ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2009/01/27

U17日本代表!3戦目は怒濤のゴールラッシュ!5-0!☆コパ・チーバス2009

1分1敗でむかえた第3戦。グループ2位のチームを相手に、5得点!!無失点!!
U17日本代表、70分間で5得点とは…すごいことになってます☆

090126_usami.jpg

うさみん@宇佐美貴史、またしても2得点!?
--------------------
Copa Internacional Chivas Comex 2009」コパ・チーバス2009
2009年1月26日16:00 K.O.(現地時間)
グループB 第3戦@Verde Valle 1
35分ハーフ

U17日本代表 5-0 チーバスUSA

[得点]
3分:高木善朗
12分:宮吉拓実
14分:宇佐美貴史
50分:宇佐美貴史
59分:小島秀仁
--------------------

…規律、秩序そして集中力…日本人の特徴だと言われる性質がすべて、ピッチの中で証明されることとなったU17日本代表対チーバスUSA…
地元記事は、こんな書き出しで始まっています。

090126_tada_okamoto.jpg

6番・夛田凌輔、4番・岡本拓也ともに去年のU16アジア選手権では、選ばれていなかったDF。
岡本くんは3試合連続出場で大アピール中!

「日本はとても真剣で激しいスタイルのチームだ。彼らは1日中走ることのできる体力をもっている。ほとんどの選手は背が低いが、2・3人の長身選手がつねにピッチ全体を見渡している。
彼らはこの大会に何人か選手を入れ替えてくるだろうが、日本のスタイルが変わることはないと思う。」
大会前に、日本代表をこう評価していたvan der MostチーバスUSA監督。
Exactly !!(笑)

せっかくなので、180センチオーバーの選手に◆印をつけてみました…ってチーバスUSA監督のにらんだ通り、GKを除くと2人しかいない〜!


**スタメン**
☆は去年の「ACF U16選手権2008ウズベキスタン大会(アジア選手権)」メンバー

[GK]
1◆嘉味田隼 KAMITA Jun 183/80(神戸Y)
[DF]右から
6 夛田凌輔 TADA Ryosuke 167/62(セレッソU-18)
 →22分:7内田恭兵☆UCHIDA Kyohei 168/55(磐田Y)
4 岡本拓也 OKAMOTO Takuya 173/67(浦和Y)
2◆藤原賢土 FUJIHARA Kento 181/67(藤枝明誠)
 →35分:20◆杉本健勇☆SUGIMOTO Kenyu 187/76(セレッソU-18)
5 廣木雄磨☆HIROKI Yuma 167/63(東京U-18)
[MF]右から小島くんとガク@柴崎のドイスボランチ
12 小島秀仁 KOJIMA Shuto 178/65(前橋育英)
11 柴崎 岳☆SHIBASAKI Gaku 173/62(青森山田)21分□イエローカード
13 高木善朗☆TAKAGI Yoshiaki 170/63(ヴェルディY)
 →52分:15原口拓人☆HARAGUCHI Takuto 172/62(ガンバY)
10 宇佐美貴史☆USAMI Takashi 178/68(ガンバY)
 →59分:8小林祐希☆KOBAYASHI Yuki 177/64(ヴェルディY)
14 堀米勇輝☆HORIGOME Yuki 168/62(甲府Y)
 →35分:16神田圭介☆KANDA Keisuke 163/57(鹿島Y)
[FW]
19 宮吉拓実☆MIYAYOSHI Takumi 170/63(京都U-18)


090126chivas_sugimoto.jpg

チームの中で一番の高さを誇る「FW」の杉本健勇…今日はセレッソ同様、センターバックでの途中出場でした。

090126chivas_ kanda.jpg
これは…神田くん?

「私たちは試合の中で、自分たちのプラン通りのものを出せたと思います。常に、誰かが誰かの足りない部分を補い合うことで、この結果に結びつきました。」
試合後、池内豊監督はこうコメントしています。

なるほどスコアだけ見ると、さぞやノリノリで圧倒的だったのかと浮かれてみたくもなりますが…

「攻撃の部分に関しては、上手く構築することができたと満足していますが、自分たちのミスから相手のカウンターを受けてしまうことの無いよう、守備についてはもっと修正が必要だと思っています。」

むむ〜。
立ち上がり3分にして、先制弾!それから10分後には3点目が相手ゴールネットを揺らしているという、積極的な仕掛けがみごとにチーバスUSAの出端をくじいたわけですが、どうやらその後がよろしくなかった模様…。
スコアの数字ほどには相手を圧倒していたわけでもなく、選手交代でチームにてこ入れをしてなんとか追加点を決められた、というような雰囲気です。

攻めても攻めても、同じリズム、同じパターンにはまってしまえば、何の結果にも結びつかないのは、先日のA代表「対イエメン戦@アジアカップ予選」で目の当たりにしたばかり。選手交代でリズムが変わったのだとしたら、それはそれで頼もしいところですが…。

そして池内監督が危惧しているのは「守備」。昨日、モレリア戦での失点は「安易なバックパスからミスを誘発したこと」が原因でした。
チーバスUSA戦では無失点におさえたものの、合格点までは到らなかったようです。

3試合をこなし、1勝1分1敗。このチームの、そして個人の課題も剥き出しになってきました。柔軟にどん欲に、クリアしながら前に進めっ!

********
U−17日本代表 メキシコ遠征・Copa Chivas 2009 (1/21〜2/3)メンバーはこちら

GRUPO B(グループB)3日目までの順位表
1.Santos(メキシコ)5pts 1勝2分 得失点+3 
2.U-17ブラジル代表 5pts 1勝2分 得失点+1
3.U-17日本代表 4pts 1勝1敗1分 得失点+4!!
4.Chivas USA(アメリカ)4pts 1勝1敗1分 得失点-4
5.Morelia(メキシコ)3pts 1勝0分2敗 得失点-3
6.Toluca(メキシコ)2pts 0勝2分1敗 得失点-1
*A〜Dの4グループ中、各2位までが決勝トーナメントに進出

昨日は最下位だった日本代表…3位まで挽回しました。
グループC首位のメキシコ代表は3連勝で9pts、ぶっちぎりです。


グループリーグは残り2試合。明日のゲームが終わったら、やっと1日のお休みが入ります。
時間は現地の表記。15時間を足してください。

1月27日11:00 対トルーカ Toluca@Gigantera
1月29日11:00 対サントス Santos@Chivas chapalita


ちなみに。
得点王争いの首位に、うさみん@宇佐美貴史が躍り出てますよぅ☆
チームの勝ち点でランキングが変わるらしく、同じ「4得点」でも勝ち点9のメキシコ代表・CARLOS GAMEZが1位、勝ち点6のホストチーム「チーバス・グアダラハラ」ULISES DAVILAが2位、そして勝ち点4のうさみんが3位という扱いです。
なんとか、グループ2位以内に入って、1分でも多く試合に出て、得点王を狙ってほしいな…。
posted by ラン☆カン at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | U17&それよりちびっ子な世代たち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:


コメント:


 

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/113233951
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。