ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2009/08/21

U20日本代表、1点届かず…★バレンシアとの準決勝、負けました…★スペイン遠征

「前半の日本は、まるで日本ではないようだった…」!
スペインの地で自らつかみ取った「準決勝」の舞台。
日本代表はそこで…またしても…今まで積み上げてきたものを崩してしまったようです…。

*****
XXVI COTIF - L'Alcudia 2009
TORNEIG INTERNACIONAL DE FUTBOL SUB-20
U20日本代表 アルクディア国際ユーストーナメント2009 準決勝
2009年8月20日(木)21:00K.O.@"ELS ARCS" DE L'ALCUDIA
U20日本代表 2-3 バレンシア

[得点]
17分:Carles Gil
52分:内田健太
68分:Roger Martí
71分:Isco (PK)
76分:白谷建人(PK)

090820_shugo.jpg

スタメン
●印は8/2〜6、水原国際ユースにも選ばれていた選手
☆印は初戦・レバンテ戦のスタメン
○印は第2戦・ブラジル州選抜戦のスタメン
★印は第3戦・ビジャレアル戦のスタメン

■GK■
1松本拓也☆○★/順天堂/磐田Y
■DF■
2薗田 淳●☆○★/川崎/常葉橘
3比嘉祐介☆○★/流経大/流経大柏
7山村和也●☆★/流経大/国見
17菅沼駿哉●☆○★/G大阪/G大阪Y
■MF■
6鈴木 惇●☆/福岡/福岡U18
 →66分:19安田晃大★/G大阪/G大阪Y※8/10追加召集
8河井陽介●☆/慶應大/藤枝東
12内田健太☆○★/広島/広島Y
13島川俊郎★/仙台/柏U18
 →74分:5田中奏一○/慶應大/東京U18※8/10追加召集
■FW■
11押谷祐樹☆○★/岐阜(磐田)/磐田Y
 →45分:4當間建文●☆/鹿島/東海大五
14白谷建人●☆/C大阪/国見

090820_shiratani.jpg


※以下、公式サイト記事を、ものすごく適当に訳しました。適当に読んで下さい!ほぼ間違ってると思います…(汗)

バレンシアに振り回され支配された前半。17分に相手のセンタリングが内田健太の足に当たってコースが変わり、さらにタクヤ@松本の右手に当たってゴールイン…先制点を喰らった日本は、そのままチームが連動することもなく45分を終えてしまいます。

後半からは2試合連続ゴールを決めていたオシダーニ@押谷祐樹が怪我のために退いてしまい、DFのトーマ@當間建文が投入されたのですが、とにかく前半のダメっぷりは「あの危険なオシタニがまったくゴールへ迫れないまま、前半のみで交代することに」みたいなこと、言われちゃいました。


後半に入っても日本の状態は好転しなかったようなのですが、52分、内田健太が「幸運なゴール」で同点弾をゲットします!

ところが…68分に自陣でボールを失った日本、そのままドリブルで中央を突破され再び勝ち越しゴールを喰らい1-2、その3分後にはキャプテン@薗田淳がハンドでPKを取られてしまったらしく、それを決められて1-3に…

それでも。日本は最後の最後にふんばりました。
76分、比嘉祐介が相手陣内へ持ち込みDFに引っ掛けられて、PKをゲット。白谷建人がそれを沈め、2-3!
そこから彼らは俄然勢いづいて盛り返し始めたらしいのですが…最後の最後、山村和也がシュートを放つものの枠を外れ、終了。
結局同点に追いつくことはできませんでした。

090820_shimakawa.jpg

イエローカードは、日本がキャプテン@薗田淳と写真の13番・島川俊郎が受けた2枚のみなのに対し、バレンシアは8枚!
最後は、かなり荒れた状態だったようです…

この大会「4-2-3-1を崩さずにチームを機能させてきた」という西村昭宏監督@日本サッカー協会強化委員によると「ひとつ一つのプレーで相手の方が正確で、粘りがあった」とか。

去年サウジアラビアで行われた、U20ワールドカップのためのアジア最終予選、出場権のかかった準々決勝で0-3と、韓国に負けて敗退してしまった日本代表。
そして今年1月のカタール国際準決勝に、2-3でウズベキスタンに敗れてしまった日本代表。

もちろんその2試合とはメンバーが違います。
でも、このU20日本代表たちが「ここで勝っておけば!」という試合をことごとく逃してしまうのは、急造チームの宿命というだけなのでしょうか…?

「ひとつ一つのプレーで相手の方が正確で、粘りがあった」

次のステージへ進めた安堵と、チームの連係というちょっとした手ごたえを感じた、直後。彼らは「何か」を手放してしまうようです。

前半はDFとして、後半はMFとしてピッチに立ち、同点弾を決めた内田健太は「後半は鈴木惇や河井陽介と自由に入れ替わって、前へ行けた。左にまわってから得点シーンも躊躇なく前に出られて、島川俊郎のボールにコンタクトできた。左利きだし、前へ行くプレーは好きなので楽しかった」とコメントしています。

全体でつながることはできなかったけれど、局地的に新しい連係を構築し、昇華させていった選手もいたらしいこの試合。そのコメントにちょっと救われつつも、「全員が同じものを見ている」ようなチームになるには、「凝縮された時間」が必要なのかな…と思わされます。

「U20ワールドカップ」という目先の目標もなく、「2012年ロンドン五輪」というキラキラしい目的も霞みつつある現在のU20日本代表にとって、チームとして結果を出すことよりも自分をアピールしていく方が優先されるのは仕方のないこと…というよりも、たぶんサッカー協会的にはそれでいいのです。

現に、韓国とこのスペインへの遠征では、薗田淳・山村和也・菅沼駿哉・押谷祐樹・白谷建人といった、去年のアジア選手権では出番の少なかったもしくは選ばれていなかった選手たちが、こぞってその名前をリストに、記事に、踊らせることになりました。
そして、去年のU19日本代表をごんちゃん@GK権田修一と共に支え続けたじゅん@鈴木惇は、安定した力を見せつけてくれています。

たぶん、それでいいのです。
壮絶な空白をかかえこんだ「さまよえるU20日本代表」たちが、どうあるべきなのか。誰もちゃんとした答えを持っていない今、彼らは彼らなりに「自分だけをアピールすること」で前へ進もうとしています。
目的は「チーム」になることではないのです。

…この状況に、一番違和感を覚えているのは選手たち自身のはず。
せめて彼らが放つだろう精一杯のアピールを、見逃すことがないように、できたらいいなと思います。

****

明日は3位決定戦。相手は準決勝でベネズエラ代表に敗れたビジャレ…
また ビジャレアル ーーーー!?

でも、ここで勝てたら「チーム」としての結果も手にすることができます。
それはやっぱり「さらなる前へ進む力」を選手ひとり一人に与えてくれるはず。
このチームでの最後の戦いです、頑張れ!

2009/8/21 3位決定戦&決勝
19:00[3位決定戦]U20日本代表 vs ビジャレアル
22:30[決勝]バレンシア vs ベネズエラ代表

****
メンバー一覧はこちら→

公式サイト以外での記事→terra.com
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:


コメント:


 

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。