ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2008/11/09

U19日本代表★0-3、終戦。★離してしまったその手

彼ら――俺たちのU19日本代表は、何と戦っていたのか…
この試合に勝てば「U20ワールドカップ出場決定」、負けてしまえば「チーム解散」。そんなすべてを賭けた「U19アジア最終予選・準々決勝」、グループリーグを首位で通過した日本の目の前には、韓国代表代表がいました。

0-3。
グループリーグでの躍動感も集中力も、そしてチームとしての連動すら彼らから奪い去っていった相手は、「自分自身」。

去年のU20ワールドカップ・カナダ大会準々決勝・対チェコ戦で、快進撃を続け先制の2点をあげたU20日本代表が目の前で崩れ去っていった…あの姿を思い出していました。

彼らを翻弄した相手は、焦りと緊張に苛まれる自分自身。あの時も、そして今日この時も。

--------------------
AFC U19選手権2008 サウジアラビア大会
2008年11月8日16:05 K.O.(日本との時差は6時間。日本では22時05分です)
Group A Match 25 Prince Mohammed Bin Fahad Stadium
U19日本代表 0-3 (0-1,0-2) U19韓国代表

[得点]
21分:YU JINO
84分:CHO YOUNGCHEOL
90+2分:CHOI JUNG HAN
[警告]日本のみ
88分:8水沼宏太(横浜マリノス)
--------------------

■スタメン■
         1権田修一
13岡本知剛 5村松大輔 4金井貢史 50吉田勇樹
      14山本康裕 6青木拓矢
   8水沼宏太        18鈴木 惇
     17宮澤裕樹 25永井謙佑

■交代■
46分:18鈴木 惇→15柿谷曜一朗
51分:113岡本知剛→2鎌田翔雅
75分:25永井謙佑→20河野広貴

081108_aoki_muramatsu.jpg081108_tomo_jun.jpg

081108_bench.jpg

君が代斉唱でどことなく白く唇をかみしめている顔が、次々とアップになっていくのを見て、ずいぶん緊張しているんだな…とは思いました。

081108_nagai_miya.jpg081108_enjin.jpg

前日の練習後「雰囲気的にはみんなちょっと緊張しているような感じ」とコメントしていたのは永井くん。でも、それは当日に向けていい方へ転がっていくのだと信じていたのですが、いざキックオフしてみるとそこにいたのは「がっちがちに固まった青いユニフォームたち」でした。

韓国の狙いははっきりしています。グループリーグですべて披露した日本の攻撃の芽を摘み、裏をつくこと。
イラン戦で2アシストを記録したGKごんちゃん@権田のパントキックの落下点を押さえ、ぶっちぎる永井くんを守備に引きずり出し、ミヤ@宮澤にポストをさせずボールを追わせます。
そして中盤のパスさらにミスのすべてを寸断し奪い取り、FWの2人と青木くん、コースケ@山本、じゅん@鈴木、コータ@水沼合計6人の間隔をすかすかに広げてしまいました。
残る4バックに対しては、対人に強くなくサイドを上がってコータと絡むことにプライオリティを持つ、本来はボランチのトモタカ@岡本の右サイド、ここを徹底して突くこと。
丹念にかさぶたを剥がすようにトモタカの裏に抜けてくる韓国の10番。どうしてもCB村松くんがサポートに引っ張られ、もう一人真ん中に入ってくる韓国FWをフリーにしてしまいます。

それに対して俺たちのU19日本代表は何ができたのか…何もできませんでした。

「韓国はデカイFWに合わせてくると思うので、そのセカンドボールをしっかり拾いたい。明日はその辺をしっかりしないと負けてしまうので意識したい」@青木くん
「ミヤと距離が離れたらやりづらいと思うのでなるべく近くにいるように意識しています」@永井くん
前日にそうコメントしていた2人。チーム全員がわかっていたはずの韓国のやり方、そして自分たちのやるべきこと。

でも、彼らは動けません。

081108_0-1.jpg081108_gonchan.jpg

前半21分。幾度となくぶち破られてきた右サイド、数多こらえてきた相手のシュート、とうとう堪えきれなくなりました…。右からのクロス、真ん中からのシュート!
0-1。

もしかして、失点してしまえば逆に開き直って平常心が取り戻されるかもしれない…そんな望みはピッチの中に無いことを思い知らされることになる、前半残り24分間でした。
散発的にコータとトモタカが連動して相手ゴールへ迫ったりするシーンもあるのです。
でも、その2人の動きに合わせて全員が動き出すようなグループリーグで見せてくれた躍動感は立ち現れてきません。

気温26度・湿度50%、いつもより暑く蒸すピッチ。あきらかに韓国選手よりも汗をかき動きが重い彼らに、何が起こっているというのでしょう。
画面で見る限り、韓国があのイランより強いとは思えません。

081108_ht.jpg081108_2ndkickoff.jpg

ここまでの3試合で彼らが作り上げてきたこの「チーム」は誰が出ても必ずお互いを信じて連動し合っていける、そんな一つの塊になりつつあったはずでした。
前半が終わって引き上げる時、意見を交わし合うトモタカ、村松くんそしてコータ。まだ望みはあります。

そして「自分たちのリズム」を取り戻そうと後半スタートから柿谷くんをピッチに送り込んだ日本、まずは結びつきが元々強固な「前U17組」で流れを引き寄せてから、全員を結合させる作戦です。

081108_kakitani_run.jpg081108_kanai.jpg

でも結局「自分自身」と戦い続けピッチの中で孤立したままの彼らが「お互いの信頼」という手をつなぎ合わせ、もう一度チームになる…そんな瞬間は訪れませんでした。

一番大切なものの手を離してしまったU19日本代表。
通らないパス、拾えないセカンド、詰め切れない守備。
4日前には誰かがボールを持てば、すぐさま何人もが動き始めチャンスを作り出していたはずの「チーム」はすでにそこにはありません。

そしてついに84分に追加点を、ロスタイムに駄目押し弾を喰らってしまいました。

0-3。

081108_kosuke1.jpg081108_kaki+.jpg

すべての終わりを告げるホイッスルが、日の暮れたピッチに響きます。

081108_kanai_muramatsu.jpg081108_kota.jpg

そこには俺たちのU19日本代表のくずおれた姿がただ残されていました。

081108_withgonchan.jpg081108_shoma.jpg

なぜ、だめだったんだろう。
なぜ、こんなにもあっさりと残酷に彼らは「自分自身との戦い」に巻き込まれたんだろう。

081108_final.jpg

U19日本代表。終わってしまいました。

おつかれさまなんて、言ってやるもんか!
彼らがそれぞれにたてるのだろう次の目標に向けてまた上り始め、その高みに到達するまで見届けてやる!それができるまで、おつかれさまなんて言わない。

2008/11/05

U19日本代表★1-1の引き分け。首位で準々決勝へ!★そこにいるはずのキミ

11分の7。それは、この試合で初めて「スタメンとしてピッチに立った」U19日本代表選手の数。

来年エジプトで行われるU20ワールドカップのアジア最終予選、日本はグループリーグ2試合を戦って2連勝、とりあえず「準々決勝進出」という最初のステップを上りました。
次に狙うのは「グループ首位」の座。グループリーグを首位通過すれば、ワールドカップ出場権のかかった準々決勝で対戦する相手が別グループの「2位」になるため、ちょっとばかり有利なことになるのです。

準々決勝で対戦する確率が高いのは、韓国もしくはUAE。当然首位で抜けてくるだろうと誰もが予想していた韓国が、2試合終わって予想外の2位…どちらにせよ、日本はこのグループリーグ最終戦できちんと勝ってより強固なチームに進化したいところ☆

そんな決戦の場に日本が送り出したのは、初出場選手4人を含めた7人の初スタメンたち。このチームが「23人全員でひとつのチーム」というところを見せつけてやりたい相手は、日本と同じくグループリーグ突破が決まっている「開催国」サウジアラビアです。

超アウェーなスタジアムで俺たちのU19日本代表が出した結果は…

1-1のドロー!得失点差でサウジを抑えてグループ1位抜け、決定です!!!

--------------------
AFC U19選手権2008 サウジアラビア大会
2008年11月4日16:15 K.O.(日本との時差は6時間。日本では22時15分です)
Group A Match 17 Prince Mohammed Bin Fahad Stadium
U19日本代表 1-1 (0-0,1-1) U19サウジアラビア代表

[得点]
57分:ALQARNI, MOHAMMED SALEM H
65分:8水沼宏太(横浜マリノス)

[警告]日本のみ
44分:12下田光平(FC東京)
85分:6薗田 淳(川崎フロンターレ)
--------------------

■スタメン■ ☆初スタメン △初出場
        21松本拓也△
50吉田勇樹△ 5村松大輔 6薗田 淳△ 2鎌田翔雅
        12下田光平△
 8水沼宏太   7香川真司  18鈴木 惇☆
        29木暮郁哉☆
        11遠藤敬佑☆

■交代■
66分:11遠藤敬佑→17宮澤裕樹
81分:12下田光平→20河野広貴
90+2分:2鎌田翔雅→36大野和成△

※初戦で臀部を打撲した柿谷くん、2戦目で足を蹴られタンカで退場したコースケ@山本、どちらもベンチ入りできませんでした。


前半開始早々から日本はCBのムーディ薗田くんやボランチの下田くんがアグレッシブなチャレンジをしていて、かなり激しい流れ。6分に最初のFKのチャンスを迎え、9分にも香川くんのパスを受けた遠藤くんが倒され、FKをゲットしました。
最初のFKはじゅん@鈴木、2本目となるこのキッカーはフミヤ@木暮。

081104_kogure_bero.jpg

直接狙ったボールはGKにはじき出されてしまい、思わず悔し紛れに舌だし(笑)

さあここからどんどんエンジンかけていってねと思っていたのに、ブラジル人監督を招聘したサウジが連動するパスワークにカウンターを織り交ぜ、徐々に日本の中盤を翻弄し始めました。
問題は2日前のイラン戦と同じ。中盤で連発したパスミスがほんのちょっとの意識のずれから始まっていたように、「初スタメンの7人」と残り4人の共有するべきイメージにピンぼけが起きているみたいなのです。

この試合が終わったら日本に帰ってしまう香川くんにとって、これがU19日本代表としての最後の時間。A代表も兼ねる自信と責任をもって最前線から中盤の奥深くまでボールを追い、ゲームを作ろうとしているのですが「いるべき場所」に仲間の青いユニフォーム姿がありません。

そんな孤立する日本の隙間をしっかりとパスワークですりぬけてくるサウジアラビアに対し、それでも彼らは必死で「いるはずの場所」にパスを送り、その誤差を体感しながら相手ゴールへ迫ろうとしていました。
たぶんこのメンバーで公式戦に出るのは初めて。練習をした回数だって自慢できるほど多くはないはず。ベースになっているスタメン組と、彼らにつながろうとする初スタメン組はもうこの場で、この真剣勝負の場で「いるべき場所」をダイレクトに自分の細胞へと刷り込んでいくしかありません。

仲間が欲している場所へ、自分を、ボールを運んでいくこと。
模索し続ける11人の45分は、何本かのチャンスと何本かのピンチを呼び込み0-0のまま終了しました。


交代なしで始まった後半。遠藤くんの競り落としたボールをコータ@水沼がシュートして、惜しくもポストを叩いてしまった3分後、日本は相手に自陣内でスローインのチャンスを与えてしまいます。
イラン戦の失点を思い出すような「超ロングスロー」でゴール前に投げ込まれたボールは、松本くんの指先はるかを通過しバウンド。あ!と思った時にはサウジ選手がそれを蹴り込んでいました…

081104_lost.jpg

0-1。57分、日本失点です。つっぷして悔しがるのは、この試合果敢に右サイドを駆け上がっていたSB吉田くん。GKの松本くん、CB薗田くん、3人とも初スタメンにして「日本が喰らった初めての先制弾」という事実に相当ショックをうけたように見えます。

081104_kanai.jpg

ところが日本のベンチ前で、彼らを鼓舞している選手がいました。
一昨日の試合、自分のミスで失点したのに仲間が助けてくれた…と「嬉し悔し」涙に暮れていた金井くん、たとえピッチの外にいるとしても今度は自分が仲間を救う番です。

そしてピッチの中では香川くんが動揺してばたばたになっている仲間を救おうと、一人でドリブル突破からシュート!というチャレンジをしています。その思いにすぐ反応したのがコータ@水沼でした。
失点から8分後、ドリブルで上がってきた香川くんが右からペナルティボックスめがけて走り込んでいたコータに、パス。同じく走ってきていたフミヤ@木暮の後ろを通過したボールは、迷いなく振り抜いたコータの右足によってゴールネットを豪快にゆらしました!

081104_goal1.jpg081104_goal2.jpg

1-1!65分、日本同点!!

081104_miya.jpg

ここで追加点を狙ってポストプレーのできるミヤ@宮澤を送り込んだ日本、ブラジル仕込みなパスワークで中盤を自在に使っていたサウジが数人足を釣らせるほどにちょっと疲れてきたこともあって、リズムを呼び戻し始めました。
「いるはずの場所」に「仲間」がいてくれる…お互いの意識がつながりだした感じです。

081104_bench.jpg

残り時間が少なくなって、じっと座っていられないベンチ組たち(笑)
彼らもピッチの中にシンクロして戦っています。

たまに大ピンチなどむかえながらも「違う組み合わせでの」つながりを構築し始めた日本代表。

081104_ono.jpg

最後のピンチを守りきろうとしているこの「初交代出場」大野くんも含め、ちょっぴり時間はかかったけれど、23人のうち誰がピッチに立っても「いるはずの場所にいてくれる」という確信を全員が共有しただろう試合になりました。

081104_win.jpg

「チームの力で」勝ち取った2勝1分け、グループ首位の座。
俺たちのU19日本代表、確実に進化しています☆

081104_kagawa.jpg

「勝てなかったけれど、ここまで試合に出ていない人が出て、チームとして戦えたことは次につながると思う」と試合後に語る香川くん。
「このチームを離れて次のチームに専念するけれど、日本から応援して僕も一緒に戦いたい」
香川くんを日本で待ち構えているのはセレッソ大阪とA代表。香川くんが必死にこのチームへと残してくれた「仲間をつないでいくプレー」を、残る22人がきっと消化してくれるはず…

081104_kota.jpg

「勝てた試合だったのに、1-1は悔しい…」と言うのは、同点弾を放ったキャプテン水沼宏太。
「次で負けたら意味がない。1人1人がいい準備をして勝ちたい」

U20ワールドカップの出場権がかかる準々決勝は4日後。
この試合に勝つためだけに、今彼らは存在しています。


+++おまけ
後半日本コーナーキックのチャンス!勝ち越し点を狙うゴール前のポジション争いでこんな攻防が…

081104_kogure1.jpg
ユニをひっぱり絡んできたサウジの選手を、思いっきり拒絶するフミヤ@木暮、と思ったら

081104_kogure2.jpg
あまりにもしつこく迫られたのか、フミヤ突然ヒジを振り上げ…

081104_kogure3.jpg
ぱしっ!

081104_kogure4.jpg
「いったああああ…(涙目)」

ここまでされても何もアピールしなかったサウジ選手。もしかしてちょっと嬉しかったりする?←おい
こんなシーンが抜かれちゃうほど、この日のフミヤは「サウジアラビアのテレビカメラマン」に気に入られてました(爆)
+++


この試合に勝たなければすべてが意味を失ってしまう、U20ワールドカップ出場を賭けた「準々決勝」
11月8日(火)22:15〜24:15「テレ朝チャンネル」「テレ朝チャンネルHD」で生中継です。

そしてどうやら対戦相手は、2位通過が決まってしまった「韓国」。
アジアを勝ち抜くには、どうしても当たらなければならない相手とはいえ…ここでかあ…
「我々のチームはノックアウト形式に臨む用意はできているし、幸いなことにホームチーム(サウジアラビア)と当たらずにすんだ」
むっ。韓国の監督にこんなことを言われてしまいました。
俺たちのU19日本代表が、進化する「チームの力」で自分たちの戦いを挑むことができますように(祈)

信じてます!がんばれ☆

***
U19日本代表顔写真つき名鑑、今回も作ってみました→

2008/11/03

U19日本代表★グループリーグ突破!4-2の激闘★「不思議」を呼ぶ力

来年のU20ワールドカップ出場をかけた戦いの第2戦。初戦で気持ちも絆も強く高まったU19日本代表の目の前に現れたのは、サウジアラビアに破れこの試合に絶対に勝たなくてはならないという、これ以上ないモチベーションを持ったイラン。

出番はなかったものの香川くんが2年前やはりアジア最終予選で対戦した時には、1-2の逆転負け。そして前U17組が同じくアジア最終予選の準々決勝でワールドカップ出場をかけ対戦した時には、1-1のままPK戦にもつれこみ8-7で劇的勝利をおさめた相手なのです。

初戦で蹴られたお尻の痛みが引かず、ベンチ入りもできなかった柿谷くんのかわりに、疲労から回復してきた香川くんがスタメンとなった一戦、選手が「この試合が山」と口にするように、厳しい戦いになることはわかっていたはず…なのに。

予想以上でした。
それでも俺たちのU19日本代表、勝つことに、そしてお互いを信じる気持ちに、しがみついてくれたんです。

っていうかね。きゃーーーーー
勝ったあああああああああああああ!!!!!!!!
準々決勝に進出決まったよううううううううう!!!!!!

--------------------
AFC U19選手権2008 サウジアラビア大会
2008年11月2日18:45 K.O.(日本との時差は6時間。日本では24時45分です)
Group A Match 10 Prince Mohammed Bin Fahad Stadium
U19日本代表 4-2 (3-2,1-0) U19イラン代表

[得点]
1分:17宮澤裕樹(コンサドーレ札幌)
7分:25永井謙佑(福岡大学)
20分:HAJI SAFI EHSAN
26分:MOOSAVI SEYEDIMAN
33分:25永井謙佑(福岡大学)
77分:25永井謙佑(福岡大学)

[警告]日本のみ
11分:7香川真司(セレッソ大阪)
40分:1権田修一(FC東京)
81分:14山本康裕(ジュビロ磐田)
84分:4金井貢史(横浜マリノス)
--------------------

■スタメン■
         1権田修一
13岡本知剛 5村松大輔 4金井貢史 2鎌田翔雅
      14山本康裕 6青木拓矢
   8水沼宏太        7香川真司
     17宮澤裕樹 25永井謙佑

■交代■
82分:7香川真司→18鈴木 惇
86分:14山本康裕→29木暮郁哉
93分:17宮澤裕樹→11遠藤敬佑

081102_miya_goal.jpg

衝撃的な幕開け。
ホイッスルの30秒後にCKを得た日本、左からコースケ@山本がショートで香川くんに当て、クロスを入れます。そのボールに頭で喰らいついたのは、ゴール前の混雑から誰よりも空高く舞い上がったミヤ@宮澤でした!
ゴール!1-0!

081102_miya_goal+bench.jpg081102_goal1_bench.jpg

ベンチへ飛び込んでいくミヤ、熱狂的に迎える仲間たちもあまりの展開にびっくり気味。

でもここから厳しくなりそうな気配は、すでにピッチに漂っていました。
そう、この試合に負ければすべてが終わってしまうイランのしなやかな反撃が、直後から始まります。
中盤でボールを奪うと日本の寄せをものともせずするりとかわし、最終ラインのほころびから飛び出してくるイランに、これはやっぱり初戦の相手とは格が違うと思い知らされることになるさんざんな波状攻撃を受けること、5分間。

そして迎えた相手CKのピンチ――ところが、これを弾いて防いだごんちゃん@権田がリスタートのボールをすばやく前に蹴り出した瞬間、何かが起こりました。一気にセンターラインを超えていくボール…イランディフェンスをぶっちぎった永井くんがこれを奪取、トップスピードのままドリブルで突っ込み前へ出てきたGKをかわすチップキック!

081102_nagai_goal2.jpg

ゴール!2-0!
いつ失点してもおかしくなかった日本が前半7分、ごんちゃんのアシストで2点目をゲットしてしまったのでした。

それでも。
日本はすべての面で相手を上回れません。細かなトラップミス、明らかなパスミス、鼻先でかわされるディフェンス。その差は紙一重のボディバランスだったり、コンマ一秒のコントロールだったり…
あっという間に守備をふりきってくるイランに対して、日本はずるずるとラインが下がってしまう苦しい展開。

そして19分、すかすかの守備を支えていた金井くんがクリアミス、とうとう最終ラインが決壊しました。奪われたボールは強烈なシュートになって日本ゴールに突き刺さります。
2-1。
取られるべくして取られたゴールでした。

081102_gonchan.jpg

集中が切れているわけでも、あと一歩が及ばないわけでもないのです。ただ相手の「冷静な気迫」が上回っているとしか言いようがありません。
26分、CKからの波状攻撃を受けごんちゃんやミヤがなんとか弾き出していたものの、最後に蹴り込まれてしまいました…
2-2。同点。

「初めてテンパった。イランの勢いが凄いから焦った」@ごんちゃん

081102_nagai_goal2+.jpg

ここからさらに両サイドバックは押し込められ、両サイドハーフはボランチのフォローに引っ張り出され、最終ラインは下がったままになってしまいます。
それでも日本はなぜだかチャンスを作り出し、シュートまで持ち込むこと2回。ここがこのチームの不思議なところで、どんな不利な状況でも「なす術なし」には見えないのです。
その「不思議」が爆発したのは33分。ごんちゃんのナイスキー!なプレーのリプレイ映像が終わり画面が中継に戻った瞬間…なぜだかどうしてかすでに永井くんがボールをイランゴールに蹴り込んでいる姿が、映し出されたのでした。
イランディフェンダーをぶっちぎったのであろう突破から、体をひねり、そこしかないゴールマウス右上にライナーを蹴り込む永井くん。
ゴ、ゴーーール?3-2!
なんかわかんないけど、すげー!!!

が(涙)
さあこれで日本のペースになるかなという期待を直後に全否定してくれるイラン、39分にまたしても波状攻撃の末ロングボールで日本の裏を取り、接触で倒してしまったごんちゃんからPKを奪取です。

キッカーは10番MOSALMAN MOHSEN。シュート!がーーん…
なんとボールはポストを叩きます!ぎりぎりで助かった日本、そのままスコアを動かさずなんとか前半を終えることができました。

081102_nagai_goal3.jpg

両チーム交代なしで始まった後半、日本は押し込まれっぱなしの展開になります。
問題は中盤。ここをイランに制圧されているため、一つのパスミス、一つのふんわりとしたプレーが香川くんやコータ@水沼の動きを制限し最終ラインをすかすかにして、相手のチャンスを呼び込んでしまうのです。
もはやファウルでしかイランの仕掛けを止められなくなってきた77分、またこのチームの「不思議」が起こりました。

喰らったカウンターがなんとか枠をとらえないシュートで終わってくれた後の、ゴールキック。
ごんちゃんが狙いすまして蹴ったボールはセンターラインを軽々と超え、相手と競ろうと飛び上がったミヤの頭上さえ通過してポトリと落ち…たところに猛然とダッシュしてきた永井くん、そのまま2人のディフェンダーを引き連れてドリブルで突破し、シュート!
ゴール!4-2!
日本突然の追加点、永井くんハットトリック!

081102_tomotaka.jpg081102_shoma.jpg

初戦ではサイドを駆け上がり、チャンスを作り出していた日本の両サイドバック、トモタカ@岡本とショーマ@鎌田の2人そしてコータ@水沼らこの試合アップでとらえられることのなかった選手たちは、ひたすら守備に追われチームのために走り続けていました。
彼らが見せたしつこく地味なプレーが実は「不思議」の源なのじゃないかと思えてきます。

4バック+ドイスボランチ、どん引きに近いほど低く設定された守備陣からのカウンターを狙う作戦に出た日本、ともすると泥臭く後手後手にまわりそうなのに決してそう見えないのです。
それは「仲間のために」と地味に動き回る彼らが個性を失わなかったから。
確かにこの試合、守備のバランスが上手く機能したとは言えません。でも元々の能力が高い彼らは、個々の特性を最大限に発揮して仲間を救おうとボールに、相手に、チャレンジし続けていました。

そこから生まれる、相手が支配する時間の「ひずみ」。それが「不思議」の瞬間。そして仲間を信じた永井くんが嗅ぎ取り、飛び込んでいったカウンターという空間。

081102_kosuke.jpg081102_fumiya.jpg

4-2とリードを広げたとはいえ「相手が支配する時間」が多いことに変わりはありません。
疲弊した香川くんに変えてじゅん@鈴木を、そして足を後ろから蹴られたっぽいコースケ@山本がタンカで運び出されてしまった後にはフミヤ@木暮を投入した日本、相手が攻め急ぎ疲れてきたこともあって、流れがやっと彼らへと傾きます。

イラン選手の半分しかないような厚みの体で、コースケのポジションにそのまま入ったフミヤは、このチームの公式戦初出場ながら柔軟なドリブルとパスワークで相手を翻弄、誰が出てきても同じレベルでプレーができるというチームの特性をいかんなく発揮して、終了のホイッスルを聞くことになりました。

日本、2連勝!準々決勝進出、決定です!!

081102_win.jpg081102_win2.jpg

瞬殺ゴールで始まり、PKのピンチまで迎え、それでも90分ボールを追い続けた仲間を、ゴール裏のトラックでアップしながら鼓舞していたベンチ組。
このチームのさらなる可能性は、彼らの「個性」の中にあります。

081102_kagawa_int.jpg081102_nagai_int.jpg

試合後「自分のプレーには満足がいっていない。もっと連携を高めたい」と言っていた香川くん。チームの中でその能力は抜きん出ているはずですが、やっぱりいきなり合流では噛み合ない部分が多々…
「すぐ同点にされて、雰囲気が悪くなったところで点がとれてよかった」と言うのはハットトリックの永井くん。チームメイトが作り上げてくれたカウンターチャンスを3度もものにした「個性」は本物です。

「次のサウジアラビア戦は気持ちの面が勝敗を分ける、チームとしての気持ちを見せたい」
香川くんが語るように、それぞれがお互いの個性を認識し理解し生かそうとすること…それがチームとしての気持ち。
仲間が信じ合えることで呼び込む「不思議」の力が、より強固に魅力的になるよう、サポも信じて応援します。
がんばれ☆俺たちのU19日本代表!


「イランはイエメンとは全然違った。失点は自分のミス。簡単にプレーするべきところで繋ごうとしたし、クリアミスもした。チームのみんなに申し訳なかった。
でも、永井さんがゴールを決めて励ましてくれた。チームのみんながいるから助けてもらえるということを再確認できた。
心の中で悔しさと嬉しさがグチャグチャになって涙が出た」@金井貢史



グループリーグ第3戦、グループAの首位通過をかけた開催国サウジアラビアとの戦いは11月4日(火)22:10〜24:15「テレ朝チャンネル」「テレ朝チャンネルHD」で生中継です。

ちなみに準々決勝で当たるグループBでは、1位通過の有力候補・韓国がUAEを相手にロスタイムに逆転負け、現時点で2位となっています。

***
U19日本代表顔写真つき名鑑、今回も作ってみました→

2008/11/01

U19日本代表★勝ったあぁぁぁぁ初戦5-0!★お腹、すいてる?

来年のU20ワールドカップ出場権をかけたアジア予選、グループリーグ第1戦。
対戦相手は20日前、U16日本代表が上手く守られて敗北を喫した国「イエメン」。

牧内監督もキャプテンのごんちゃん@権田も、2つ年下の日本代表がこの国に負けたことからよい教訓を得てこの試合に挑む、と試合前にコメントしていました。

大事な初戦。
でもアジアへの最終チャレンジを前にして、チームの核になってくれるはずの香川くんが疲労による体調不良で別メニュー。そして全治2ヶ月の怪我が治ったばかりで駆け付けたトモタカ@岡本も、調子が上がらず…
なんて不安に拍車をかけるような「お父さんのハンディカム的ふらふらカメラワーク&スイッチング(泣)」による国際生中継が、「CSテレ朝チャンネル717」で始まりました!

--------------------
AFC U19選手権2008 サウジアラビア大会
2008年10月31日16:15 K.O.(日本との時差は6時間。日本では22時15分です)
Group A Match 1 Prince Mohammed Bin Fahad Stadium
U19日本代表 5-0 (2-0,3-0) U19イエメン代表

[得点]
12分:8水沼宏太(横浜マリノス)
32分:25永井謙佑(福岡大学)
52分:14山本康裕(ジュビロ磐田)
53分:8水沼宏太(横浜マリノス)
55分:18鈴木 惇(アビスパ福岡)
[警告]日本のみ
30分:6青木拓矢(大宮アルディージャ)
--------------------

■スタメン■
         1権田修一
13岡本知剛 5村松大輔 4金井貢史 2鎌田翔雅
      14山本康裕 6青木拓矢
   8水沼宏太        18鈴木 惇
     17宮澤裕樹 15柿谷曜一朗

■交代■
24分:15柿谷曜一朗→25永井謙佑
63分:17宮澤裕樹→20河野広貴
75分:13岡本知剛→40原口元気

081031_kickoff.jpg

サークルの中で合わせた手に魂をこめる、柿谷くん。いよいよ、です。

日本ボールのキックオフ直後、イエメンが圧倒的な声援をうけて積極的に仕掛けてきます。
開催地サウジアラビアのお隣から大量に駆け付けたイエメンサポーター、俺たちのU19日本代表は初戦から清々しいまでのアウェー…

それでも9分を経過したあたりから落ち着きを取り戻してきた日本、右サイドを上がっていたトモタカ@岡本がふんばってパス、コースケが枠をとらえるボレーを放ちました。
怪我上がりで心配だったトモタカ、このチームでプレーするのは3回目という新顔のショーマ@鎌田、序盤からこの両サイドバックが果敢な攻め上がりを見せて、よくボールをつないでいます。特にショーマ+柿谷くん、トモタカ+コータ@水沼という絡みがとっても刺激的☆
そして前線から中盤までど真ん中を「守備とポスト」で制圧するのはミヤ@宮澤。

081031_miya.jpg

その圧倒的な存在感たるや「何人いるの?」っていうくらい神出鬼没、集中力と運動量はこのチームの可能性を感じさせてくれます。

081031_kota_goal1.jpg

ショーマ&柿谷ペアに偏り気味だった仕掛けが、トモタカの攻め上がりで右に寄り出した12分、ミヤからのスルーパスに右から壁を抜け出してきたコータ@水沼が詰め寄るGKをかわして、シュート!
ゴール!1-0!

日本、欲しかった…欲しくてたまらなかった先制点を、副キャプテンがゲットしてみせました!
2年前、U17のアジア予選で「アジア王者」の座を勝ち取ったコータたち前U17日本代表。あの時の経験をチームのみんなに伝えたいと、仲間たちで声をかけ合っていたから自分が先制点という結果を出せてよかった、と試合後に語っていたコータ。
後ろには金井くんとトモタカ、中盤にコータ、前線に柿谷くん、というバランスでこのチームに組み込まれたユニット「アジアの優勝経験者たち」が、周りと融合し始めた…「ミヤとのワンツー」でお手本のように決まったこのゴールは、その証明だったのかもしれません。

ところがこの直後から日本はなぜだかバタバタし始めます。
コータが言うようにイエメンは「ワンツーで簡単に崩して行けそう」なのですが、対する日本「相手の縦への突破にからっきし弱い」のです。

081031_kaki.jpg

美しく素早いパス交換で相手をくずしたかと思うと、中盤のミスでボールを失い、直線的に突っ込んでくるイエメンのパスやドリブルに対応しきれず、がんがん自陣に侵入されてしまう日本。
そんな中、ボールを守ろうとスライディングにいった柿谷くんの背中に、相手選手のひざがもろに入り…悶絶。
腰というかお尻というか痛めてしまった柿谷くん、23分に交代を余儀なくされます。
替わって入ってきたのは「縦へのスピードがあるFW」25永井謙佑。

081031_nagai_goal.jpg

「アップしていなかった」と永井くんが振り返るこの急な交代は、結果的にチームに吉とでました。

縦への直線的な攻撃にシフトした日本、32分。またしても「ミヤとのワンツー」で抜け出してきた永井くん、1点目をトレースするかのようなゴール!2-0!

なんとラン☆カンが試合前手のひらに嫌な汗をかいたほど(勝手に)緊張していた初戦、前半の半分までで日本は2点のリードを奪ってしまいました。これでノリノリになるかと思っていたのに、そうでもないのがこのチームの「やきもきさせられる部分」。
せっかく点がとれそうなんだからもっと楽しそうに攻め込めばいいのに!と思うのは素人考えなんでしょうか…暑さ対策で省エネなのかもしれないけど、サッカーやってて楽しくないの?ってな状況が続きます。案の定ロスタイムには最終ラインを抜け出され、出てきたごんちゃんがかわされ打たれたシュートを、かろうじて金井くんが蹴り出す!なんてピンチも。

081031_kosuke.jpg

もやもやした状態を払拭するかのように始まった後半5分、イエメンの攻撃を凌いだ日本、永井くんが中盤でボールを奪い誰も追いつけないようなドリブル突破を始めます。そして並走してきたコースケ@山本に、素敵なプレゼントパス☆シュート!ゴール!
3-0。
コースケは一目散に駆け寄ったベンチで、控え選手たちに歓迎を受けます。

テレビ解説のセルジオ越後が「この年頃なら自分が主役になろうとして、どんどん点を取りに行くものだ。もっとお腹がすいてるプレーをしなきゃ」…というようなことを言っていたのですが、もしかすると彼らは「ひとつのチームになること」をまずクリアしようとしているのかもしれません。
自分の「空腹感=ハングリー精神」よりも、ゴールというエサをゲットしたらまず「仲間と分かち合うこと」。

でもきっと次のステップは「自分の空腹感」は「仲間の空腹感」でもあって、「自分が満足すれば」「仲間も満足する」そんな感覚を共有すること…それがより「ひとつのチーム」へと彼らを導いてくれる…このグループリーグ初戦は、そんな思いを確認するような展開になりました。

081031_kota_goal2.jpg081031_kota_goal2-.jpg

コースケのゴールから2分後、青木拓矢が転びながら落としたボールにつめていたコータが迷いのないダイレクトボレー!4-0!
水沼宏太、今日2点目っ。
次々と祝福に訪れる仲間たち。笑顔の絆がさらに強くなっていくような気がします…
そしてさらにその2分後。真ん中でボールを持ったじゅん@鈴木が、利き足の左ではなく「右足」を豪快に振り抜き、GKの頭上を越すループはあっさりとイエメンゴールネットを揺らしました。
じゅん@鈴木ゴール!
日本5-0!!

081031_jun.jpg081031_chibi.jpg

「思ったより落ち着いてできた。練習のときから雰囲気がよくて、チーム一丸になれていた」と試合後に振り返っていたミヤ@宮澤、獅子奮迅の活躍だった守備に関しては「FW同士で意識し合って間を閉じて相手をサイドに追い込むこと」、時間をその懷に溜め込んで自在に操るようなポストプレーに関しては「周りがポストプレーに対して動いてくれたのでやりやすかった」とコメントしています。
そんな、勝手にMVPを進呈したいほどの「時間のコントローラー」は後半18分、ちょぴり髪を切ってデコヒモを外したチビ@河野と交代。その12分後には右サイドを激しい上下動で制圧していたトモタカ@岡本が原口元気と交代しました。

役割の違う選手が入ってきて当然システムを変える日本。「もう少しアップをしっかりしておけばよかった…体が温まって試合の感じをつかんだ時に終わっちゃった」と言う原口くんは、左の前でドリブルのチャレンジを試みるのですが、ちょっぴり浮き気味です。それでも彼らは積極的に微調整を繰り返し、この試合勝つ望みを失ったイエメンを相手にもう一度流れを作ってシュートまで持ち込んで行きます。

ロスタイム4分経過。5-0。
日本は無失点のまま、アジア最終予選で最初の1勝をあげることができました。
「アジア王者経験者」としての経験値を仲間に与えようとしていた前U17日本代表組。彼らを受け入れ吸収し、「お腹がすいてきた」U19日本代表というチーム。
自分の空腹…自分自身の得点や勝利を渇望するエネルギー…がチームという大きな有機体を作り上げ成長していく、もしかしたらそんな過程が見られるのかもしれません。

081031_win.jpg081031_kota_int.jpg

5点のリード。8月のSBSでは「チームに人が来ないとか言っていられない!」「点を取ってくれないと困る」と、最後尾から厳しい顔でチームを見守っていごんちゃんが、ゴールキックを笑顔で蹴る姿が画面に映し出されていました。
「この大勝でみんながいいイメージを持てたと思う。そこをうまく次の試合に活かしていきたい。」試合後に永井謙佑もこう語っています。

「次のイラン戦が山」「ここで調子に乗ったら危険。気を引き締めたい」
もともとスキルは高い彼らが試合中自分たちで考え修正を繰り返し、瞬時に構築していくというその可能性を「彼ら自身が」信じることのできるきっかけとなった勝利。
そうであってほしいと思います。

試合後のインタビューで「イエメンの応援がすごくて、いい感じのアウェーが体験できた」と笑顔で語るコータ。
これからの2戦もイランと開催国サウジアラビアという、さらにいい感じなアウェー状態が期待できます。でもそんなことがさらに彼らの「お腹をすかせて」くれるのかもしれません。

次の勝利をどん欲に貪れ!俺たちのU19日本代表☆

グループリーグ第2戦、サウジアラビアに2-1で破れているイランとの戦いは11月2日(日)24:40〜02:45「テレ朝チャンネル」「テレ朝チャンネルHD」で生中継です。

***
U19日本代表顔写真つき名鑑、今回も作ってみました→
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。