ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2010/05/18

U19日本代表☆またまた新顔!5月のオランダ遠征☆タイムリミット4か月半

4年前のワールドカップ@ドイツ大会、グループリーグ最終戦の対ブラジル戦。
日本代表が曝しまくる醜態をスタンドから絶望的な気持ちで見届け、ドルトムントの駅で散々にからかってくるブラジルサポーターの言葉に涙を呑む…
そんなランラン☆カンカンの中の人たちのささくれた心に、希望の光を灯し、「信じる力」の本当の意味を教えてくれたのが、2006年アジア最終予選を戦った、当時の「U16日本代表」と「U19日本代表」でした。

どちらも汗と涙に塗れた死闘を繰り広げ、U16日本代表は「優勝」U19日本代表は「準優勝」をもぎ取り、翌年2007年の「U17ワールドカップ@韓国」と「U20ワールドカップ@カナダ」へと、日本のユース年代を導いてくれたのです。

そして4年後。再び巡ってきた「ワールドカップイヤーにして、ユース年代アジア最終予選」の年。
6月11日から始まる「A代表」には、3年前カナダで「調子のり世代」と呼ばれたU20代表から唯一ウッチー@内田篤人が選ばれ、「予備登録」にはマッキー@槙野智章とカガワくん@香川真司が名を連ねました。

希望と可能性は連綿とつながっています。
今年、アジア最終予選に挑む「U19日本代表」に選ばれるための戦いの道のりの中、はるか彼方に見えるのが「ワールドカップ」。
一歩一歩、迷うことも無駄だと思わず、近づいていってほしいな。

ということで「U19アジア最終予選」まで4か月半となった5月18日から、「U19日本代表候補」たちのオランダ遠征が始まりました。
4月にアメリカ遠征と2度の国内候補合宿をやったものの、牧内コーチの趣味なのか顔ぶれが毎回入れ替わるという目まぐるしさ。
今回も「新顔」あり、です。

****

U-19日本代表 オランダ遠征メンバー
第25回フローニンゲン国際ユース大会2010
25th International Cor Groenewegen Tournament

icgt.jpg

2009年8月のSBS国際ユース出場
2009年9月の仙台カップ出場
2009年10月U-18アジア1次予選日本代表
2009年12月U-18トレーニングキャンプ参加
2009年U-17日本代表
2010年4月ダラスカップ出場
2010年4月U-19日本代表候補合宿@J-STEP
2010年4月U-19日本代表候補合宿@大阪

■GK■
18川浪吾郎★◇▲KAWANAMI Goro 1991.04.30/192/82/柏/柏U-18
1 中村 隼☆◇◆○▲NAKAMURA Hayato 1991.11.18/183/77/山形/浦和Y
■DF■
8 藤田息吹○▲FUJITA Ibuki 1991.01.30/170/66/慶應大/藤枝東
3 古林将太☆★◇□KOBAYASHI Shota 1991.05.11/173/70/湘南/湘南Y
2 寺岡真弘◇○▲□TERAOKA Masahiro 1991.11.13/179/70/関西大/神戸Y
6 内田達也●◆○▲UCHIDA Tatsuya 1992.02.08/177/70/G大阪/G大阪Y
7 キローラン木鈴 KILLORAN Colin 1992.04.07/183/74/ヴェルディY※トップ二種登録
4 岡本拓也●□OKAMOTO Takuya 1992.06.18/175/73/浦和/浦和Y
5 遠藤 航▲ENDO Wataru 1993.02.09/176/73/湘南Y※トップ二種登録
9 松原 健●MATSUBARA Ken 1993.02.16/177/66/大分U-18※トップ二種登録
※13平出 涼☆◇HIRAIDE Ryo 1991.07.18/176/69/東京/東京U-18
 →5/17追加召集
■MF■
10大崎淳矢☆◇OSAKI Junya 1991.04.02/170/70/広島/広島Y
11山崎直之☆◇◆▲□YAMAZAKI Naoyuki 1991.05.05/180/68/東京学芸大/東京U-18
※13茨田陽生☆★◆▲BARADA Akimi 1991.05.30/171/58/柏/柏U-18
 →5/16チーム事情により辞退
14小島秀仁●◆○▲KOJIMA Shuto 1992.07.30/178/65/前橋育英
15堀米勇輝●◆□HORIGOME Yuki 1992.12.13/168/62/甲府Y※トップ昇格内定
20宮市 亮●▲MIYAICHI Ryo 1992.12.14/180/66/中京大中京
※12加藤 大◇◆KATO Masaru 1991.05.07/173/62/新潟/三菱養和
 →5/16追加召集
■FW■
19宇佐美貴史●◆○▲USAMI Takashi 1992.05.06/178/68/G大阪/G大阪Y
17杉本健勇●◆○▲□SUGIMOTO Kenyu 1992.11.18/187/76/C大阪U-18
※16山本大貴 YAMAMOTO Hiroki 1991.11.15/173/62/駒澤大/ルーテル学院
 →5/16追加召集

※FIFA U-20ワールドカップ2011出場を目標としたチーム。
※5月15、16日のJリーグに出場した選手は、5月17日に出発します。

****
5/16の徳島戦で先制点を含む2点を叩き込んだバラ@茨田陽生。やっぱりな召集辞退です。
その他、Jのトップチームで出場機会をコンスタントに得ている選手たち、そして大学生たちも選ばれていません。
特に中盤の要となるだろうムサカ@六平光成@中央大や、DFマサキ@田中優毅@日体大が選ばれていないのは「もう計算できる選手」ということなのかな。

そんななか選ばれた、彼らと同じ早生まれの大学2年生イブキ@藤田息吹@慶應大は、4月のダラスカップ@アメリカ遠征に追加初招集された左SH。慶應でのチャンスメイカー的活躍っぷりに期待です。

さらにナオ@山崎直之@学芸大は、1年生ながら大学リーグ戦のスタメンをゲット、なおかつゲームの要を託されるという活躍ぶり。去年のアジア1次予選では「ボランチの1.5番手」に甘んじていたナオ、新しいステージで得た視野を発揮してもらいたいです。

そしてバラ@茨田の辞退により追加初招集されたのは、ナオと同じぴちぴちの大学1年生、山本大貴@第88回高校選手権得点王。

100504_yamamoto.jpg100214_colin_nile.jpg
左:ヒロキ初ゴール!いやっふぅ☆ 右:後ろがコリン、前を行くのはナイル

高校選手権で優勝した山梨学院のキャプテン@碓井鉄平とともに、駒澤大学で1年生にしてベンチ入り&出場を果たし、5/4の順天堂大学戦では「大学初ゴールが先制&決勝弾」という、いかにも「持ってるな〜」とうなっちゃうほどのゴールゲッターっぷり。4月の大阪合宿に選ばれていた碓井鉄平の名前は残念ながらないけれど、この1年生にしてスタメンを取った2人が、駒澤に新しい流れを呼び込んでいるのは事実。ヒロキ@山本大貴、チャンスを活かしてほしいな。
もうひとり、まっさらな「初招集」となったのは、アイルランドの血をひく、ヴェルディユースの双子「キローラン兄弟」のかたっぽ、コリン@キローラン木鈴。ちなみに顔どころか身長体重そっくり同じな兄弟ナイル@キローラン菜入はGK、三菱養和から2006年にヴェルディ入りし、翌年引退したユージーン@キローラン裕人は彼らのお兄さんです。この代表初となる「ヨーロッパのDNAを持つ男」、がんがんアピールを!

ということで、まだまだ試行錯誤の続くU19日本代表。オランダで「20分ハーフの連戦」という、デンソーカップですか?みたいな大会で揉まれてきます。

****
[スケジュール]
参加12チーム中、大会公式試合で対戦しない相手との親善試合
5月18日(火)18:30 vsカナダ代表
5月20日(木)19:00 vsセネガル代表

25th International Cor Groenewegen Tournament
※試合は20分ハーフ
5月22日(土)
12:50 vsアメリカ代表
14:30 vsユトレヒト(オランダ)
16:20 vsアトレチコ・ミネイロ(ブラジル)
5月24日(月)
10:45 vsフェーレンフェーン(オランダ)
12:20 vs南アフリカ代表
PM 順位決定戦

監督:布啓一郎【JFA ナショナルコーチングスタッフ】
コーチ:牧内辰也【JFA ナショナルコーチングスタッフ】
GKコーチ:川俣則幸【JFA ナショナルコーチングスタッフ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:


コメント:


 

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/150242210
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。