ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2010/03/31

U19日本代表☆第1戦、うさみん@宇佐美貴史ゴール!☆ダラスカップ2010【1&2戦】

高卒ルーキー、J1初出場&初ゴール!

去年11月。インドネシアで体調不良と悪コンディションのピッチに悩まされながらも、「U20ワールドカップ2011」出場を賭けたアジア1次予選を5試合19得点と、全勝で突破したU18日本代表。
そのFW陣の中で、ゴールを決めることができなかった唯一人の選手、ケンタロウ@重松健太郎が、プロのピッチで「初出場&初ゴール」となるヘディングシュートを押し込んだ約15時間後、アメリカのダラスではケンタロウ@重松のかつての仲間たち「U19日本代表」が、チーム立ち上げの初戦で初勝利をあげたのでした。


100328_usami.jpg100328_musaka.jpg

2009年、U17ワールドカップ@ナイジェリアのグループリーグで3戦全敗を喫し、敗退してしまったU17日本代表。
それでもこのダラスカップ公式サイトのプレビュー記事(Super Group Preview Japan National Team)では「ブラジル、メキシコ、そして優勝したスイス。難しいグループに入ってしまったため」とフォローされたチームから、1つ年下となるものの「U19日本代表」へと名乗りをあげてきた6人の選手の中で、初ゴールをあげたのはやっぱりうさみん@宇佐美貴史でした!

そして去年のU17とU18が融合したこのチーム初めての試合で、キャプテンマークを巻き中盤を仕切ったのは、U18でもキャプテンを任されたムサカ@六平光成♪

3試合をこなしグループ1位にならなければ、準決勝へとすすめないダラスカップ・スーパーグループ。
日曜月曜と続けて行われた第1戦&第2戦、日本は1勝1分でグループ首位となっています。

*****
2010 Dr Pepper Dallas Cup XXXI(第31回ダラスカップ)
Super Group 第1戦 #916
2010年3月28日(日)12:00K.O.@Pizza Hut Park Field #6
U-19日本代表 3-2(1-0,2-2)ティグレス(Tigres/Mexico)

[得点]
22分:20宇佐美貴史
62分:Tigres
69分:19永井 龍
85分:12清武功暉
92分:Tigres
*****

100328_hiraide_daisuke.jpg100328_takumi.jpg

3人そろってトップ昇格したFC東京U-18の同級生のうち、このピッチに立ったCBヒライデ@平出涼とLSBタクミ@阿部巧の2人。J初ゴールを決めたチームメイト・ケンタロウ@重松の活躍は、彼らのプライドを刺激したんじゃないかな〜。
ヒライデの後ろ13番は湘南から草津へレンタル中のダイスケ@菊池大介。髪が伸びたせいかちょっと大人っぽく見えるかも…

[スタメン]各ポジション、右から
■GK■
21中村 隼 1991.11.18/183/77/山形/浦和Y
■DF■
3田中優毅 1991.03.27/172/66/日体大/四中工
 →41分:DF6高橋祥平
7寺岡真弘 1991.11.13/179/70/関西大/神戸Y
4阿部 巧 1991.05.26/165/62/FC東京/東京U-18
5平出 涼 1991.07.18/176/72/FC東京/東京U-18
■MF■
16堀米勇輝 1992.12.13/168/62/甲府Y
 →66分:MF12清武功暉
10六平光成 1991.01.16/174/64/中央大/前橋育英
14加藤 大 1991.05.07/173/62/新潟/三菱養和
 →45分:MF11田口泰士
13菊池大介 1991.04.12/170/64/草津(湘南)/湘南Y
 →81分:MF15小島秀仁
■FW■
19永井 龍 1991.05.23/177/66/C大阪/C大阪U-18
 →81分:FW21杉本健勇
20宇佐美貴史 1992.05.06/178/68/G大阪/G大阪Y

[スタベン]
■GK■
1大森圭悟 1991.04.22/190/89/福岡大/広島Y
■DF■
6高橋祥平 1991.10.27/180/74/東京V/ヴェルディY
8内田達也 1992.02.08/177/70/G大阪/G大阪Y
■MF■
11田口泰士 1991.03.16/174/65/名古屋/流経大柏
12清武功暉 1991.03.20/172/64/福岡大/大分U-18
15小島秀仁 1992.07.30/178/65/前橋育英
■FW■
22杉本健勇 1992.11.18/187/76/C大阪/C大阪U-18

100328_masaru.jpg100328_musaka_masaki.jpg

新潟の開幕戦でベンチ入りをしたマサルさん@加藤大と、関東大学選抜Bに選ばれていたムサカ@六平光成のドイスボランチ。
ムサカの後ろは同じく大学生、RSBマサキ@田中優毅です。

100328_taguchi.jpg100328_hayato.jpg

公式プレビュー記事で注目選手の一人に挙げられていたタイシ@田口泰士。マサルさん@加藤に替わって後半45分間、中盤をコントロール。
GKは去年のU18アジア1次予選でも5戦中3試合で日本のゴールマウスを守ったハヤト@中村隼。ナイスセーブ!なシーンです。

100328_usami_goal.jpg100328_nagai.jpg

去年の1月末。メキシコで行われたコパ・チーバス2009でグループリーグ敗退ながら5試合7ゴールを叩き込み、大会得点王に輝いたうさみん@宇佐美貴史。日本の裏側にある「何か」が、彼の得点スイッチを押すんでしょうか…(笑)
チーム初戦22分目にして決まったゴールは、祝福の嵐につつまれます。13番ダイスケ@菊池大介の背中で主役が見えないっすけどね。

そして後半17分、チーム初戦67分目で失点をしたU19日本代表を、再び歓喜につつんだのはリョウ@永井龍!177センチ。で、でかい。
小さめなイメージがあったのは、同じくC大阪にトップ昇格したタカヒロ@扇原貴宏(公称181。でも絶対185以上に伸びた!)がいつも一緒にいたせいか〜(笑)
しがみついてるユウキ@堀米勇輝168センチは、記録上このゴールの時点ではベンチにいたはずなんだけど…

100328_koki.jpg

後半85分、ダメ押し弾!!3-1!
決めたのは後半途中出場のコーキ@清武功暉。怪我もあって去年のU18アジア1次予選には選ばれなかったけれど、代表初出場の8月SBSカップではMVPを、9月仙台カップではキャプテンを努め、3試合で2得点してブラジル代表監督にキーマンとして名を挙げられていた大学生です。
がっつり抱き着いているのは、早生まれのコーキと約2歳離れているうさみん@宇佐美。この後ロスタイムに失点をして結局U19日本代表は3-2で初戦を終えたのですが、去年のU18とU17代表たちはこうして融合と化学変化を起こし始めているようです。

*****

初勝利の翌日行われた大会第2戦目。
お互い1勝を挙げた同士の対戦となった、その相手はイングランド・プレミアリーグのトテナム ホットスパー。
上はプロ契約している90年生まれの19歳、下は16歳以下に所属というこちらも混成チームです。

100329_uchida_masaru.jpg100329_masaru.jpg

左端、切れてる背中はU17日本代表のキャプテンだったCBタツヤ@内田達也。大会初登場です。
そして2戦目もスタートからムサカ@六平光成と共に中盤を仕切ったマサルさん@加藤大。

「ティグレス戦を見て、日本代表が高い技術力を持っていると判断したので、初戦からは少しチームの形を変えた」とスパーズの監督がコメントしたこの試合、前半20分に負傷退場したDFに替わって出場したU16のJack Bartramが大当たり!
前半28分にBartramがあげたクロスをNathan Byrneがヘッドで落として、Jesse Waller-Lassenゴール。
U19日本代表は先制点を奪われてしまうのですが…

*****
2010 Dr Pepper Dallas Cup XXXI(第31回ダラスカップ)
Super Group 第2戦 #914
2010年3月29日(月)12:00K.O.@Richland College Field #10
トテナム ホットスパー(Tottenham Hotspur FC/England) 1-1(1-0,0-1)U-19日本代表

[得点]
28分:Jesse Waller-Lassen(スパーズ)
50分:21杉本健勇
*****

100329_kojima.jpg

スタメンフル出場となったシュート@小島秀仁。冬休み&春休みは、FC東京や浦和などJリーグクラブのキャンプにひっぱりだこでした。

○は第1戦スタメン
[スタメン]各ポジション、右から
■GK■
21中村 隼○山形/浦和Y
■DF■
3田中優毅○日体大/四中工
7寺岡真弘○関西大/神戸Y
8内田達也 G大阪/G大阪Y
4阿部 巧○FC東京/東京U-18
■MF■
12清武功暉 福岡大/大分U-18
 →81分:MF16堀米勇輝○
10六平光成○中央大/前橋育英
14加藤 大○新潟/三菱養和
 →84分:FW17藤田息吹
15小島秀仁 前橋育英
■FW■
20宇佐美貴史○G大阪/G大阪Y
 →84分:MF11田口泰士
22杉本健勇 C大阪/C大阪U-18

[スタベン]
■GK■
18荻野賢次郎 1991.09.14/187/76/C大阪/京都府立峰山
■DF■
2佐藤卓斗 1991.03.09/181/72/流経大/東北学院榴ヶ岡高
6高橋祥平 東京V/ヴェルディY
■MF■
11田口泰士 名古屋/流経大柏
13菊池大介○草津(湘南)/湘南Y
16堀米勇輝○甲府Y
■FW■
17藤田息吹 1991.1.30/170/66/慶応大/藤枝東

**
幾多のチャンスを作り、1点リードのまま前半を終えてほくほくのスパーズ監督を嘆かせることになったのは、後半の10分間。
「杉本がDFの裏に抜けペナルティエリアから同点ゴールを決めた時、この後半、日本が攻勢をかけてくるだろうと覚悟した」

スパーズを混乱させることに成功はしたものの、その後結局主導権を握れなかったU19日本代表。

「選手たちの経験値を考えれば、後半決定的なチャンスを逃したりしたものの、コントロールを失うことなく、大崩れもせずに試合を終えられたのは良かったと思う。」と試合後コメントしたスパーズ監督。
身体能力の高いアフリカ系選手がずらりと居並ぶヨーロッパのチームを相手に、日本代表のゲーム支配力が問われた内容…だった、のかな?

100329_masaki.jpg

スパーズ公式サイトの写真に、一番多く写り込んでいたRSBマサキ@田中優毅。サイドの守備が光ってたってことかな…

*****

2試合終わって1勝1分。得失点差で日本は現在グループ1位です。
次の相手は0勝最下位のダラス・テキサスU18アカデミー。大量得点勝利で、準決勝進出を狙いたいところ!がんばれ☆

[スケジュール]
グループリーグ
2010年3月28日(日)vs Tigres 3-2
2010年3月29日(月)vs Tottenham Hotspur FC 1-1
2010年3月31日(水)4:00 pm vs Dallas Texans U18 Academy @Richland College Field #10
グループを1位抜けした場合のみ
2010年4月2日(金)TBA 1st Place Bracket B vs 1st Place Bracket C @Pizza Hut Park Stadium
2010年4月4日(日)6:00 pm Semi-Final #1 Winner vs Semi-Final #2 Winner @Pizza Hut Park Stadium

U19日本代表メンバーリストはこちら→

2010/03/17

U19日本代表。やっとやっと始動です☆そしていきなりアメリカへ

何の音沙汰もなく、カレンダーはまっちろけ…

来年2011年、コロンビアで行われる「U20ワールドカップ」出場をめざし、今年アジアの最終予選を戦うはずの「U19日本代表@2010」。

ところがそんな彼らの「2010年スケジュール表」は3月を迎えても一点の染みすらなく、もしかしてサッカー協会はA代表のワールドカップと2012年のロンドン五輪予選の準備で頭がいっぱいで、U19のことを忘れちゃってるんじゃないかと本気で心配になってきた3月も半ばを過ぎた16日、やっとやっと「2010年のU19日本代表メンバーver.1」と海外遠征の日程が発表されました!!!

10月3日から中国山東省ズーボー市で行われることに決定した「AFC U-19選手権本戦」。

あと6か月と17日後のピッチに立つために。そしてちょうど7か月後となる10月17日の大会最終日には、コロンビアへの切符をその手に握りしめていられるように。

新たに走り出す「U-19日本代表」は、「去年のU18アジア1次予選@インドネシア」のメンバーに「2009年U17ワールドカップ@ナイジェリア」を戦った選手を加えた、新☆食☆感。
融合、そしてプラスに転じる化学反応を期待したいです。


****
U-19(FIFA U-20ワールドカップ2011)日本代表 アメリカ遠征・第31回ダラスカップ(3/22〜4/6)

dallas_cup.jpg

2009年8月のSBS国際ユース出場
2009年9月の仙台カップ出場
2009年10月U-18アジア1次予選日本代表
2009年12月U-18トレーニングキャンプ参加
2009年U-17日本代表

■GK■
1大森圭悟★◆OMORI Keigo 1991.04.22/190/89/福岡大/広島Y
18荻野賢次郎☆◇◆OGINO Kenjiro 1991.09.14/187/76/C大阪/京都府立峰山
21中村 隼☆◇◆NAKAMURA Hayato 1991.11.18/183/77/山形/浦和Y
■DF■
2佐藤卓斗 SATO Takuto 1991.03.09/181/72/流経大/東北学院榴ヶ岡高
3田中優毅☆★◇◆TANAKA Masaki 1991.03.27/172/66/日体大/四中工
4阿部 巧☆◇ABE Takumi 1991.05.26/165/62/FC東京/東京U-18
5平出 涼☆◇◆HIRAIDE Ryo 1991.07.18/176/72/FC東京/東京U-18 
6高橋祥平★◇◆TAKAHASHI Shohei 1991.10.27/180/74/東京V/ヴェルディY
7寺岡真弘◇TERAOKA Masahiro 1991.11.13/179/70/関西大/神戸Y 
8内田達也●◆UCHIDA Tatsuya 1992.02.08/177/70/G大阪/G大阪Y
9松原 健●MATSUBARA Ken 1993.02.16/177/66/大分U-18 
■MF■
10六平光成☆★◇◆MUSAKA Mitsunari 1991.01.16/174/64/中央大/前橋育英
11田口泰士◆TAGUCHI Taishi 1991.03.16/174/65/名古屋/流経大柏
12清武功暉☆★KIYOTAKE Koki 1991.03.20/172/64/福岡大/大分U-18 
13菊池大介☆★◇◆KIKUCHI Daisuke 1991.04.12/170/64/草津(湘南)/湘南Y 
14加藤 大◇◆KATO Masaru 1991.05.07/173/62/新潟/三菱養和 
15小島秀仁●◆KOJIMA Shuto 1992.07.30/178/65/前橋育英
16堀米勇輝●◆HORIGOME Yuki 1992.12.13/168/62/甲府Y
■FW■
 有田光希 ARITA Koki 1991.09.23/180/80/神戸/北越※3/26怪我のため辞退
19永井 龍☆◇◆NAGAI Ryo 1991.05.23/177/66/C大阪/C大阪U-18
20宇佐美貴史●◆USAMI Takashi 1992.05.06/178/68/G大阪/G大阪Y 
22杉本健勇●◆SUGIMOTO Kenyu 1992.11.18/187/76/C大阪U-18
17藤田息吹 FUJITA Ibuki 1991.1.30/170/66/慶応大/藤枝東※3/26追加召集
****

SBSでキャプテンだった扇原貴宏@C大阪やケンタロウ@重松健太郎@FC東京、古林将太@湘南に住田貴彦@大分そして高木俊幸@ヴェルディ、茨田陽生@柏、ごーとく@酒井高徳@新潟…あたりはみんな「トップのチーム事情」なのかな。去年U18の中心として戦った選手たちの名前が、ぽろぽろと抜け落ちています。
特にFWで残っているのはリョウ@永井龍@C大阪だけ!という入れ替わりぶり。

そのかわりぴっちぴちの1歳年下、去年のU17代表たちがGK以外の各ポジションに2人ずつ、合計6人も選ばれました。
中でもうさみん@宇佐美貴史@G大阪をのぞいた5人は、2月27日に行われたFUJI XEROX SUPER CUPの前座試合「U-18 Jリーグ選抜 対 日本高校選抜」に出場して、その生きの良さをアピールしたばかり☆

20100227_kojima_horigome.jpg
「高校選抜」のシュート@小島と「Jユース選抜」のユウキ@堀米、ワクワクの対決!

ただ一人「高校選抜」としてピッチに立ったシュート@小島秀仁@前橋育英は、後半に登場したとたん圧倒的な存在感で試合をコントロール、流れを一気に高校選抜チームに引き寄せてしまうという、笑っちゃうくらい飛び抜けた活躍ぶりでした。
同じくU17日本代表のボランチで高校選抜に出場していたガク@柴崎岳@青森山田(鹿島内定)は、この遠征と思いっきり日程の被っている「日本高校選抜欧州遠征@ベリンツォーナ」の方へ参加予定です。

そして。去年のSBSと仙台カップで、その絆を勝手に妄想してみたマサキ@田中優毅@日体大・ムサカ@六平光成@中央大・コーキ@清武功暉@福岡大の「大学生トリオ」、復活♪
キャプテンを任された仙台カップ後怪我をしてしまい、アジア1次予選候補合宿を辞退して以来年代別では名前の出てこなかったコーキ@清武ですが、明治との対戦となったインカレの決勝ではA代表に招集されたFW永井謙佑の代わりに、福岡大のスタメンとして出場!インカレ優勝はなりませんでしたが、その後ケンスケ@永井たち福岡大のメンバー数人と共にスペインへ短期留学したりして、彼なりの経験を積んでいるはず。
アピール、期待してます。
****

いつもだったら年が明けた1月中旬から「カタール国際ユースサッカー大会」に参加していたはずの、U19日本代表。
2006年と2008年には優勝をもぎとり、「さまよえるU20代表」が参加した去年は3位決定戦でカタール代表に勝利、大会MVPには山村和也@流経大が輝く!…というくらい、日本のU19〜20代表にとってはチーム立ち上げと共にはずみをつけるきっかけとなる大会だったのですが、今年はアナウンスが無いなと思っていたら、参加国の規模を縮小して去年の暮れにひっそりと終わっていたのでした。
毎年5月にフランスで行われている「ツーロン国際」には、早々と「五輪予選代表」を送り込むことを発表していた日本サッカー協会が、チーム立ち上げのきっかけを失ったU19日本代表のために用意したのが、いつもなら「U-18高円宮杯優勝チームへのごほうび」だったはずの「ダラスカップ@アメリカ」。

U19日本代表が参加するのはU13〜19の6つに分かれたカテゴリーの他に用意された「Super Group」。
4チームずつ4グループに分かれリーグ戦を行い、それぞれ1位抜けをしたチームのみが準決勝へと進みます。
日本はBグループでイングランドのトテナム・ホットスパー、メキシコのティグレスそして地元ダラス・テキサスU18と戦うことに。
1位抜け、目指してほしいです。

****
DALLAS CUP XXXI [Super Group]
【Bracket C】
Tottenham Hotspur FC (England)
Japanese National Team (91/92) (Japan)
Tigres (Mexico)
Dallas Texans U18 Academy

[スケジュール]
グループリーグ
2010年3月28日(日)12:00 pm vs Tigres @Pizza Hut Park Field #6
2010年3月29日(月)12:00 pm vs Tottenham Hotspur FC @Richland College Field #10
2010年3月31日(水)4:00 pm vs Dallas Texans U18 Academy @Richland College Field #10
グループを1位抜けした場合のみ
2010年4月2日(金)TBA 1st Place Bracket B vs 1st Place Bracket C @Pizza Hut Park Stadium
2010年4月4日(日)6:00 pm Semi-Final #1 Winner vs Semi-Final #2 Winner @Pizza Hut Park Stadium

監督:布啓一郎【JFA ナショナルコーチングスタッフ】
コーチ:牧内辰也【JFA ナショナルコーチングスタッフ】
GKコーチ:川俣則幸【JFA ナショナルコーチングスタッフ】

****
ちなみに去年の高円宮優勝チーム、横浜FマリノスユースはSBCカップ@ドイツに参加する予定です。

2010/03/12

日本高校選抜、発表*第70回ベリンツォーナ国際ユースへひとっ飛び

山梨学院の初出場&初優勝で幕を閉じた、第88回全国高校サッカー選手権大会。
毎年恒例の「大会優秀選手」→「日本高校選抜候補合宿」→「日本高校選抜チーム」→「静岡ヤングサッカーフェスティバル参加」→いざヨーロッパ遠征へ!という流れに、今年は大会が一つ組み込まれました。

それは…この高体連選抜チームと「高校選手権という舞台に立つことを夢に見なかった、Jユースの選抜チーム」が国立のピッチで戦うフレンドリーマッチ。
高校の部活とJリーグのユース、どっちが強いのか代表チーム作って決着つけようぜ!という、プロのサッカーリーグが日本に誕生して17年たった今だからこそできる「夢の対戦」だったのです。

鼻息も荒く、2010年2月27日、氷雨がぱらつく中「FUJI XEROX SUPER CUP」の前座試合としてピッチに登場した両チームが繰り広げた、プライドと友情が交錯する35分ハーフの試合の結果は1-1の引き分け。

そして3月8日、静岡の草薙競技場で行われた「第25回静岡県ヤングサッカーフェスティバル」では静岡県高校選抜にやっぱり2-2と、引き分けとなった日本高校選抜チーム。どちらの相手も実は1学年下の「1,2年生チーム」だったわけですが、それでも観客の前でプレーしたこの2試合で何かの手応えは掴めたはず。
4月1日からスイスで始まる「第70回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会(70th Bellinzona U19 International Tournament)」で結果を残すために、そこからさらに選りすぐられたチームが3月24日から再び始動します。

****
日本高校選抜チーム 直前合宿・欧州遠征メンバ−(3/24〜4/7)

■GK■
1原田直樹 HARADA Naoki 1991.08.05/181/76/広島観音→阪南大
12櫛引政敏 KUSHIBIKI Masatoshi 1993.01.29/185/75/青森山田2年
■DF■
4中田寛人 NAKATA Hirohito 1991.07.13/170/62/山梨学院→桃山学院大
5小谷祐喜 KOTANI Yuki 1991.07.27/180/72/関西大学第一→関西大
2須藤貴郁 SUDO Takafumi 1991.11.21/182/70/矢板中央→
6中島龍基 NAKAJIMA Ryuki 1992.01.12/168/59/青森山田→関西大
17横M充俊 YOKOHAMA Mitutoshi 1992.09.14/172/64/青森山田2年
■MF■
3柳 直人 YANAGI Naoto 1991.06.11/163/57/作陽高校→流経大
16椎名伸志 SHIINA Nobuyuki 1991.10.15/167/60/青森山田→流経大
7碓井鉄平 USUI  Teppei 1991.11.03/175/67/山梨学院→駒澤大
8平塚拓真 HIRATSUKA Takuma 1992.01.27/164/58/山梨学院→神奈川大
10柴崎 岳 SHIBASAKI Gaku 1992.05.28/173/62/青森山田2年(鹿島内定)
18三田尚希 SANDA Naoki 1992.08.16/164/56/青森山田2年
■FW■
14黄 順旻 HWANG Soonmin 1990.09.14/178/65/神村学園3年
11赤ア秀平 AKASAKI Shuhei 1991.09.01/173/69/佐賀東→筑波大
15山本大貴 YAMAMOTO Hiroki 1991.11.15/178/65/ルーテル学院→駒澤大
13大西晃広 OHNISHI Akihiro 1992.05.10/170/67/香川西2年
9宮市 亮 MIYAICHI  Ryo 1992.12.14/183/70/中京大中京2年

****
…選りすぐった、と言ってもフレンドリーマッチとヤンフェスに参加したメンバーから抜けたのは
MF20小島秀仁 KOJIMA Shuto/1992.07.30/177/67/前橋育英2年
GK21菅野一輝 SUGENO Kazuki/1991.11.02/187/83/尚志高校3年
の2人だけ。シュート@小島秀仁は、同じ期間アメリカへ遠征する「U19日本代表」の方に選ばれているし、GKの菅野くんはフレンドリーマッチで写真撮影には登場したもののベンチ入りしていなかったので、仕方がないのかな…。

2010227_gk.jpg
両チームごちゃまぜとなった集合写真には登場していた「背番号21」。がんばれ!

****
ということで隔年で参加しているベリンツォーナ。2006年に優勝したチームの選手たちは、4年後の今、その多くがプロの道を歩んでいます。
この2010年のメンバーたちにとっても、その思い描く未来への弾みとなる遠征となりますように☆

70esima Torneo Internazionale Under 19 Bellinzona
[グループリーグ]
2010年4月1日(木)20:15 vsスパルタ・プラハ(チェコ)@Morbio Inferiore
2010年4月2日(金)19:00  vsバーゼル(スイス)@Ascona
2010年4月3日(土)14:00 vsスポルティング・リスボン(ポルトガル)@Tesserete
[準決勝]
2010年4月4日(日)@Bellinzona
15:00 Semifinale 1 (A1/B2)
16:30 Semifinale 2 (B1/A2)
[順位決定戦]
2010年4月5日(月)
10:30 7-8位決定戦 @Sementina
14.00 5-6位決定戦 @Sementina
18:30 3-4位決定戦 @Bellinzona
20:15 決勝戦 @Bellinzona

****
■団長■樋川利雄【大阪府立登美丘】
■監督■大浦恭敬【香川西】
■コーチ■谷謙吾【愛媛県立松山工】
■GKコーチ■湯田哲生【青森山田】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。