ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2009/02/21

U18日本代表、オーストラリアと同組!?☆1次予選組み合わせ発表

11月1日から始まる予定の「U18日本代表」たちの本気勝負…2010年U19選手権に出るためのアジア1次予選。彼らが「1次予選」「U19選手権」と乗り越えめざすところは、去年「1995年から連続出場していた歴史」が途切れてしまった「U20ワールドカップ」のピッチです。

確かに、今年の「U20ワールドカップ@ナイジェリア2009」の予選では、ディフェンディングチャンピオンであるアルゼンチンも南米選手権でグループリーグ敗退、出場を逃してしまい、この世代の「難しさ」がさらに浮き彫りになったとは思うのですが…

ちなみにアルゼンチンも「牧内U19日本代表」同様、召集がままならず「150人もの選手を試した結果」のようです。


「しかし1回失敗しても、 また次につながることがある」とたっじまん@田嶋幸三専務理事が宣ったように、サッカー協会にとっては「布監督&牧内コーチ」という再起を賭ける大人たちのためのチャレンジになるわけですが、U18の選手たちにとっては「18歳以下という制限の中で臨む、一生に一度」の挑戦です。

そして2月20日、1次予選のグループ分けがAFCから発表になりました。が。

******
AFC U-19選手権2010予選大会 グループ分け

【グループF】
オーストラリア
日本
インドネシア★
シンガポール
チャイニーズ・タイペイ
香港

西地区A〜D、東地区E〜G、合計7グループの各上位2チームと3位の中から2チームが本大会出場。
★のついたインドネシアが、開催国です。
******

むむむ…毎回、1次予選はヒヤヒヤしながらもきちんとクリアしているのですが、いきなりやっかいなデカブツ、オーストラリアが同組に入っています(汗)
先日のU18日本代表候補リストに、やたら背の高い選手たちが並んでいたのはこれを見越してのこと!?(笑)

その中でもわくわくさせられるのは、けっして大きくないうえに、チーム公式より2センチも縮んでしまった170センチ「菊池大介@湘南」。「J2最年少出場&J2最年少得点記録」を持つ、新・高校3年生です。
去年は飛び級でU19日本代表候補にも選出、8月のSBS国際ユース@静岡ではオーストラリアを相手にスタメン出場しています。

2008_SBS_nippon.jpg

その時の集合写真、前列ど真ん中13番が菊池くん。真後ろにいるのここ数ヶ月の話題を独占している「大迫勇也@鹿児島城西@鹿島」。
この大会、大迫くんは残念ながら味方からパスが来ず、自力で突破するチャンスもなく、目立った活躍のないままU19日本代表のリストから外れていってしまったのですが…
菊池くんの隣6番のごーとく@酒井高徳は菊池くんと同じく91年、早生まれの18歳。今回は召集されていないけど、晴れてプロになった今年、期待したい選手のひとりです☆


2月24日からの候補合宿で、本格的に助走を始める彼ら。去年の新潟国際やコパ・チーバスとはメンバーをかなり入れ替えているので、リストに名前が載らなかった選手たちにも当然ながらチャンスはあるはず。

大会までは約8ヶ月。敵の顔が見えてきた今、モチベーションをぐぐっと上げて突っ走れ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:


コメント:


 

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/114588798
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。