ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2010/05/23

U19日本代表☆カナダ&セネガルと親善試合!1分1敗…☆オランダ遠征

今年10月の「アジア最終予選」を突破するために。
目指すのは来年、2011年コロンビアで行われる予定の「U-20ワールドカップ」。
アジアに留まるのか、ユース年代のうちに世界を戦うのか…答えはこれからの4か月半という時間の中に隠されています。

3月末。U19日本代表として今年初めて召集されたのは、去年のアジア1次予選を勝ち抜いたU18日本代表の「中心選手」たちと、去年U17ワールドカップを戦ったU17日本代表の「中心選手」たち。アメリカへと乗り込んだ二世代融合のチームは「ダラスカップ」初戦で勝利をおさめ、いいスタートを切ったように思えたのですが…結局最後の最後、「絶対勝ちたいんだと言う気持ち」で一つになることができずに、1勝1分1敗でチームを解散させることになってしまいました。

そしてその後2回行われた「U19日本代表候補合宿」では、「初招集」から「お久しぶり」まで、とりどりな名前がリストを賑わせることになります。プロのピッチで出場機会を勝ち取ったため、「所属チームの事情」で参加を辞退する選手も続々と現れる中、5月のオランダ遠征が始まりました。
選ばれたのは「U18組の中心選手」と「U19組の1.5番手たち」。

まずは「カナダ代表」「セネガル代表」との親善試合に挑みます。

U19日本代表オランダ遠征メンバーリストはこちら→

*****
U-19日本代表オランダ遠征
親善試合 第1戦 (カナダ代表)
2010年5月18日(火)18:30K.O.@ヘームスケルク/Heemskerk
U-19日本代表 0-0 U-19カナダ代表

[得点]なし
*****

[U-19日本代表]スタメン
■GK■
18川浪吾郎(柏/柏U-18)
■DF■
4 岡本拓也(浦和/浦和Y)
7 キローラン木鈴(ヴェルディY)
2 寺岡真弘(関西大/神戸Y)
8 藤田息吹(慶應大/藤枝東)
■MF■
15堀米勇輝(甲府Y※トップ二種登録)
11山崎直之(東京学芸大/東京U-18)
14小島秀仁(前橋育英)
 →75分:12加藤 大(新潟/三菱養和)
20宮市 亮(中京大中京)
■FW■
19宇佐美貴史(G大阪/G大阪Y)
 →27分:16山本大貴(駒澤大/ルーテル学院)
  →45分:10大崎淳矢(広島/広島Y)
   →68分:9 松原 健(大分U-18※トップ二種登録)
17杉本健勇(C大阪U-18)
------
初招集のコリン@キローラン木鈴、いきなりスタメンです。そしてダラスカップに追加初召集され、そのまま生き残ったイブキ@藤田息吹が、慶應大でのポジションから一つ下げてSBで登場。
ドイスボランチは1年生にして学芸大をコントロールするナオ@山崎直之180センチと、プロから引く手数多な高校3年・シュート@小島秀仁178センチという、なかなかにデカいコンビです。
積極的に攻撃を担うのは、シュート@小島と同じ「U18組」のユウキ@堀米、リョウ@宮市、うさみん@宇佐美貴史、ケンユウ@杉本健勇の4人。
ちなみにこのピッチに立った「去年のU17日本代表組」は、来年J1の舞台で見ることができそうな選手ばかり。改めて、すごい奴らだったんだな〜と思います。

さて、そんなメンバーで挑んだ初戦でしたが、残念ながら得点も失点もなし。
ケンユウ@杉本の相棒を20数分おきに入れ替えたところからすると、まずはメンバーのバランスを見るのが目的、みたいな内容だったのかな。


*****
U-19日本代表オランダ遠征
親善試合 第2戦 (セネガル代表)
2010年5月20日(木)19:00K.O.@アッセンデルフト/vv Assendelft
U-19日本代表 0-1(0-1,0-0)U-19セネガル代表

[得点]
8分:U-19セネガル代表
*****

[U-19日本代表]スタメン
■GK■
1 中村 隼(山形/浦和Y)
■DF■
9 松原 健(大分U-18※トップ二種登録)
5 遠藤 航(湘南Y※トップ二種登録)
6 内田達也(G大阪/G大阪Y)
3 古林将太(湘南/湘南Y)
 →78分:4 岡本拓也(浦和/浦和Y)
■MF■
10大崎淳矢(広島/広島Y)
13平出 涼(東京/東京U-18)
 →45分:14小島秀仁(前橋育英)
12加藤 大(新潟/三菱養和)
 →63分:8 藤田息吹(慶應大/藤枝東)
20宮市 亮(中京大中京)
■FW■
16山本大貴(駒澤大/ルーテル学院)
 →45分:17杉本健勇(C大阪U-18)
19宇佐美貴史(G大阪/G大阪Y)
 →78分:15堀米勇輝(甲府Y※トップ二種登録)
------
リョウ@宮市とうさみん@宇佐美以外は、総とっかえしたスタメンで挑んだ第2戦。
4バック全員がプロもしくは二種登録という、なかなか頼もしいDFラインだったのですが、開始8分で失点してしまい、そこから結局スコアを動かすことができず。
やっぱり身体能力の高いアフリカ系は苦手なのかなあ…まさに同じ日、南フランスのトゥーロンでは「U21日本代表」がコートジボワールに、0-3で惨敗しちゃったばかり。
アフリカ系のユース世代は相対的に見て、本当に「強い」です。

さて。これで一通りメンバーを試すことができました。これから参加する「フローニンゲン国際ユース」は、20分ハーフで初日は3試合、2日目は2試合+準決勝+決勝をこなすという、気持ちの切り替えが大変な大会。そんな1分1秒が「アジア最終予選」を勝ち抜くための「答え」に結びついているはず。


******
第25回フローニンゲン国際ユース大会2010【25th International Cor Groenewegen Tournament
※試合は20分ハーフ
5月22日(土)
12:50 vsアメリカ代表
14:30 vsユトレヒト(オランダ)
16:20 vsアトレチコ・ミネイロ(ブラジル)
5月24日(月)
10:45 vsフェーレンフェーン(オランダ)
12:20 vs南アフリカ代表※急遽不参加。ロケレン(ベルギー)に変更
PM 順位決定戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:


コメント:


 

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/150839965
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。