ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2010/05/10

U19日本代表☆2010年アジア最終予選☆グループ分け決定!

2008年11月。
日本のU19代表たちが「2009年のU20ワールドカップ」出場を逃したその大会で、優勝を果たしたのがUAE…アラブ首長国連邦。

2年後の2010年10月。「2011年U20ワールドカップ@コロンビア」への出場を賭けて、U-19日本代が挑むアジアのグループリーグ「C」にはその優勝国の名前がありました。

4チーム中上位2チームが決勝トーナメントへ進み、準々決勝に勝利すれば手にすることができる「世界への切符」。
2年前はU-19韓国代表に0-3で敗れ、その後「さまよえるU20」として1年間離合集散を繰り返した、あの渾沌に再び塗れることのないようにと願いながら迎える10月4日、「U19アジア選手権2010」初戦。
山場はいきなりやってきます。
相手は前回優勝国、UAE。

afcu19.jpg

****

[AFC U-19選手権2010グルーピング]
グループA:中国、タイ、シリア、サウジアラビア
グループB:ウズベキスタン、イラク、バーレーン、北朝鮮
グループC:UAE、ベトナム、ヨルダン、日本
グループD:韓国、オーストラリア、イエメン、イラン

[スケジュール]
10月4日(月)vsU-19UAE代表
10月6日(水)vsU-19ベトナム代表
10月8日(金)vsU-19ヨルダン代表
10月11日(月) 準々決勝
10月14日(木) 準決勝
10月17日(日) 決勝
※3/4位決定戦は実施せず

****

もっとも厳しいと言われているのが「グループD」。
11回の優勝経験をもつ韓国と4回のイラン、そして前回4位内をゲットしワールドカップ出場権を得たオーストラリアが、2つの椅子を巡って戦うことになります。
そんな中、日本サッカー協会的には「妥当」だと判断された「グループC」。
「日本はこのチャレンジに全力で臨み、良いプレーをするだろう。我々のチームはレベルが高い。」
というのが協会のコメント。悲願の初優勝をと意気込んでいる…とAFCの公式サイトで記事になっています。

初戦まで残り5か月を切った5月の時点で、「U19日本代表候補」たちはメンバーとっかえひっかえの「お試し合宿と遠征」に翻弄されている状態。
これからの5か月間、「世界のピッチに絶対立つ」というイメージを持ち続ける力が、まずは問われているのかもしれません。

1999年、U20日本代表たちはワールドユース決勝の舞台に立ち、スペインには惨敗したものの「ワールドユース準優勝」という結果を残しました。アジアのユース世代では最高の成績です。
かつて、成し遂げた選手たちがいる、そのピッチに「自分たちが立つ」ことを信じて。

がんばれ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:


コメント:


 

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。