ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2009/09/01

U18日本代表☆【仙台カップ】出場メンバー発表☆最後のアピール!

11月1日からインドネシアで「U19アジア選手権予選」…早い話「2011年U20ワールドカップ・アジア1次予選」が始まります。

去年、7大会ぶりに「アジア最終予選」の準々決勝で敗退し「U20ワールドカップ」への出場権を逃してしまった日本は、宙ぶらりんになった「U20世代」の強化のために試行錯誤の真っ最中ですが、今度「2011年のU20ワールドカップ」出場を逃してしまうと、さらにさらに大混乱に陥ってしまうのです。

それは…「U20ワールドカップ予選」が自動的に「2012年ロンドン五輪予選」を兼ねる可能性が出てきたこと。

「アジア1次予選」からつまずいてしまうわけには、絶対にいきません。
同じ組に入ったのは、オーストラリア・インドネシア・シンガポール・チャイニーズタイペイ・香港の5カ国。この中で2位以内に入れば確実に1次予選突破、となります。

今年の2月から毎月、候補合宿や遠征を繰り返し、固めつつほぐしつつ、メンバーを見極めてきた「U18日本代表」。そして1次予選前、選手にとってはいよいよ最後のアピールの場となる「国際大会」が9月9日から仙台で始まります。

ユアテックスタジアムに集うフランス・ブラジル・韓国代表たちを相手に、戦うことを許されたメンバーは…!?
あ、原口元気!

※9/4追記:各クラブとは「SBSか仙台、どちらかの召集には必ず参加すること」で話がついていたはずだったのですが、結局、原口元気@浦和とごーとく@酒井高徳@新潟という「トップで必要」だと判断された2人の選手の、辞退を認めることになりました。


****
U-18日本代表チーム 〔第7回仙台カップ国際ユースサッカー大会〕メンバー 2009/09/01

2月のトレーニングキャンプ参加(2/24〜27)
3月のトレーニングキャンプ参加(3/15〜19)
4月のUAE遠征参加(4/3〜14)
5月のトレーニングキャンプ参加(5/24〜28)
○6月のトレーニングキャンプ参加(6/15〜18@滋賀)(6/22〜25@茨城
7月のトレーニングキャンプ参加(7/6〜9@J-STEP)
8月のSBS国際ユース出場

■GK■
1大森圭悟▲□●△○◆OMORI Keigo 1991.04.22/190/89/広島Y※トップ二種登録
18川浪吾郎▲□●△KAWANAMI Goro 1991.04.30/192/82/柏U-18
■DF■
2酒井高徳△○◆SAKAI Gotoku 1991.03.14/175/74/新潟/新潟Y※9/4チーム事情で辞退
3磯村亮太▲○◆☆ISOMURA Ryota 1991.03.16/181/70/名古屋/名古屋U-18※9/7怪我のため辞退
4田中優毅▲□●△○◆☆TANAKA Masaki 1991.03.27/172/66/日体大/四中工
5古林将太●△○◆☆KOBAYASHI Shota 1991.05.11/173/63/湘南Y
6茨田陽生▲□●△○◆BARADA Akimi 1991.05.30/171/58/柏U-18
7加藤大介▲△KATO Daisuke 1991.06.02/169/60/静岡学園
8高橋祥平○TAKAHASHI Shohei 1991.10.27/180/74/ヴェルディ/ヴェルディY
田辺圭佑 TANABE Keisuke 1992.3.29/171/65/成立学園※9/4追加召集
本名正太朗 HONNA Shotaro 1991.10.04/181/71/川崎U-18※9/7追加召集
■MF■
9六平光成▲□●○◆☆MUSAKA Mitsunari 1991.01.16/174/64/中央大/前橋育英
10清武功暉☆KIYOTAKE Koki 1991.03.20/172/64/福岡大/大分U-18
11菊池大介▲△○◆☆KIKUCHI Daisuke 1991.04.12/170/64/湘南/湘南Y
12原口元気△HARAGUCHI Genki 1991.05.09/177/63/浦和/浦和Y※9/4チーム事情で辞退
13奥山武宰士☆OKUYAMA Musashi 1991.05.15/175/63/新潟Y※トップ二種登録
佐々木一輝▲□●SASAKI Ikki 1991.02.19/172/65/京産大/徳島商※9/4追加召集
■FW■
14住田貴彦▲□○◆☆SUMIDA Takahiko 1991.03.12/178/70/大分/境
15森岡亮太○MORIOKA Ryota 1991.04.12/180/68/京都府立久御山
16高木俊幸▲TAKAGI Toshiyuki 1991.05.25/170/60/ヴェルディY※トップ二種登録
17赤崎秀平▲□●△○AKASAKI Shuhei 1991.09.01/174/68/佐賀県立佐賀東※9/5怪我のため辞退
松本大輝▲○MATSUMOTO Daiki 1991.5.29/182/55/大津※9/5追加召集

※U-18日本代表チーム:FIFA U-20ワールドカップ2011出場を目標としたチーム。

****
10日前、静岡で行われた「SBS国際ユース」でキャプテンマークを巻いたDF扇原貴宏、2得点のFWリョウ@永井龍というセレッソ大阪U-18組、そして彼ら同様コンスタントに選ばれてきた右SBタクミ@阿部巧と、DF平出涼・MF山崎直之・FW重松健太郎という東京U-18組…9月6日から始まる「高円宮杯」に出場するチームからは選出を控えたのかな、という構成になりました。

そしてSBSで初選出されて全試合に出場、大会最優秀選手賞もゲットしたコーキ@清武功暉が、その日焼けで真っ黒な体に再び代表ユニをまとうことに!マサキ@田中優毅とムサカ@六平光成の3人合わせて「大学生トリオ」再結成です☆

※さらに原口元気に勝るとも劣らない話題を引っさげて、久々の登場となったFW赤崎秀平@佐賀東高校は、昨年末の高校選手権1回戦でハットトリックを決めたかと思えば、4月のU18・UAE遠征でも2得点、インターハイでベスト4入りした勢いに乗って「天皇杯予選佐賀県大会決勝」では、社会人チームの九州INAVサッカー部を相手に4得点、佐賀県代表として天皇杯に出場を決めるという、なんだかすごい活躍っぷりです。
もちろんJクラブも一生懸命粉かけ中。8月24日から3日間、浦和レッズの練習に参加してました。
※※残念ながら9/5、赤崎くんは怪我のために召集辞退となりました。

それにしても、SBSと合わせてもFW陣の上背が似たり寄ったり。
まさに今日、9月1日、トップへの昇格が内定した福岡のFW吉原正人はどうして今回も選ばれなかったのかな…187センチっていうのは、ちょっと魅力的なんだけど。「身長差」好きとしては(笑)

ちなみに今回のU18日本代表、フィールドプレイヤーの最高峰は181センチ・磯村亮太。
ちょっぴりコンパクトな感じです。
※9/5、FW松本大輝の追加召集で、182センチの彼が一番高いことになりました!
※9/7、磯村亮太が怪我のために辞退してしまいました。

SBSが初選出で、そのまま生き残ったコーキ@清武功暉やムサシ@奥山武宰士たちには、本当にがむしゃらにアピールしてもらいたいこの大会。「SBS優勝」に負けない、内容と経験と結果を得るために…U18日本代表としてインドネシアのピッチに立つために。頑張れ☆


※9/4追記:追加召集となった佐々木一輝は、4月のUAE遠征以来の参加になる大学生、そしてたぶんU18では初招集になる田辺圭佑とは、同じ早生まれとは言え年齢に約1年の差があります。
追加召集がきっかけで定着するのも、多々ある話。思いっきりやってほしいです。

※9/5追記:赤崎秀平の辞退で追加召集となった松本大輝。2月と6月の候補合宿にどちらも追加召集された選手です。8月のまほろば総体では、赤崎くんの佐賀東と共にベスト4だった大津高校のエース、大会優秀選手に選ばれています。

****
[スケジュール]@ユアテックスタジアム仙台
9月9日(水)19:00 vsフランス
9月12日(土)13:30 vsブラジル
9月13日(日)13:30 vs韓国

監督:布啓一郎【JFA ナショナルコーチングスタッフ】
コーチ:牧内辰也【JFA ナショナルコーチングスタッフ】
GKコーチ:川俣則幸【JFA ナショナルコーチングスタッフ】

****
「2009年SBSカップ国際ユースサッカー大会」見てきました。妄想垂れ流してます(苦笑)
第1日[写真レポ]
第2日[写真レポ]

※9/2に、コメント欄で『GKのケイゴ@大森君にも、「※トップ二種登録」つけてあげてください。』とご指摘をいただきました!
修正させていただいてます☆ありがとうございました。

****
今回の「原口くん・花いちもんめ騒動」の決着について、「U-18よりもJの方がレベルは高い。協会は、原口の将来を考えて判断してくれた」と言うのは浦和の信藤健仁チームダイレクター。そして原口くん自身も「もっと高いカテゴリーを目指したい」とコメントしています。

「U-19は育成のプログラム。勝たなきゃいけない大会は、五輪とW杯以外はないと僕は思っている」という犬飼基昭・日本サッカー協会会長の言葉が、奇しくもアンビバレンツな結果を含むことになりそうな「U20W杯出場権=五輪出場権」というジレンマ。
今までは、この世代がJのピッチに立てるチャンスが少なかったからこそ、プライオリティーのあった年代別というカテゴリーですが、原口くんやごーとくのようにトップでプレーできるのであれば、去年、寸前までもめた香川くんやむう@金崎のような事態になるよりも、「上のカテゴリーを優先すること!」と、さっさと決断しちゃった方がいいような…。

と思っていたら、
『日本協会は今後、直近のリーグ5試合に60%以上出場した選手のU-18の活動参加を免除するという。』
と書かれた記事もありました。
それなら「トップでの出場と活躍を目指す」それがダメでも「年代別代表に選ばれ世界を目指す」という2つの目標が明確になるわけで、選手たちのアタマが切り替わっちゃえばあとは目標に向かって邁進するだけ。
来る、来ないと、代表チーム内がもやもやするより、いいような気がしますが…

「U-17、20とかの世界大会は、選手の力が結集されて勝てばいい。監督がいろいろな指示をして組織を練り上げて勝っても、育成にはならない。これは、考え方が違う人もいるけれど。」
と言うのは鬼武健二・Jリーグチェアマン。
…そうなのであれば「組織を練らずとも、個の力だけできっちり勝利へと導ける監督」を用意してほしいものです。


「僕はU-20以下の年代別の監督全員に話しています。『あなたがたの一番の使命は、上の代表でプレーできる選手を何人育てるかであって、出場した大会に勝つことではない』と。協会の責任者として、はっきり伝えている」@犬飼基昭・日本サッカー協会会長


ラン☆カンは細々と、選手たちを、そして彼らが作り上げるチームを、応援し続けたいと思います。
この記事へのコメント
GKのケイゴ@大森君にも、「※トップ二種登録」つけてあげてください。
たしかトップのベンチ入りもしたような気がします。
3年生のGKが2人とも「※トップ二種登録」されている稀有なチームです>広島ユース
・・・いや、そのトップにケガが多いだけなんでしょうきっと(笑)
Posted by ランカンファン☆ at 2009年09月02日 01:42
ランカンファン☆ さま

…復唱するのが若干こっぱずかしいお名前ですが(汗)
コメントありがとうございます!

さっそく修正させていただきました。

そういえば広島は、下田選手の怪我があってからずっと
ゴールマウスに立つのは若手GKばっかりですね。

さんま@佐藤昭大の大怪我で、レンタル移籍して来た中林洋次が大活躍。
そんな正に守護神・中林洋次が怪我しちゃった時に、まさかの
「原裕太郎」スタメン&「大森圭悟」サブ!…
メンバー表を見て、驚いた時があったのを思い出しましたっ。

その試合はナビスコGLでしたが、確かベンチはユース出身者の若手ばっかりで、
今回の仙台カップには選ばれなかった大崎淳矢も、途中出場したはず。

GKは、なかなか同じチームの中で世代交代できないポジションですが
こういう巡り合わせになってしまうチームもあるんですね…

チャンスを貪欲にものにできるか否かも、才能のうち☆
トップに食い込んで行ける若手たちに、期待し続けたいと思います!


ありがとうございました!
Posted by ラン☆カン at 2009年09月03日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:


コメント:


 

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。