ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2007/04/19

自称・今井翼、ちょっと来い。U20日本代表候補、発表☆

「そのネクタイはいくらしたのか?」…ああ、王子が身にまとえばチーム支給品ですら「王室ご用達」の輝きを放っちゃうというのでしょうか!?ってか、そんな質問を王子にするオシムおじいちゃんもおじいちゃんだ(笑)

ということで、4月16日〜18日の「日本代表候補短期集中型キャンプ」に初招集された王子@柏木陽介(広島)とうっちー@内田篤人(鹿島)。つかさ@梅崎司、ナシテ君@林彰洋に次ぐU20代表候補からのダブル飛び級ご指名でした☆

かつて自己紹介で「広島の今井翼こと柏木です」と言ってのけたこともある王子。
お兄さま方に囲まれてドキドキの初合宿は、屈託なく「楽しかった!」
練習中ポジションを修正する「カシワギィ!」というおじいちゃんの怒鳴り声にも楽しそうに反応していたみたいだけど…実は悩みだすとずんずん落ちていっちゃうナイーヴさを持っていたりするんです。

「僕はいつも笑顔です。顔色が悪いと、ネガティブなのがばれますし」

3月25日アウェーのナビスコ、対千葉戦。前半早々に1点を取った広島ですが、王子のミスが失点につながって結局2-1で負けてしまいました。そして試合後、広島サポに挨拶に行った王子…泣いてたとか。

トップチームのスタメンとして精神的絶頂からどん底まで、経験をつみまくる柏木陽介。U19日本代表として去年インドのアジアユースを戦い抜いたあの時からすでに上昇気流をつかんでたけど、そのまま「U20ワールドカップ@カナダ」本番へとつなげて欲しいな☆

「A代表にまた呼ばれたいと思うけど、まだまだそういうレベルじゃない。チームで結果を残したいし、ここで吸収したことをチームに生かしたい」

自分に立ち返るきっかけになるなら、「ネガティブ」も悪い資質じゃないよね?

そんな自称・今井翼なナイーヴ王子。休む間もなく「本業」のU20日本代表候補合宿に参加することになりました☆


3月下旬、ポルトガルで行われた「第1回カンポス・ヴェルデ国際大会」に参加したU20。チーム事情からか王子は選ばれなかったのですが…1勝2敗・参加4チーム中3位というやられっぷり!!
アジアユース準優勝以降、トップチームで活躍したり海外へ移籍したりとかなり順調にステップアップしてきた彼ら。ひとことで言うなら「慢心」に蝕まれたみたいです(泣)

6月30日から始まる「U20ワールドカップ」に向けて、もう一度気持ちをつなぎ直せる合宿になるといいな…

U-20日本代表候補 トレーニングキャンプメンバー!!!(4/22〜24)

++オマケ情報++
[A]2月27日〜3月4日合宿参加
[B]3月3日〜3月7日合宿参加
[五]2月の五輪代表合宿参加
☆2006年アジアユース準優勝メンバー
★3月ポルトガル遠征メンバー
2006年仙台カップU18代表メンバー

■GK
[B]林 彰洋 ☆★HAYASHI Akihiro 1987.05.07 192cm/83kg 流経大
[A]武田洋平 ☆★TAKEDA Yohei 1987.06.30 189cm/76kg 清水
---
 長谷川徹◎ HASEGAWA Toru 1988.12.11 187cm/66kg 名古屋

■DF
[五]福元洋平☆★FUKUMOTO Yohei 1987.04.12 181cm/68kg 大分
[AB]槙野智章☆★MAKINO Tomoaki 1987.05.11 180cm/72kg 広島
[B]堤 俊輔☆★TSUTSUMI Shunsuke 1987.06.08 177cm/69kg 浦和
[A]太田宏介 ★OTA Kosuke 1987.07.23 178cm/72kg 横浜FC
[B]安田理大  YASUDA Michihiro 1987.12.20 173cm/65kg ガンバ
[五]内田篤人☆ UCHIDA Atsuto 1988.03.27 176cm/62kg 鹿島
---
[B]吉本一謙  YOSHIMOTO Kazunori 1988.04.24 185cm/80kg FC東京
 吉田麻也   YOSHIDA Maya 1988.08.24 186cm/78kg 名古屋
[AB]香川真司☆★KAGAWA Shinji 1989.03.17 172cm/63kg セレッソ

■MF
[B]森重真人☆ MORISHIGE Masato 1987.05.21 179cm/72kg 大分
[A]柳澤 隼☆★YANAGISAWA Jun 1987.06.27 174cm/66kg 柏
[B]山本真希☆★YAMAMOTO Masaki 1987.08.24 175cm/65kg 清水
[B]田中亜土夢☆★TANAKA Atomu 1987.10.04 167cm59kg 新潟
[B]柏木陽介☆ KASHIWAGI Yosuke 1987.12.15 174cm/68kg 広島
[B]青山 隼☆ AOYAMA Jun 1988.01.03 182cm/74kg 名古屋
---
[A]遠藤 康◎ ENDO Yasushi 1988.04.07 168cm/69kg 鹿島
[B]乾 貴士◎ INUI Takashi 1988.06.02 169cm/59kg マリノス
[B]金崎夢生  KANASAKI Mu 1989.02.16 180cm/70kg 大分

■FW
[B]河原和寿☆★KAWAHARA Kazuhisa 1987.01.29 173cm/65kg 新潟
[B]青木孝太☆★AOKI Kota 1987.04.27 176cm/67kg 千葉
[B]ハーフナー マイク☆HAVENAAR Mike 1987.05.20 194cm/75kg マリノス
[A]小澤竜己  KOZAWA Ryuki 1988.02.06 170cm/69kg 東京
---
[A]長沢 駿◎ ★(チーム事情で辞退)NAGASAWA Shun 1988.08.25 189cm/72kg 清水
[A]平繁龍一◎HIRASHIGE Ryuichi 1988.06.15 175cm/76kg 広島


---で区切った選手は「1学年下」から選出されたメンバー。いやなんとなく目印に(笑)
んで、このリストを見ながらのぶつぶつ独り言…

◇DF吉本一謙は去年のJユース・サハラカップで準優勝した東京U18の爆音系CB。トップ昇格して開幕の対広島戦にスタメン出場を果たしたのですが、ヒサト@佐藤寿人にちんちんにやられ前半途中で交代…ベンチで泣いちゃってる姿が目撃されております。
その試合、後半途中から広島のヒラシゲ@平繁龍一もトップ初出場!サハラで吉本くんから優勝をもぎとったのが、このヒラシゲのいた広島ユースでした…

◇吉田麻也とGK長谷川徹は名古屋ユースからの昇格組。先日のナビスコでは2人揃って出場です。ユースのキャプテンを務めていたマヤは2005年アジア1次予選@熊本の日本代表でした。去年の名古屋ユースは高円宮決勝で滝川第二に完敗。その時相手チームにいたのが大分のむう@金崎夢生。
いや〜…ホントに去年の高円宮は見どころ満載で面白かったです☆

◇話がそれちゃった。ラン☆カン、このメンバー表を見てそうとうにワクワクしてるんですが、その原因の一つが遠藤康!去年の仙台カップでU18日本代表として登場した彼の「ヒップ」を見たとき「こいつは絶対すごいぞ!」って予感が…(大変態)
塩釜FCの星として颯爽とピッチに現れた遠藤くんのゴールへ向かう強烈なエネルギーに、敵も味方もゲームもつられて動いちゃうんだもん。たかし@乾の初代表姿を見に行って思わぬ「超新星」に出会っちゃった!ってカンジでした。

◇いやっっほおお〜い♪またまた、イケメン玉子&たかしという「野洲っ子Jリーガー」が顔を揃えたよう!!
マリノスでJデビューしたたかしは、2カ月前の選手権でのプレーそのままに、自在なスルーパス&変幻なドリブルで「一人野洲」状態。
そして先日。神戸戦に途中出場した千葉のイケメン玉子@青木孝太が、左サイドで2人の囲みをくるくる回転しながらドリブル突破して行く姿に「うわあ!野洲してる☆」って思いました(笑)
ふたりとも、やっぱり「野洲っ子」です。環境が変わっても「芯」はブレません。
あのサッカーで世界の舞台へ。行って欲しいなあ…

◇ポルトガル遠征に追加招集で参加したゆさゆさ@遊佐克美(広島)、仙台カップのU18メンバーでもあったのですが、今回は残念。同じく横谷繁&倉田秋のガンバコンビも呼ばれませんでした。
でもガンバからは久しぶりに安田大サーカス@万博の貴公子@安田理大、選出!トップチームでもいろいろ大活躍&話題提供中ですが、アジア1次予選で日本を救ったのは彼のゴールです!
で、先シーズン神戸のトップで頑張っていた「安全第一」改め「人生設計」@柳川雅樹は練習試合で捻挫、治療中…残念。っつーか何その生命保険みたいな今年の目標シリーズ!(笑)


ということでキャンプのスケジュールなぞ。

4月22日(日) 〜23日(月)トレーニング(広島ビッグアーチ)
4月24日(火) 13:00 トレーニングマッチ vs サンフレッチェ広島(吉田サッカー公園)


U20ワールドカップまであと2カ月ちょっと。
ここまできちゃったんだな〜…
どうする?ラン☆カン、ちょっと焦ってるよぅ(苦笑)
posted by ラン☆カン at 17:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2007年カナダ☆U20代表☆(05〜07)

2007/04/17

ベイビーフェイスの憎いヤツ☆U17日本代表候補、キャンプやるぞ〜!

4月15日(日)、関東の「王子覇権争い」プリンスリーグ第2節。
初戦を八千代高校と1-1で引き分けた浦和レッズユースが、U17日本代表候補をてんこ盛りにして迎えた2試合目は、対東京U18戦でした。

FC東京小平グラウンドの人工芝ピッチで行なわれたこの試合…いるいるいる!!
左CBには山地翔、右SBに濱田水輝、その前には高橋峻希(うう…ポジションの記憶があやふやです(汗))そして、1.5列目に…山田直輝☆

去年U17日本代表としてシンガポールで戦い、アジア1の称号を手にした彼らのチームメイトGKの廣永遼太郎をベンチに、そしてMF山浦公裕をスタメンに並べた東京U18が、前半は押し気味に試合を進めます。
ところが今週もゴール前までは行くのに、そこから先が遠慮深い(苦笑)東京…やっとのことで18分&23分プリンス初得点!と思ったら。40分。超・ベイビーフェイス@山田直輝が直接FKで東京のゴールネットをゆらしました!

すっげーーー!この赤ちゃん顔!(笑)

去年シンガポールで行われたU17のアジア予選。ほっぺたぷくぷくな10番が気になっていたのですが…実物はホントにキューティハニー(何)
後半の54分にはこの山田くんのCKから同じくU17日本代表の濱田水輝がヘディングで叩き込んで2-2の同点に!

ちょっとしょぼ〜ん気味な東京、それでもその9分後再度リードするゴールを決めるのですが…何しろ、浦和ユースの判断の速さがすごいです☆
判断が速いから球離れも速くどんどんつながるし、相手のパスコースを無くしたりつぶしたりも速い!
77分に林容平のゴールが決まって、浦和ユース3-3の同点に追い付きます。

試合展開は後半だけ見ると浦和ユースの圧勝。濱田水輝や高橋峻希が東京の左サイドを押し込んでしまったため、東京は右からの攻撃に偏ることに。対する浦和はそりゃもうベイビー@山田が前線を引っかき回し、ピンチと見るや自陣ゴールマウス前まで守備に戻るという活躍ぶり。
セットプレーのピンチではゴールポストを握りしめ、意外に「男らしい」声で仲間に指示を出すベイビー@山田の「八の字まゆ毛」にうっとりですよぅ♪

結局この試合は、お互いプリンスでの初勝利を手に入れられないまま3-3の引き分けで終了。
それでも「U17日本代表、シンガポールで優勝した時の残り香」を感じるには充分な内容でした。


なんて余韻に浸っていたら、U17日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーが発表になってます(汗)
ベイビー@山田に、安定したプレーっぷりの濱田ミズキ&高橋シュンキ、そして試合中なぜだか「やーまーじーーーー!!!!」と怒鳴られっぱなしだった山地ショウ、みんな選ばれました☆
今年に入って東京ではベンチを温め続けるGK廣永遼太郎もメンバー入り。残念ながら、右サイドから前線へ飛び込み続けた山浦公裕は外れています…う〜ん、試合後ベイビー@山田とハグハグして旧交を温めてたんだけどなあ、残念。

ということで、22日(日)から始まるキャンプのメンバー表です…って、プリンスの第3節、出られないじゃん??


U-17日本代表候補 トレーニングキャンプ(4/22〜27)

★→AFC U17選手権シンガポール2006優勝メンバー(U17ワールドカップ予選)
☆→2007年1月メキシコのコパ・チーバス4位メンバー
●→3月のトレーニングキャンプメンバー
○→3月NIKKEI杯@沖縄 優勝メンバー
----------------
■GK
廣永遼太郎★☆●HIRONAGA Ryotaro 1990.01.09 183cm/75kg FC東京U-18
吉田智志  ☆ YOSHIDA Satoshi 1990.02.10 181cm/73kg ルーテル学院
原裕太郎★ ●HARA Yutaro 1990.04.23 186cm/80kg 広島ユース

■DF
砂川太志   ○SUNAGAWA Taishi 1990.01.20 170cm/63kg 宜野湾
益山 司 ☆● MASUYAMA Tsukasa 1990.01.25 178cm/65kg 岐阜工
奥井 諒 ☆ ○OKUI Ryo 1990.03.07 168cm/58kg 履正社
金井貢史★☆● KANAI Takashi 1990.02.05 173cm/61kg マリノスユース
甲斐公博★☆● KAI Kimihiro 1990.05.16 176cm/60kg マリノスユース
山地 翔★☆● YAMAJI Sho 1990.04.14 181cm/70kg 浦和ユース
高橋峻希★☆● TAKAHASHI Shunki 1990.05.04 168cm/64kg 浦和ユース
濱田水輝★ ● HAMADA Mizuki 1990.05.18 184cm/78kg 浦和ユース

■MF
八反田康平★ ●HATTANDA Kohei 1990.01.08 168cm/50kg 鹿児島中央
長谷部彩翔  ○HASEBE Ayato 1990.02.06 168cm/58kg 新潟ユース
水沼宏太★☆● MIZUNUMA Kota 1990.02.22 174cm/66kg マリノスユース
田中裕人★ ● TANAKA Hiroto 1990.04.26 170cm/60kg ガンバユース
岡本知剛★☆● OKAMOTO Tomotaka 1990.06.29 179cm/65kg 広島ユース
山田直輝★☆● YAMADA Naoki 1990.07.04 166cm/63kg 浦和ユース
山口 螢   ○YAMAGUCHI Hotaru 1990.10.06 170cm/62kg セレッソU-18
米本拓司★(怪我で辞退)☆●YONEMOTO Takuji 1990.12.03 172cm/58kg 伊丹

■FW
大塚翔平★☆● OTSUKA Shohei 1990.04.11 177cm/64kg ガンバユース
大迫勇也 ☆ ○OSAKO Yuya 1990.05.18 178cm/66kg  鹿児島城西
端戸 仁★☆● HANATO Jin 1990.05.31 175cm/60kg マリノスユース
富山貴光 ☆● TOMIYAMA Takamitsu 1990.12.26 177cm/64kg 矢板中央
----------------

例えばセレッソの柿谷曜一朗がいなかったりするわけですが、シンガポール優勝メンバーとコパ・チーバスのメンバーを融合させた、現実味たっぷりなメンツです。
特にGKの吉田智志はコパ・チーバスで大活躍!それ以来ご無沙汰だったけど、城福監督にあの時の働きっぷりを思い出させてやりましょう♪

【キャンプスケジュール】
4月23日(月)〜26日(木)トレーニング(高槻市萩谷サッカー場・25日のみ高槻市陸上競技場)
4月24日(火)トレーニングマッチ vs 京都サンガ(サンガタウン城陽)

【U17ワールドカップへ向けてのスケジュール】
5月20日(日)〜25日(金)トレーニングキャンプ@東京
6月13日(水)〜24日(日)韓国遠征
7月 9日(月)〜16日(月)新潟国際ユースサッカー
7月17日(火)〜20日(金)トレーニングキャンプ@埼玉県
8月 6日(月)〜12日(日)トレーニングキャンプ@Jステップ
8月13日(月)〜9月10日(月) FIFA U-17ワールドカップ韓国2007

あと4カ月で本番だよーーーーう…ドキドキ…
posted by ラン☆カン at 23:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | U17&それよりちびっ子な世代たち

2007/04/13

王子さまとU18日本代表候補たち〜*

なんだかいきなり市立船橋がおもしろいぞーーーー♪

高校部活とクラブユースの総当たり戦「プリンスリーグ」が関東でも開幕しました☆
出場20チーム中4位以内に入れば「高校年代日本一の証、高円宮杯」争奪戦に参加することができます!

07program.jpg
JFA プリンスリーグU18関東2007


4月8日(日)に行われた第1節、「東京都新人戦準優勝&サニックス杯優勝の」東京U18対「去年は10年ぶりに選手権出場&新チームはマリノス杯で準優勝の」桐光学園、そして「東京都新人戦優勝の」三菱養和対「そろそろなんかしてくれんじゃないの?」市立船橋という2試合が、FC東京の小平グラウンドで行われました。

U17&U18代表候補を擁して、ものすごくワイドな展開が魅力的な東京と、その上がりっぷりに圧されて両サイドが封じ込められちゃった桐光という第1試合。結局桐光DF陣のふんばりと178センチだけどでっかく見えたGK大塚航二朗の「ナイスセーブ!」連発で、0-0の引き分け。ふう。
ちょっとばかりジリジリする試合でした。要するに「ん、もお!決めとけよ!」ってカンジ(笑)

やっぱりプリンスの初戦はみんなちょっと固いのかな…なんて思ってたら…

第2試合は、決定機にことごとくネットを揺らせなかった1試合目とは全く逆の展開に!
三菱養和にはU17代表候補の8番・安田隆くんと10番・木暮郁哉くんがいるんですが…残念、安田くんが見当たらず。
対する市船は2月のU18候補合宿に参加してた10番・渡部雄史くんがいい感じでボールをコントロールしてます。

でも、ピッチ上に爽やかな風を運ぶ(笑)木暮くんや、開始11分でPKをゲットして先制点を決めた渡部くんよりも、みんなの視線を集めてしまったのが「190センチの市船キャプテン」CB橋本真人くん。もう、とにかくでっかいったらでっかい!(笑)しかも気がつくと一人でごりごり上がっていってたりします(汗)

そして誰よりも三菱養和のプライドを砕いた男、11番・富田学。
第一印象は「優勝した野洲のFW11たつま@平石竜真」…なんつーか、たたずまいが(笑)181センチのFWはセールスポイント「ポストプレー」って紹介されてるんですが、自分でも突っ込んで行っちゃうタイプ。
市船の2点目は混雑したゴール前で渡部くんからのパスを受けたその富田くんが、反転して叩き付けるド迫力ダイレクトボレー!!効果音はずどーーん☆

その2分後、木暮くんのCKから養和が1点を返すのですが、そんなことでは市船のカウンター&パスワークは止まりません。5分後には1点追加して3-1。後半9分には富田学のダメ押しが養和のネットを揺らします。

豪快だけど緻密、そんな市船の試合運びにプリンス初出場(だったんだ!)の三菱養和は自分たちの形が作れないまま終わっちゃったかな、がっくりってカンジでした。
一方うっきうきな市船。富田くんの2点目が決まった時、ものすごい笑顔でぶら下がるように抱きつきにきた渡部くんが、小首をかしげて富田くんの胸に寄り添ってたシーンがラン☆カン的どツボです!(爆)身長差11センチ。か、かわいいじゃないか、渡部!

というわけで市船の面白さにワクワクしていたら、「U18日本代表候補合宿」のメンバーが発表になりました。

うわあああああ!!!!小首かしげの渡部っ。また選ばれたよぅ☆っつーか、190センチの橋本くんも…市船合計3人です。

今回は、1月のユースオリンピック@オーストラリアに参加したメンバーは選ばれていません。
今年に入ってU18の招集は4回目ですが「とにかくたくさん味見しちゃえ」って段階でしょうか。

----------------
U-18日本代表候補トレーニングキャンプ(4/16〜20)メンバー(07.04.11)

★→高校選手権優秀選手
☆→2月のU18候補合宿メンバー
●→3月のU18候補合宿メンバー
*→静岡県高校選抜
■GK
権田修一●GONDA Shuichi 1989.03.03 187/80 FC東京(東京U18)
石田良輔 ISHIDA Ryosuke 1989.07.04 183/77 大分U-18
赤堀勇太 AKAHORI Yuta 1989.11.18 190/78 磐田ユース

■DF
橋本真人 HASHIMOTO Masato 1989.10.12 190/74 市立船橋
山田拓巳 YAMADA Takumi 1989.11.25 170/65 市立船橋
渡部雄史☆WATANABE Yuji 1989.12.25 170/62 市立船橋
坂田 淳 SAKATA Jun 1989.11.16 182/60 大津
川端良介*●KAWABATA Ryosuke 1989.11.30  184/67 静岡学園
佐々木拓也☆●SASAKI Takuya 1990.01.04 172/60 八千代
林 敬洋 HAYASHI Takahiro 1990.03.17 172/65 大分U-18

■MF
廣瀬智靖☆●HIROSE Tomoyasu 1989.09.11 174/63 前橋育英
青木拓矢☆●AOKI Takuya 1989.09.16 178/68 前橋育英
河井陽介*KAWAI Yosuke 1989.08.04 161/50 藤枝東
永畑祐樹 NAGAHATA Yuki 1989.05.02 165/55 神村学園
假屋健太☆KARIYA Kenta 1989.07.01 175/65 神村学園
安田晃大 YASUDA Kodai 1989.08.08 164/55 ガンバユース
小手川広基 KOTEGAWA Koki 1989.09.12 173/63 大分U-18
井上裕大 INOUE Yudai 1989.05.30 171/64 大分U-18

■FW
宮澤裕樹★●MIYAZAWA Hiroki 1989.06.28 182/68  室蘭大谷
瀬沼優司 SENUMA Yuji 1990.09.01 183/74 桐光学園
畠山祐輔☆●HATAKEYAMA Yusuke 1989.09.01 184/67 四日市中央工
小島弘己●KOJIMA Hiromi 1989.10.27 177/58 四日市中央工
川又堅碁●KAWAMATA Kengo 1989.10.14 182/65 愛媛県立小松高※愛媛FC強化指定
永井謙佑 NAGAI Kensuke 1989.03.05 172/58 福岡大(九州国際大付)

【スケジュール】
4月16日(月)〜18日(水) トレーニング(J-Step)
4月18日(水)午後TM 対 静岡産業大学(J-Step)
4月19日(木)14:30TM 対 HONDA FC(都田サッカー場)
4月20日(金) 9:30 トレーニング(J-Step)
----------------
さて、ラン☆カン的チェックポイント。
◇GKのごんちゃん@権田修一は3月のU20候補合宿にも参加。去年のサハラカップ準優勝を経験者したトップ昇格組です。
◇市船の渡部くんのセールスポイントは「強烈なシュート」。そう市船ではFW登録なんですが、2月の合宿ではMF登録になり、とうとう今回DFになっちゃいました…う〜んポリバレント?
◇そしてヤングサッカーフェスティバルで、静岡県高校選抜の一員として日本高校選抜と戦ったDF川端良介くんは「空中戦、コンタクトプレーに強い本格派」、MF河井陽介くんは「テクニックにあふれ、個人で局面を打開できる」…と、ヤンフェスのパンフレット曰く。ラン☆カン、その試合見てたんですが…よく覚えてないです…ごめんなさい(汗)
◇室蘭大谷の宮澤裕樹くんは「日本高校選抜」の最終メンバーから惜しくも外れてデュッセルドルフへは行けなかったけど、ここでもう一度アピール!
◇愛媛FC強化指定選手の川又堅碁くんは、去年その愛媛でトップデビュー!2試合(9/23水戸,9/27山形)に途中出場して、プレー時間は計47分。得点はできなかったけど、プロの舞台でアウェーを含む2連戦はすっごい経験になったよね、きっと。

*******
さて。結果的に試合は面白かったし、3人まとめてU18候補に選ばれちゃってすごいな〜今年の市船☆ってカンジなんですが、プリンスリーグの試合前一番盛り上がったのは実は…
これ↓
prince_ichifuna.jpg

まっすぅ@増嶋竜也@甲府のおとうとーーー!
残念ながら試合には出てませんでした。

合宿に呼ばれた選手たちは、今週末のプリンスに出場してから参加かな。大変だけど精一杯アピールしてきてほしいぞっ☆

JFAプリンスリーグ2007、全国の結果は→ここで、チェック!
野洲は関西B第1節、対「エストレラ姫路FC U18」戦に2-1で勝利だあああ☆よかった〜。

2007/04/09

よ…4連敗です…日本高校選抜(涙)in デュッセルドルフ

初戦を0-1で落としてしまった日本高校選抜。
1日のお休みを挟んで7日にはハンブルガーSVそしてPSVアイントフォーヘンとのダブルヘッダーとなりました。

ドイツとオランダの強豪チームのU19たちとの対戦。気分を切り替えて頑張れるようにと願っていたのですが…残念ながらこの日は2連敗(泣)
そして翌日8日にグループリーグ最終戦となるブレーメンとの試合に臨みました。

結果は…しょぼーーーん…

------------
第45回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会

2007年4月7日 12時キックオフ
ハンブルガーSV 2-0 日本高校選抜
得点:Tunay Torun(0)、Christian Gross(0)

なぜ0分になってるのかはよくわかりませんが…先制点のTorun選手は、トルコのU17代表だそうです…ふ〜ん…


2007年4月7日 16時45分キックオフ
PSVアイントフォーヘン 1-0 日本高校選抜
得点:Jonathan Reys(29)

この日2戦目となるこの試合でPSVは決勝トーナメント出場決定。逆に日本は敗退が決まってしまいました。


2007年4月8日 11時キックオフ
日本高校選抜 0-3 ブレーメン
得点:Neumann(14)、Tobias Kempe(0)、Alberto Coll-Queirolo(0)

なんでまた0分になってるのかはよくわかりません…。「ブレーメンの選手は機械みたいに走った」らしいので、日本高校選抜、蹂躙されちゃったのでしょうか(泣)

------------

結局グループリーグ全敗、公式サイトの記事で「Japan ohne Punkt und Tor nach Hause」…「勝ち点も得点も取れない日本」なんて見出しを付けられてしまいました(泣)

日本高校選抜が入ったグループ1の順位表はこんな状態。
------------
1.PSVアイントフォーヘン 勝ち点10 得点4失点0
2.ブレーメン 勝ち点9 得点7失点2
3.フォルトナ・デュッセルドルフ 勝ち点7 得点2失点2
4.ハンブルガーSV 勝ち点4 得点3失点4
5.日本高校選抜 勝ち点0 得点0失点7
------------

大会は9日に準決勝から3決&5決、そして決勝戦までまとめてやってしまうという、合理的っつーか容赦ないっつーか、グループリーグを突破できなかったチームにとってはヒマな時間が少なくてすむっつーか…そんなスケジュールになっています。

去年の日本高校選抜チームが最初は「強烈な個性派ぞろいでチームになってなかった」ように見えたのに、最終的にスイス・ベリンツォーナでPK戦までもつれる決勝を戦い抜いて「優勝」をもぎ取ってきたのとは全くの逆で、「最初からチームとして形になっていた」今年は、いい意味で「わがままになれるヤツ」がいなかったのかもしれません…

大会公式パンフレッットには「すっごい未知数のチーム」と(たぶん)書かれちゃっていた彼ら。
いったいどんなチームだったのか、日本での強化合宿最終日に行われた静岡選抜との試合レポを、あとで書いてみたいと思います…遅いんだよ>自分

1点ぐらい取れたと思うのにーーーーあ〜んもお、残念!!!(泣)

*****
ちなみに一昨年、第43回大会に参加した日本高校選抜は、グループリーグの初戦に3-1でBV04デュッセルドルフに勝利、2戦目のグラスホッパー・チューリッヒにも1-0で勝って準々決勝へ!
結局その大会で優勝をおさめることになるボルシア・ドルトムントに1-2で敗れちゃいましたが、12チーム中同率5位(ベスト8)で大会を終えています。

2007/04/06

初戦負けちゃいました…日本高校選抜 in デュッセルドルフ

dusseldorf u19.jpg

地元、ブンデスリーガ1部「フォルトナ・デュッセルドルフ」のU19チームとの初戦に挑んだ日本高校選抜。
0-1で負けてしまいました…

彼らが乗り込んだのは「デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会」、正式名称「45.Internationales U19-Junioren Fussball-Turnier in Dusseldorf」。
ドイツの「小パリ」と言われてるらしいデュッセルドルフで毎年おこなわれているこの大会に、日本高校選抜は1年おきに参加しています。

去年はスイス・ベリンツォーナの大会で優勝を果たした高校選抜。
デカモリシ@森島康仁、イケメン玉子@青木孝太などなどのJリーガーに俺様@楠神順平(野洲→同志社)やレイチェル@松本怜(青森山田→早稲田)とかとか、大学リーグでも活躍しそうな面子をてんこ盛りにした去年のチーム、初戦はサンプドリアから3点をもぎとっての勝利でした。

去年に比べて2年生(新3年生)が多い、今年のチーム。静岡選抜との試合を見るかぎりでは、すっごくまとまってていいカンジ♪だと思ったんだけど…ボボ=クリスチャン・ビエリにやられたショックをひきずっちゃった!?(泣)

ということで
第45回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会

2007年4月5日 19時15分キックオフ
日本高校選抜 0-1 フォルトナ・デュッセルドルフ 1895
得点:Taczkowski(0)

この0分表記の意味は謎です…キックオフ直後に失点したわけでもなさそうなんですが…

その他の試合の結果
B.V.04 0-4 バイヤー・レバークーゼン


日本高校選抜メンバー表とスケジュールは→こちら☆

*********

ちなみにこの大会にはドイツ国内と海外を合わせて10チームが参加。

F.C.Bayern Munich バイエルン・ミュンヘン[ドイツ]
S.V.Werder Bremen ヴェルダー・ブレーメン[ドイツ]
Hamburg S.V. ハンブルガー[ドイツ]
Bavarian Leverkusen バイヤー・レバークゼン[ドイツ]
P.S.V.Eindhoven PSVアイントフォーフェン[オランダ]
Juventus turin ユベントス[イタリア]
Japan Hochschulauswahl 日本高校選抜
Cameroon U19 カメルーンU19
Fortuna Dusseldolf 1895 フォルトナ・デュッセルドルフ[地元]
B.V.04 (英語で直訳すると)ボールプレイアソシエイション04・デュッセルドルフ[ホストチーム]

日本は現地時間の7日、第2戦・対ハンブルガーに挑みます。
たぶんねこの大会、対戦相手がみんなでっかいんだとは思うんだ…でも頑張れ!

2007/04/04

“ボボ”対 日本高校選抜!?

bogo_partita.JPG

ボボ=クリスチャン・ビエリが、ゴールと共に復活!!
復活させたのは、我らが「日本高校選抜」チームでした…

デュッセルドルフで行なわれる国際ユース大会に参加するため、先月の31日、日本を飛び立った18人。
いよいよ現地時間4月5日(木)19時15分に予選リーグ初戦がキックオフ!の前に、足試しってことでセリエA「アタランタ」の「プリマヴェーラ(ユース)」と練習試合をやることになったのです、が。

1年以上怪我で戦列を離れていた元イタリア代表ボボが、これまた足試しってことで相手に選んだのが「日本高校選抜」なのでした(驚)

写真では、赤ちゃん@191センチ・梅井大輝@丸岡(新3年)が必死に食らいつこうとしてるけど…200人のティフォージ(サポーター)たちを前に、プリマヴェーラの選手に交じって、ボボやりたい放題だった模様(苦笑)

いやもう日本高校選抜のみなさま、そのやられっぷりを日本に帰ってきたら自慢しまくってください☆

ということで、本番前にものすごい盛り上がりを(ラン☆カンがですが)迎えてしまった今回の遠征。
今日(4月4日)、デュッセルドルフへ移動して明日はいよいよメインイベントの始まりです。


****
地味に、ブログ再開しました。
日本高校選抜が参加した「静岡ヤングサッカーフェスティバル」のことや、3月にめじろおしだった各年代代表のこと、そしてたかし@乾貴士のプロ初出場のこと…ゆるゆるとレポを書いていくつもりです。ええ、今さら感満載なんですが(汗)

よろしかったらまた、のぞいて見てくださいませ☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。