ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2010/09/02

U19日本代表☆仙台カップ2010メンバー発表☆まだまだお試し中

本番まであと1か月を切りました
U20ワールドカップ出場を賭けた「アジア最終予選」に挑む、U19日本代表候補たち。
彼らが「代表の座」をもぎとるためにアピールできる、最後の国際大会が始まります。

****
U-19日本代表 仙台カップ国際ユースサッカー2010 メンバー

2009年8月のSBS国際ユース出場
2009年9月の仙台カップ出場
2009年10月U-18アジア1次予選日本代表
2009年12月U-18トレーニングキャンプ参加
2009年U-17日本代表
2010年4月ダラスカップ出場
2010年4月U-19日本代表候補合宿@J-STEP
2010年4月U-19日本代表候補合宿@大阪
2010年5月オランダ遠征
 [X/7]オランダ・フローニンゲン国際ユース(20分ハーフ。2日間で全7試合中)の出場回数。「.5」は途中出退場

2010年6月イラン・中国遠征メンバー
@2010年7月北アイルランド遠征メンバー(NORTHERN IRELAND MILK CUP 2010)
〓2010年8月SBS国際ユース出場


■GK■
1 中村 隼☆◇◆○▲△[4/7]*@〓
 NAKAMURA Hayato 1991.11.18/183/79/山形/浦和Y
18嘉味田隼●□*
 KAMITA Jun 1992.01.17/183/80/神戸/神戸Y
■DF■
2 田中優毅☆★◇◆○▲*@
 TANAKA Masaki 1991.03.27/172/66/日体大/四中工
3 酒井高徳◇□
 SAKAI Gotoku 1991.03.14/175/74/新潟/新潟Y
4 古林将太☆★◇□△[3/7]*〓
 KOBAYASHI Shota 1991.05.11/173/63/湘南/湘南Y
5 平出 涼☆◇△[4/7]*@〓
 HIRAIDE Ryo 1991.07.18/176/72/FC東京/東京U18
6 内田達也●◆○▲△[5/7]
 UCHIDA Tatsuya/1992.02.08/177/70/G大阪/G大阪Y
7 岡本拓也●□△[4/7]*@〓
 OKAMOTO Takuya/1992.06.18/175/73/浦和Y
8 遠藤 航▲△[5/7]*@
 ENDO Wataru/1993.02.09/176/73/湘南Y
■MF■
※六平光成☆★◇◆○▲*@〓
 MUSAKA Mitsunari/1991.01.16/174/64/中央大/前橋育英
9 藤田息吹○▲△[5.5/7]*@〓
 FUJITA Ibuki/1991.01.30/170/66s/慶應大/藤枝東
10田口泰士◆○
 TAGUCHI Taishi 1991.03.16/174/65/名古屋/流経大柏
11菊池大介☆★◇◆○@〓
 KIKUCHI Daisuke 1991.04.12/172/66/草津/湘南/湘南Y
12風間宏希
 KAZAMA Koki 1991.06.19/175/64/ロウレターノ(POR)/清水商
13宇佐美貴史●◆○▲△[5.5/7]*
 USAMI Takashi/1992.05.06/178/68/G大阪/G大阪Y
■FW■
14重松健太郎◆☆◇◆*@
 SHIGEMATSU Kentaro 1991.04.15/173/68/FC東京/東京U18
15小林祐希▲〓
 KOBAYASHI Yuki 1992.04.24/177/64/ヴェルディY
16宮吉拓実●◆□*
 MIYAYOSHI Takumi 1992.08.07/170/63/京都/京都U18
17杉本健勇●◆○▲□△[5/7]*@〓
 SUGIMOTO Kenyu 1992.11.18/187/76/C大阪/C大阪U18

※MF六平選手はリハビリ/コンディション調整のため、大会には出場しません。 

****
8月、静岡で行われた「SBSカップ国際ユースサッカー」のメンバーから半分の選手が入れ替わっています。

ニューカマー筆頭は、ヤヒィこと風間八宏さんちの長男坊@風間宏希。
清水商業を卒業してヨーロッパのチームで練習に参加している…なんてニュース以降どうしたかなと思っていたら、ポルトガルでプロになっていました!
たぶんこのカテゴリーで召集されるのは初めてのはず。去年の8月には「静岡選抜」として出場したSBSカップで、ムサカ@六平光成が中盤を仕切るこのチーム(去年のU18)と対戦し、6-1と惨敗してしまったのですが、1年後にはヤタガラスを胸に抱くチャンスを得ることに。

そして4月のダラスカップ以来の召集となったうちなーんちゅ、タイシ@田口泰士。
すっかりこのチームに定着したイブキ@藤田息吹と、実は高校選手権決勝のピッチで戦った者同士なのです。
お互い2年生ながら強豪校でポジションを確保。そして勝ち進んだ2008年1月14日決勝、イブキが身に纏う藤枝東の紫色で染まった国立のスタンドをあっと言わせたのは、大前元紀が2得点をあげ、タイシ@田口泰士がだめ押しとなる4点目を叩き込み、4-0と相手に何もさせないまま優勝をさらった流経大柏でした。

こうしてみるとついこの間まで、「代表に選ばれるのは高体連出身の選手ばかり」なんて言われていたのに、「Jリーグとほぼ同い年」な彼らがプロへの道を歩み始めるようになった今、Jチーム下部組織が結果を出し始めているように思います。
今回選ばれた19人中、Jユース出身選手は14人。
少数精鋭で育てられてきた彼らが、この先の日本をどう変えてくれるのか、そして日本ならではの「部活動」で鍛えられてきた選手たちが、彼らに対しどんなアピールしてくれるのか、楽しみです。

****
仙台カップ国際ユースサッカー大会2010
2010/09/09 13:30 vsフランス代表
2010/09/11 13:30 vsブラジル代表
2010/09/12 13:30 vs中国代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:


コメント:


 

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。