のつかさは大股広げすぎです!それでひざ立てたら、M字開脚ですよ!?(汗)←そんな想像するほうがどうかと思う…
えなりは埋もれてるし、安田大サーカスはメダル喰ってるし、やなじゅんはそんな彼がお気に入りだし?(笑)
うっちー・かつーん@佐野克彦・横谷くんは、小顔ちゃんトリオだあ♪
そしてそんな彼らを最高峰(189センチ)から見下ろしてるキャシャーン@長沢駿…この表情だと、やっぱり「お兄ちゃんたち、楽しそうだなあ」って感じだよね(笑)結局、緊張したままだったのかなあ、PKも外しちゃってるし…心配(泣)
そんな駿太郎と一緒に秋元くんを挟んでいるのが柳川雅樹くん(神戸)…表情暗!!!(汗)J'sGOALを信じるなら、この大会1分たりとも出場記録がありません。どうしたんだろう〜?この顔見ちゃうと、ちょっとかわいそうです…

追記:柳川くんは「右足首ねんざ」だったそうです。ランニングしてる写真もあったのに…残念〜(泣)でも彼は神戸へ帰国後、主力だけが参加するグアムキャンプ参加メンバーに高卒新人としてはたったひとり、選ばれました!がんばれーー!ちなみに、柳川くんの表情が暗いのは、デフォルトかもしれません。暗いっていうかその〜…渋みがあるっていうか…(汗)

*****************

去年10月、親善試合で2-5と韓国相手にボロ負けをしたU18代表去年7月、新潟国際韓国を下して優勝はしたものの、メンバーを固定したチームは「がつがつ感」がなくなっちゃって、その後8月のSBS、9月の仙台カップと、立て続けに優勝を逃します。しか〜も!仙台では青森山田のキャプテン→FC東京@小澤竜己率いる「U18東北選抜」に2-5で敗れるという、念の入った壊れっぷり…。
東北選抜の監督・清水秀彦と、10月に対戦したU18韓国代表の監督からは、まったく同じ問題点を指摘されてしまいました。

「(日本代表は試合の途中で)精 神 的 に き れ て し ま う」

仙台の東北代表戦、清水監督のコメントによると日本代表はこの試合で3バックを試していたようなのですが、その連携がうまくいっていなかったらしいのと、最初から攻撃のスピードを上げすぎでテンポが同じだから相手は慣れてしまう、という問題点が挙げられてました。そして「最後は精神的にキレた。それが一番残念。」と。
その後10月、韓国にたたきのめされた日本代表たちは、選手だけのミーティングをやったそうです。(A代表と違ってキャプテンがみんなに声をかけたわけじゃなく、監督の指示があってやったことなんですけど)この時キャプテンをまかされていたやなじゅん@柳澤隼の報告を聞いて、
「1対1の部分のこと、ボールが回せていないということ。いつもこっちから言うことと変わらないけど、自分達で話し合うことが大事だったと思う」と、監督。そしてマッキーはこんな感想をもらしています。
「意見としていちばん出たのは、やっぱり気持ちとか声のことでした」

そして翌日。練習試合とはいえ日本代表は韓国に、0-0、1-0、1-0と無失点で勝ち越し。

やっぱり最後は、勝って終わらなきゃダメです。
この結果があったからこそ、不安でいっぱいだった(ラン☆カンが、ですが(笑))アジア1次予選を2勝0敗、チャイニーズタイペイと北朝鮮を90分以内で下しての、アジアユース出場権ゲット!だったはずなんです。

「この世代、将来の日本を強くするためには、より多くの経験を積まなくてはいけない。そのためには勝ち続けなくてはいけない」@吉田監督

そんな夢の途中?
カタール国際で新しくU19日本代表として出発した彼らは、やっぱり1試合目に集中を切らして失点!をやらかしたのです。もうがっくり…(泣)ところがそれが「ぼんやり」なお寝坊さんたちのほっぺたを叩いたのか、準決勝のドイツ戦で一瞬のスキからゴール前でキャプテン@福元が、相手を押してPKを取られるまで無失点という集中力を生みます。
そして、去年の優勝国、韓国との決勝。
「立ち上がり5分は本当に集中した。前の韓国戦のように、ぼんやりと試合に入ったら、やられると思っていた。だから、立ち上がりは集中して慎重にやりました。」
マッキー@槙野のこの言葉が、去年のチーム立ち上げからアジア1次予選まで、ずーっとずーっともやもやしてたチームに、ひとつ「力」が加わったんだなって、希望を抱かせてくれます。
「優勝は素直に嬉しいですね。これまでチーム立ち上げから、スロバキアでもポルトガルでも海外で勝てなかった。でも、今回はU19のチーム立ち上げからタイトルを取れた。いいスタートが切れたと思います。あと、5試合で2失点は自信になります。」

「自信」。それは「日本代表として、世界の舞台に立つための」能力や自分の価値を信じられるようになったと言うこと?

SBS、仙台、熊本と3試合生で彼らの試合を観戦したけど、「世界の舞台に出る」という夢すら見ずにプレーをしているみたいだったU18代表たち。でもカタールで3勝2分けの無敗、そして最後は韓国に勝って「優勝」という、いきなりな「海外での結果」を手にいれた彼らは、自分たちの集中力が引き起す結果に、自信を持ち始めたみたいです。ならばもっともっとどん欲になるはず…ってか、なれ!
「海外で勝つこと」がどんなことなのか、「彼らにしかわからない」快感とプライドと欲望を手に入れて、彼らは冷静に自分たちを分析しています。

「向こうが10人になってから10番と18番の怖さもなくなってきた。でも9人になってからは、ウチの単純なパスミスでリズムを崩してしまった。もっと攻められていれば点が取れたのではないかと思います。そこは悔しいです。」@マッキー。
「きつい時間帯、北朝鮮戦で得たものが活かせてよかった。課題は今日相手が2人少なくなってから点をとれずにやられそうだったことです。」@キャプテン

はたから見たらまどろっこしくても、U19代表たちは一生懸命経験をぺたぺたと塗りこめて「夢」を形にしようとあがき始めました。

「まあ課題が多いなかで、結果を出してくれたことはよかったです」
そうしめくくった吉田監督。課題をどうこの先クリアしていくのかなんてことは、監督や選手に任せて、ラン☆カンはひたすらに単純に、「カタール国際優勝」を喜びたいと思います。

おめでとうーーーー!U19日本代表!
トップチームでのポジション争いに精進して、また、たくましくなって代表選手としてピッチに登場してください!!

↓設定ミス…(汗)書いたのはラン☆カンです。
posted by ラン☆カン at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年カナダ☆U20代表☆(05〜07)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。