ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2008/09/17

どしゃぶりな仙台★U19日本代表★ブラジル戦レポ

18人中たったの8人…ほんの19日前に集まったチームからは、スタメンも組めないような人数しか残らなかったU19日本代表@仙台カップ2008。

常に「呼びたい選手が呼べない」と牧内監督が言い続け、130人以上の選手を招集せざるをえなかった「2009年U20ワールドカップ・エジプト大会」に出場するための代表チームですが、最終予選まで2ヶ月を切ってしまった今「最後のわがままきいてね!各チームの方々(涙目)」という、代表関係者の心の叫びまで勝手に聞き取ってしまえそうな「10人のメンバーチェンジ」です。

でも!この10人+8人、リストを見ると新たに組み直すというより「既存のユニットをはめ込む」という感じ。そう、先月のSBSで連携のとれた外枠の真ん中に「去年のU17日本代表」というエンジンを据えた状態…ちょっと!これは見逃しちゃダメなのではっ!?

SBSから引き続きの召集は金井貢史、そして水沼宏太、河野広貴、高橋峻希、柿谷曜一朗…そう、あのU17代表が一つ年を重ね、経験値もアップさせて、またチームとして蘇ろうとしてるんですよぅ☆

ってなことで9月11日、ちょっくら行ってきました「仙台カップ2008国際ユースサッカー」第1戦、U19日本代表対U19ブラジル代表。午後7時キックオフ。

080911_sub_up.jpg

バックスタンド側でストレッチ中のサブ組…ああああ、柿谷曜一朗の笑顔がこっちにあるうう。左から13番・青木拓矢、ずば抜けてデッカい2番・橋本真人190センチ、追加召集で金崎夢生の番号を引き受けた10番・ごーとく@酒井高徳、黒いアタマは8番・じゅん@鈴木惇、さかんに前髪を気にする15番・柿谷曜一朗、そして後ろ姿は11番・永井謙佑。
これは途中交代をばんばんやってきそうな気配です。

080911_brazil.jpg

と、選手たちの練習が終わり一旦引き上げたあたりから、文字通り怪しい雲行きに。
夕方まで日焼け止めがなければ恐ろしくて歩けないほどのかんかん照りだった仙台、なぜだかぽつぽつと水滴が落ちてきました(驚)
そして選手が整列する頃にはフツーに「雨天決行。覚悟完了」状態です。ど〜して…?(泣)

そんないきなりなアウェーの洗礼(?)の中、サブまで一緒に整列に加わり国歌を斉唱するブラジル代表。その後の集合写真では監督、スタッフ総出演で修学旅行状態。さらにサブの選手がペナントを持って、日本の控え選手に挨拶にやってくる和気あいあいムードです。

080911_kimigayo.jpg

初めてこのメンバーでピッチに立つ11人。練習の時から響いていたごんちゃん@GK権田修一の声があればとりあえず最終ラインは大丈夫、なはず…

日本代表スタメン*** ◆はSBS召集メンバー[年齢はアジアユース時]
18GK◆権田修一[19] 東京(東京U18)
2DF 鎌田翔雅[19] 湘南(湘南ユース)
3DF 高橋峻希[18] 浦和ユース/ウィザス高校
4DF◆金井貢史[18] マリノス(マリノスユース)
5DF◆村松大輔[18] Honda FC(藤枝東)
6DF◆下田光平[19] 東京(秋田商)
7MF 水沼宏太[18] マリノス(マリノスユース)
9FW 遠藤敬佑[19] 水戸(千葉ユース)
14MF◆山本康裕[19] 磐田(磐田ユース)
16MF 河野広貴[18] ヴェルディ(ヴェルディユース)
17FW 宮澤裕樹[19] 札幌(室蘭大谷)

◆印の中に「静岡のSBSから雨雲を召還した犯人」がーーー!(疑)だって変だもん、試合開始をねらって晴天がいきなりどしゃぶりだなんて!

080911_seiretsu.jpg

チビ、というのはヴェルディユース時代に先輩たちから呼ばれていたニックネームなのですが、坊主頭じゃなくなっちゃってピッチの中ではすっかり「チビ」な面影が消えた河野くん16番165センチ。でもこうやって並ぶとやっぱり座高は低いよね(安心←なぜ)
それにしても5番・村松くんの鼻筋が高い!

080911_enjin1.jpg

「お兄ちゃんまだかな…」コイントスが終わるのを待つ10人。
キャプテンごんちゃんは早生まれなので学年でいえば今年20歳の人と同じ、気迫も貫禄もそしてU20ワールドカップ出場への思いも、抜きん出た年上です。

080911_enjin2.jpg

ごんちゃんと14番「円陣でもっとも頭が高い」こーすけ@山本の間でぶら下がっちゃってるのは3番しゅんき@高橋169センチ。
今日の円陣はみんなけっこう「頭が高い」のですが、右端で誰よりも深くかがんでいる水沼宏太は、練習の時から何か思い詰めたような表情をしていました。

そして始まった「最新版U19日本代表」初めての試合。「たかし!たかし!」「だいすけーーー!」直後からごんちゃんの、金井くんの声がユアスタの屋根にこだまします。

フォーメーションはこんな感じ?
    権田
高橋 村松 金井 鎌田
   下田  山本
 水沼      河野
    宮澤 遠藤

すっかりDFリーダーとして貫禄がついちゃった金井くんの気迫に、村松くんも負けじと声が出るようになります。彼らに引っ張られるように、初参加の鎌田くん、しゅんき@高橋も破綻のない動きをみせてくれるのですが…せっかくの4バックなのに、なかなか両サイドが上がれません。

ブラジルは2005年大会のキャプテン・ルーカスがその後リバプールへ移籍、先日の北京五輪にも出場してアルゼンチン戦で退場!(苦笑)という活躍っぷりなので、今年のチームもすごいのかなと思っていたのですが、どうも様子が変です。一瞬の個人技はすごいんだけど、全然連携が取れてな〜い!

080911_kabe.jpg

それでも191センチどっしりどでかいFW9番ジョナタスと、年齢詐称疑惑の10番チアゴ・ルイスの2人にボールが渡ると、あっと言う間にペナルティエリアまで引きずられて行ってしまいます。
ちなみにチアゴ・ルイスの「何が」年齢詐称を疑わせるかというと、まさに17番・宮澤くんが下田くんに指差してアイコンタクトしてる所…後頭部のちょっぴり寂しい感じ(おい)

日本はこの宮澤くんと奥で髪の毛を逆立てている9番・遠藤くんがくさびになり、16番・河野くんと7番・水沼宏太の両SHがどんどん仕掛けていってさらに宮澤くんへラストパス…という組み立てだったはずなのですが、河野くんのドリブルは単発で終わり、水沼宏太のパスは仲間との意思の疎通に欠け、たまに彼を追い越して行くしゅんき@高橋の上がりも不発…という手詰まり状態です。
いつもなら守備を下田くんにまかせて前目に出て行くこーすけ@山本も、次々スピードに乗ってくるブラジルを懷深く受ける形になってしまい、ほとんど攻撃を展開することができません。

そしてなんと前半日本のシュートは1本!!
確かにFWとして効果的な動きを続けていて「やっぱり違うんだな〜」と思わされた宮澤裕樹が(たしか)15分過ぎに放ったそのたった1本のシュートは、またごんちゃんをして「点を取ってくれないと困る」と嘆かせることになりそうな、悲しい予感に満ちていました(泣)

080911_shunki+.jpg

とはいえ対するブラジルもシュートは2本。お互いセットプレーのチャンスだけはあった前半が0-0のまま終了…。雨の中引き上げてくる選手たちも「うまくつながらないもどかしさ」にうつむき加減です。
特に去年のU17ワールドカップ後、高円宮で活躍、今年は3年生ながらトップ出場も果たしてしまった3番の高橋峻希は、前にU17仲間・水沼宏太がいたというのにまったく噛み合いませんでした。
「U19は上がるタイミングが難しい。守備も全然。マークの受け渡しができなかった…」
ってしゅんきの顔、マッキー@槙野智章に似てきてない!?

秋田商業出身の6番・下田光平は2006/07と2年続けて「東北選抜」の一員としてこの大会に出場、2006年には塩釜FCの星☆現鹿島の遠藤康と共に大会MIPに選ばれています。去年は2勝1分けだった東北選抜。今回晴れて日の丸を背負っての出場となった下田くんとしては、このチームでも結果を出したいと思う気持ちが強いはず。4番・金井くんと二人歩きながら意見をずっと交わしていました。

080911_enjin_2nd.jpg

後半、お試し試合をしてるのかな…と思っていた監督が動きます。右SBしゅんき@高橋の代わりに、SBSから2回続けて「追加召集」されたラッキーボーイ、17歳のドイツハーフごーとく@酒井10番をピッチに送り込みました。
試合前の練習の時から、柿谷曜一朗にかまってもらえるのが嬉しいのか(笑)誰よりもわくわく飛び跳ねていた、ごーとく。円陣を組んでもうきうき状態がダダ漏れです。
この後半の円陣では、試合前から表情の険しかった水沼宏太がみんなに言葉をかけています。U17日本代表のキャプテンだったコータ。いろいろ思うところがある模様…いい感じです。

080911_df.jpg

ポジションにつきながら、ハイタッチをしていく4バックとドイスボランチそして、ごんちゃん。
先月のSBSカップ第3戦でごんちゃんをスタメンから外し、一つ年下の静岡ユースを相手に3-2という辛勝だった日本代表は、試合後「きつくなった時に声が出なくなった」「ごんちゃんがいれば後ろから盛り上げてくれるけど、声を出す選手がいなかった」と、『ごんちゃんの声』を頼りにし過ぎている自分たちへの反省を漏らしていたけれど、この試合では金井くんと村松くんが積極的なアクションを起こし始めています。

そして始まった後半13分、攻撃の手詰まり感はあいかわらずだけど守備に関しては安定してきたかな…と思った時に取られたFKからのヘディングシュート、弾きかえしたところになんとあのどでかい9番ジョナタスがいたのです。そしてすばやいワンタッチボレー!ゴール…
日本、一瞬のうちに失点です。
しょんぼりする仲間たちを、ごんちゃんも今日はあまり派手に煽りません…う〜ん…

ここでやっと牧内監督が攻撃的な交代を決心しました。後半19分、チビ@河野広貴に代わって8番MFじゅん@鈴木、そして遠藤敬佑に代わって15番FW柿谷曜一朗の登場です!

080911_kota_yo1.jpg 080911_yo1_makiuchi.jpg

「チームの肝(きも)」じゅん@鈴木と「キラキラしい存在感を放射する」柿谷曜一朗この2人の登場に、得点の匂いが芝生の香りと共にスタンドへ立ち上ってきちゃいました☆
中でも…そうスタンドのお客さんよりも嬉しさを顔に出したのが、コータ(笑)さっそく自分の思いの丈を柿谷くんにぶつけています。チビ@河野くんが入れ替わりで下がっちゃったのは残念だけど、この2人の元U17たちが絶対やってくれる!そう思ったのに…

今日のコータ@水沼は前半からパスの意思疎通がうまく合わず、徐々に判断が遅れがちになっていたのですが、柿谷くんが入っても事態はあまり好転しませんでした。フリーで受けてドリブルで前へ行くか?と期待したところでマイナスの横パスを出した時には、スタジアム中が「ええぇぇぇ…」というため息につつまれる始末(泣)

「心残りがある。やれている実感はあった。攻める時間が続いていたので代わりたくなかった」
試合後こうコメントしたコータ、結局その「やれている実感」はチームをつなぐ役目を果たすことなく、柿谷くんがピッチに現れた7分後、13番MF青木拓矢と交代することになってしまいました…

さあ、ここから柿谷曜一朗苦難の26分間が始まります。
河野くんのポジション、左の前に入った柿谷くんですが彼としては「俺にボールをくれればなんとかしてやる!俺は点を取るためにここにいるんだから!」とやる気に満ちあふれているわけですが、その姿がオーラで眩しすぎるのか思ったようにボールが来ません。
彼の後ろにいるごーとく@酒井は、柿谷くんに絡めるのが嬉しくてしかたないって感じで、「大型犬の子供」みたいに一生懸命追い越す動きをしたりパスを出したりしてるのですが、まったく気持ちが通じ合わず…ごーとくの片思いで空回ってます(泣)

柿谷くんは基本的に守備はせず「だから、今必要なことは点を取ることなんだから、俺にパスをよこせってば!」と明確な意思表示をしているのに、仲間がそれを理解してくれないみたいです。そしてだんだん孤立してしまう柿谷くん…

牧内監督はどんな指示を出しているのでしょうか…

080911_yo1.jpg

とにかくボールに触りたい柿谷くんは、相手セットプレーの際自陣に戻ろうとします。どうやらそれをベンチから止められたようなのですが「ケンスケ(永井。81分に下田くんと交代出場のFW)が残ってればいいよね!!?(怒)」と叫ぶや、ボールを求めて――それが相手のものであろうとも――駆け戻って行ってしまいました。

そんな一人の奮闘もむなしく、ロスタイムのセットプレーから日本は追加点を取られてしまいます。
結局シュートの1本も打てず、0-2で終了のホイッスルを聞いてしまった柿谷曜一朗。

「あせりというか、もっともっとチームとしてひとつにならないといけないと思う。メンバーを決めるのは監督だけど、今回初めてのメンバーとかいる。もっとひとつになるためには固定した方がいいと思う。」

さすが、ストレートど真ん中、キーパーを弾き飛ばすような発言を…(汗)

「U17の時と比べるとまとまりが足りない。それぞれが試合内容とか言いたいことを言い合えるチームにしていかないと」

080911_shout.jpg

今日はあまり怒鳴り声の出ていなかったごんちゃん、またしても点を取ってくれなかったチームに不満はあるだろうけれど、流れの中から点を取られなかったことに関しては「自信をもっていい」とコメントしています。
で…10番ごーとくはどうした!?

080911_kosuke_kanai_yo1.jpg

「個人頼みになってしまって…守備陣が頑張ってくれたのに攻撃でいいところを作れなかった。フランスやブラジルとやれる経験は貴重だけど、負けていい試合はない。結果が必要。そういうプレーをしていかないといけない」
そう言う14番こーすけ@山本は、守備の要・金井くんになにか話しかけています。言いたいことを言い合える、その始まりだといいんですが…

一人「モデル立ち」をして顎を突き出すポーズの17番・宮澤くん、これはクセみたい(笑)もちろん、ピッチの上でも「なぜかそこにいてくれる」みたいないい存在感がありました。あとはシュート打つだけだよ…ホント(泣)

080911_shout2.jpg

雨の中、選手たちが戦った相手はブラジルと…「自分たちが所属しているチーム」という個人技では対応しきれない存在でした。
ごんちゃんの次に、ピッチの中をコントロールしなくちゃいけなかったこーすけ、U17のいいイメージを持ってピッチに立ったはずの柿谷くん、そして「U17のチームワーク」と「常にメンバーが違うチーム」の狭間で、必死に最終ラインをコントロールした金井くん…彼の叫びはみんなをつなぐ、ひとつのパーツになるのでしょうか。そうだといいな。

080911_u17trio.jpg

コータ@水沼、柿谷くん、そして初召集のチビ@河野くん、3人の元U17代表たちが肩を寄せあってピッチを去って行きます。

「『 代 表 』じゃなくて『 チ ー ム 』にしていかなくちゃ」@柿谷曜一朗

試合後チームメイトたちに今のままじゃ物足りない!と訴えたという柿谷くんたち。

この日、どしゃぶりとなった仙台で見たものは「気持ちのつながっていないチームが出した当然の結果」でした。
なんでこんなギリギリまで大人たちが「選手を固定できない」状況に対して判断を下さなかったのか、それが残念といえば残念だけど、プレーする選手たち自身が声を出し合って『チーム』を構築できるのなら、この才能豊かな選手たちはきっと時間内に一つの固まりになれる――実は試合直後そんな希望すら持てないくらいに、がっかりしちゃっていたのですが――そう信じています。

080911_kanai.jpg

大人の仕事は「結果」に対して最後の責任をとること。でも「結果」を出すのは、選手自身。ピッチに立っている選手自身だけができること。

頑張れ。


9月11日(木)ユアテックスタジアム仙台
U19日本代表 0-2(0-0,0-2)U19ブラジル代表
[得点]58分:9番ジョナタス、92+分:4番ラファエル・トロイ
この記事へのコメント
ラン☆カンさん!こんばんは!!
かなり久しぶりに書き込みさせていただきます!
なんてったってU17ワールドカップ以来ですもの!!
仙台カップのレポートありがとうございました! 
…やっぱり、城福ジャパンのまとまりって凄いものがあったんですね。あのメンバー、解散しても私の中ではずーっと行き続けているメンバーです。なんだか、Fantastic4とかが懐かしいですね〜(笑)
かといって過去にすがっていてはいけませんが…。
あれだけまとまっていたチームを解散させてしまうようなこのユースのシステムには納得がいきませんね〜!!!もっともっと城福ジャパンのメンバーが代表に名乗りを上げてこられるように私は応援し続けたいです。
先日、学くんがJのピッチに立っている姿を見ました。積極的にシュートを打ちに行っていて、嬉しくなりました!みんなそれぞれに与えられた環境の中で、もがきながらも頑張っているんですね。
プロの世界は厳しいけれど、新黄金世代の再復活を願うばかりです!!

U17の話ばかりになってしまいましたが…U19、予選をしっかり突破して、必ずやワールドユースへ行って欲しいです!日本サッカーに新しい光をもたらしてくれることを期待したいです。

カッキー・こうた・チビ・金井くん・しゅんき…みんな頑張って!!! 
Posted by Saki at 2008年09月27日 22:24
ラン☆カンさん!こんばんは!!
かなり久しぶりに書き込みさせていただきます!
なんてったってU17ワールドカップ以来ですもの!!
仙台カップのレポートありがとうございました! 
…やっぱり、城福ジャパンのまとまりって凄いものがあったんですね。あのメンバー、解散しても私の中ではずーっと行き続けているメンバーです。なんだか、Fantastic4とかが懐かしいですね〜(笑)
かといって過去にすがっていてはいけませんが…。
あれだけまとまっていたチームを解散させてしまうようなこのユースのシステムには納得がいきませんね〜!!!もっともっと城福ジャパンのメンバーが代表に名乗りを上げてこられるように私は応援し続けたいです。
先日、学くんがJのピッチに立っている姿を見ました。積極的にシュートを打ちに行っていて、嬉しくなりました!みんなそれぞれに与えられた環境の中で、もがきながらも頑張っているんですね。
プロの世界は厳しいけれど、新黄金世代の再復活を願うばかりです!!

U17の話ばかりになってしまいましたが…U19、予選をしっかり突破して、必ずやワールドユースへ行って欲しいです!日本サッカーに新しい光をもたらしてくれることを期待したいです。

カッキー・こうた・チビ・金井くん・しゅんき…みんな頑張って!!! 
Posted by さき at 2008年09月27日 22:40
重複書き込みすいません!!!
(1度目が上手くいかなかったもので・・・)
Posted by さき at 2008年09月27日 22:41
Saki&さき さま☆
こんにちは。
1年ほったらかしていたのに、またコメントをくださって
本当にうれしいです。

>あれだけまとまっていたチームを解散させてしまうような
このユースのシステムには納得がいきませんね〜!!!

そうなんですよね…北京五輪選考の時にも
「U20カナダ組をそのまま連れて行けばいいじゃん!監督込みで!」
とか思っちゃったものです(泣)

それでも選手みんな―U17組もそれ以外の人たちも―
「ワールドユースに出たい!」と思う気持ちは同じはず。
U17たちのあの「情熱と友情」が他の選手に伝わって、
みんなの気持ちがリンクしていったらいいなと、本当に思います。

SBS前に怪我で離脱しちゃったトモタカも、
練習ではランニングを始めてるらしいです!
あ、それと学!
おっとりした顔つきなのに、ものすごく負けん気が強そうなところが
お気に入りで(笑)「いい選手だよ」と言いふらしながら応援していたのですが
まさか2種登録のうちにトップ出場しちゃうとは(踊)

あの時のU17たちが魅せつけてくれた「力」に期待したいです☆
Posted by ラン☆カン at 2008年09月30日 20:17
こんばんは!お返事ありがとうございました!すごく嬉しかったです☆今日メンバー発表がありましたね!しゅんきが外れてしまって残念ですが…トモタカが加わってfantastic3まで復活しました(笑)嬉しい!!それにキーパーの吉田君が入っていましたね!頑張って残って欲しいですね〜!
いよいよ予選前ラストのメンバー争い!新しく加わったメンバーが良い方向に風を吹かせて欲しいですね!
Posted by さき at 2008年10月01日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:


コメント:


 

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。