ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2009/12/07

U18日本代表@2009☆最後のトレーニングキャンプメンバー発表☆いよいよ奴らが融合し始めます

た、大変です!
2011年の「U20ワールドカップ」出場を目指し、先月アジア1次予選をグループ首位で通過した「U18日本代表」。
来年のアジア最終予選に向け、今年――U18日本代表としても――最後となる3日間の候補合宿が、始まっています。
そんな彼ら「来年のU19日本代表」から「1か月」という時間が、失われることになってしまいました!

12月4日。クアラルンプールで行われたAFCユース大会組織委員会は、毎大会11月に行われる「AFC U19選手権=アジア最終予選」の予定をU16選手権と入れ替えて、「10月2日〜17日に変更する」と決定を下したのです。
理由は11月12日から広州@中国で始まる「第16回アジア大会」の日程と被ってしまうから。多くの代表チームは19歳以下の選手をアジア大会に出場させるので、それより先に「U19アジア最終予選」をやっちゃいましょう、ということなのですが…

いつもなら「1月カタール国際」「4,5,6月に海外遠征」「8月のSBS@静岡でちょっともやもや」「9月の仙台カップで惨敗(なに?)」「9月の末にそれをふまえて、反省の候補合宿(ええっ)」「10月にいけるぞ!と自己暗示をかける最終合宿」「11月、最終予選へ!」…と、ここまでが1つのお約束なのですが、来年は9月の仙台カップで惨敗したあと(するなよ)本番を迎えるまでに3週間しかなくなっちゃうのです。
こ、これはヤバいかも(涙目)

来年、2010年10月2日。
「2011年U20ワールドカップ出場」を賭けて、最後の戦いが(中国・イラン・タイ・ヨルダン・ベトナム・オーストラリアのどこかで)キックオフとなります。
あと10か月、ありません。

「世界の舞台に立つ2011年」という自分の未来に向かって、迷いなく走り続けるヤツが生き残っていくはずの、戦いが始まります。

2009年「最後のU18日本代表候補合宿」。
今年ナイジェリアで、ブラジル・スイス・メキシコを相手に3連敗を喫し、次なる目標に餓えている奴ら…「U17日本代表」たちが、ついに名乗りを上げはじめました。
10か月後、仲間たちと笑って勝鬨をあげるために。
何より自分の未来のために。
無駄にできる時間なんてないはず。さあ、アピール!

****
U-18日本代表候補 トレーニングキャンプ(12/8〜10@静岡)

【 】2009年U17日本代表
2月のトレーニングキャンプ参加(2/24〜27)
3月のトレーニングキャンプ参加(3/15〜19)
4月のUAE遠征参加(4/3〜14)
5月のトレーニングキャンプ参加(5/24〜28)
○6月のトレーニングキャンプ参加(6/15〜18@滋賀)(6/22〜25@茨城
7月のトレーニングキャンプ参加(7/6〜9@J-STEP)
8月のSBS国際ユース出場
9月の仙台カップ出場
9月の最終候補合宿メンバー

■GK■
大森圭悟▲□●△○◆★◇OMORI Keigo 1991.04.22/190/89/広島Y
川浪吾郎▲□●△★◇KAWANAMI Goro 1991.04.30/192/82/柏U-18※トップ昇格
荻野賢次郎○◆☆◇OGINO Kenjiro 1991.09.14/187/76/京都府立峰山※C大阪入団
中村 隼○◆☆◇NAKAMURA Hayato 1991.11.18/183/77/浦和Y※2010/1/14山形入団
【渡辺泰広】WATANABE Yasuhiro 1992.10.04/180/70/新潟Y

■DF■
田中優毅▲□●△○◆☆★◇TANAKA Masaki 1991.03.27/172/66/日体大/四中工
古林将太●△○◆☆★◇KOBAYASHI Shota 1991.05.11/173/63/湘南Y※トップ昇格
阿部 巧□●△○◆☆◇ABE Takumi 1991.05.26/165/62/東京U-18※トップ昇格※12/7チーム事情により辞退
宇都宮憲司 UTSUNOMIYA Kenji 1991.07.13/178/72/広島観音
平出 涼☆◇HIRAIDE Ryo 1991.07.18/176/72/東京U-18※9/29トップ昇格
岩田修平◆◇IWATA Shuhei 1991.10.14/174/65/名古屋U-18
高橋祥平○★◇TAKAHASHI Shohei 1991.10.27/180/74/ヴェルディ/ヴェルディY
刀根亮輔 TONE Ryosuke 1991.10.29/179/72/大分U-18※トップ昇格※12/7けがのため辞退
【内田達也】UCHIDA Tatsuya 1992.02.08/177/70/G大阪Y※10/12トップ昇格仮契約
【岡本拓也】OKAMOTO Takuya 1992.06.18/173/67/浦和Y
【廣木雄磨】HIROKI Yuma 1992.07.23/167/63/東京U-18
【高野光司】TAKANO Koji 1992.12.23/173/60/ヴェルディY
追加:藤原賢土 FUJIHARA Kento 1992.01.29/181//67/藤枝明誠※2010/1関西大進学

■MF■
六平光成▲□●○◆☆★◇MUSAKA Mitsunari 1991.01.16/174/64/中央大/前橋育英※12/8けがのため辞退
佐藤 穣 SATO Minori 1991.03.021/68/60/草津※12/25契約満了/前橋育英
田口泰士▲□●△○◆◇TAGUCHI Taishi 1991.03.16/174/65/名古屋/流経大柏
大崎淳矢▲□◆☆◇OSAKI Junya 1991.04.02/170/63/広島Y※トップ昇格
菊池大介▲△○◆☆★◇KIKUCHI Daisuke 1991.04.12/170/64/湘南/湘南Y※12/7体調不良のため辞退
山崎直之☆◇YAMAZAKI Naoyuki 1991.05.05/178/61/東京U-18
加藤 大▲□●△○◆◇KATO Masaru 1991.05.07/173/62/三菱養和※新潟入団
古田寛幸□△◆☆◇FURUTA Hiroyuki 1991.05.23/172/62/札幌ユースU-18※トップ二種登録
【柴崎 岳】SHIBASAKI Gaku 1992.05.28/173/62/青森山田※2010/1/21鹿島入団内定
【小島秀仁】KOJIMA Shuto 1992.07.30/178/65/前橋育英
田中輝希 TANAKA Teruki 1992.08.26/180/70/三菱養和
【堀米勇輝】HORIGOME Yuki 1992.12.13/168/62/甲府Y

■FW■
重松健太郎◆☆◇SHIGEMATSU Kentaro 1991.04.15/173/68/東京U-18※トップ昇格
永井 龍▲□△○◇☆NAGAI Ryo 1991.05.23/177/66/C大阪U-18※トップ昇格
【宇佐美貴史】USAMI Takashi 1992.05.06/178/68/G大阪/G大阪Y
加部未蘭 Kabe Miran 1992.06.17/186/76/山梨学院大付属※12/7けがのため辞退
【宮吉拓実】MIYAYOSHI Takumi 1992.08.07/170/63/京都/京都Y
【杉本健勇】SUGIMOTO Kenyu 1992.11.18/187/76/C大阪U-18※12/9けがのため離脱
【宮市 亮】MIYAICHI Ryo 1992.12.14/180/66/中京大中京
田鍋陵太 TANABE Ryota 1993.04.10/176/64/三菱養和
追加:竹内 翼 TAKEUCHI Tsubasa 199105.20/177//75/広島観音※岡山入団
追加:戸島 章○◆TOSHIMA Akira 1991.10.04/188//75/成立学園※千葉入団
追加:小野裕二 ONO Yuji 1992.12.22/169/58/マリノスY

****
12月6日&12日にはJユースサンスタートニックカップの1回戦と2回戦が、12月19日からはインカレが始まるのですが、出場予定のある選手たちも日程が被らないので、みんな参加できたようです。
タクミ@阿部巧だけは、チーム事情で辞退となってしまいましたが…その他にも俊幸&善朗の高木ブラザース@ヴェルディや、CBの要・セレッソU18の扇原貴宏、ごーとく@酒井高徳@新潟、スミダ@住田貴彦@大分などなど、「見なくてももう知ってる」と判断されたと思しき名前が抜けています。

今回の合宿、目玉はなんと言っても「U17日本代表組」。どのポジションにも魅惑的な選手たちが名を連ねる彼らを、いかにU18というチームに融合させるか…前回、去年のU19日本代表は、その重要なポイントで大人たちが失敗してしまいました。チーム作り破綻の結果を選手たちに背負わせ泣かせる様なことは、今回絶対にしてほしくないです…

それにしても、U17が合流したので当たり前なのですが「高校部活組」が一気に増えました。藤原賢土@藤枝明誠は、今年8月のSBSに「静岡県選抜」として出場していた選手。高円宮で準々決勝まで勝ち上がり、高校選手権にも出場決定。さらに今回追加召集…チャンスを生かしてほしいです。
加えて、広島観音の竹内翼&宇都宮憲司、青森山田のガク@柴崎岳、前橋育英のシュート@小島秀仁、中京大中京のリョウ@宮市亮、彼ら全員、高校選手権のピッチで見ることができます!
さらに、今回初招集だったのに残念ながら怪我で辞退になっちゃった、加部未蘭@「サッカー・ライター加部究氏の息子さん」は、「FC東京U-15むさし」から山梨学院へと進学したうちの1人。この合宿に参加できないのは残念ですが、怪我をしっかり治して、初出場となった高校選手権1回戦にそなえてもらいたいな。そう、山梨学院、初戦の相手は「野洲」です。

クラブユース組からも、期待のニューカマー登場☆ もともと年代別代表に選ばれていた田中輝希@三菱養和は、今シーズン怪我に泣かされてしまいましたが、ピッチに立った時の存在感と迫力は抜きん出ています。12月6日Jユースサンスタートニックカップ1回戦では、途中出場で試合を決めるゴールをゲット!エンジンがかかり始めました。そしてチームメイトの田鍋陵太は、高円宮で大ブレイク。ラウンド16で対戦した前橋育英からゴールを奪ったはいいけれど、脱いだユニを振り回す喜びっぷりにイエロー&即交代という、いろんな意味で調子に乗せると怖い選手です(笑)
そして、高円宮優勝…高校年代の頂点に立ったマリノスユースから、2年生のFW小野裕二が初選出されています。決勝でハットトリックをかました日本一の高校生FW、追加召集のチャンスをものにできたらいいな。

で、ムサカ@六平光成@中央大…怪我で辞退(涙)せっかく久しぶりに前橋育英の同級生、ミノリ@佐藤穣@草津と同じチームでプレーできるチャンスだったのに…。ちなみにミノリの身長「68センチ」の表記は、JFA公式発表のままです(苦笑)いくらなんでも縮みすぎだ!
今回これで大学生は、マサキ@田中優毅@日体大、ひとりぼっち。がんばれ。

※12/9、ケンユウ@杉本健勇が怪我のために合宿を離れてしまいました…。大したことなければいいのですが…

****
この合宿が終われば、大学生はインカレや大掃除(え?)に、高校3年生は引退を賭けた大会へ、高校2年生は来年につながる結果を求め、そしてプロは「新人」を卒業し自分の生活を賭け、それぞれ突き進んでいくことになります。
次に彼らが呼び集められる時、一歩でもライバルを出し抜き、より望んだ未来へと近づいていられますように…


****
AFCユース大会組織委員会では、U19アジア最終予選の日程変更の他に、「U-16とU-19選手権(アジア最終予選)の上位8チームは、次回アジア1次予選(U15&U18)を免除することにしたらどうか」という日本の小倉純二委員長からの提案があげられています。
確かに毎回アジア1次予選は、U15韓国代表まさかの1次予選敗退という波乱が起きる場合もあるけれど、いつも同じ顔ぶれが勝ち上がり、大差で勝敗が決してしまう試合も多々。
どんな判断が下されるのでしょうか…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:


コメント:


 

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/134563674
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。