ランラン☆カンカンのアンダーカバー大作戦

2006/11/21

乾貴士とキャミソールな野郎たち?野洲高校は全国進出!【写真レポ】

「セクシー度はキャミソールぐらい」 …と山本監督に採点された(?)今年の「野洲高校」。そんなプチセクシー野郎たちの「滋賀県大会決勝」を見るために、11月18日土曜日、東京から新幹線とばして行ってきました…滋賀県大津市「皇子山競技場」!!!!ビバ大バカモノ♪>自分

☆写真はクリックで気まぐれに拡大♪

061118_341.jpg

初めて見る「今年の野洲」。去年の選手権決勝で、にっちょ@金本竜市のFKをヘディングで叩き込み、鹿児島実業から先制点を挙げたぼり@荒堀謙次も健在☆そして「速い!イケイケ!面白い!」というウワサだけで妄想がぱんぱんに膨らんでいた(笑)コーヘイ@山田晃平くんのプレーがやっと生で見られるーーー。去年の選手権表彰式の写真には、やたらベストポジションで映り込んでたけど(笑)
…にしても、ちびっこいな…

061118_343.jpg

曇天の下、「第85回全国高校サッカー選手権」へ「滋賀県代表」としての出場をかけて戦うホーム側・草津東とアウェー側・野洲の練習風景…。メンバー入りしていない選手たちが、ハーフコートを囲んで「直立不動」な壁を作る「クサヒガ」と、だらだら〜っと立ってる野洲(笑)すでにチームカラーがくっきりです。

061118_382.jpg061118_383.jpg

「んん??」「これはオレのボールやし。誰にも渡さへんねん」(偽関西弁…すみません(滝汗))練習から引き上げる途中のたかし@乾の足元にキープされたボール。ホント、ボールは友だち!なんだろうなあ…

061118_389.jpg

スタンドのラン☆カンの方がちょっと緊張気味かも…と思わせられた、たかしの笑顔。となりの芝くんも出場はしてないけど、去年の選手権メンバーです。ちっこい、ちっこいって言われてる今年の野洲にも、でっかい選手いるじゃん!と思ったのがこの芝くん。ところが…(つづく)

061118_394.jpg

バック芝生席に陣取った両校のサッカー部員による応援団。選手入場前に大きな円陣を組んで気持ちを合わせます。ラン☆カン的には「野洲」と言えばこの白ベースユニ。やっぱりいいなあ…

061118_413.jpg

なぜか「ワールドカップ2002のアンセム」にのって入場してきた選手たち。校歌斉唱です。まずはホームのクサヒガから。え〜と、ベンチコートの裾からどのくらい脛が見えているのか、覚えておいてくださいね。

草津東[スタメン]
GK1山田
DF2増田/3井上/5武村
MF6岡野/10中村/12西安/15吉川/19辻
FW9岡本/11北野(C)



9番コーヘイ@山田、校歌 大 熱 唱 中!!
胸のゼッケン見て「4番・ぼりがいないーーー!」と思ったらなぜだか11番を着てました(汗)ちなみに19番は「14番・中武くん」、16番は「6番・芝くん」です。紛らわしいことするな〜(泣)
で、その芝くんなんですが…てっきり180センチくらいあるのかと思ってたんですよぅ。試合中もでっかく見えたし。ところが!173センチしかなかったーーー(汗)ほかのみんなが160センチ台だから10センチの差はあるんだけどね、だけどね…
クサヒガの選手と比べると、ベンチコートの丈がみんな長すぎ…7番の廣瀬くんなんて、それすでにベンチコートじゃない気がする(悩)

野洲[スタメン]
GK 1瀧本尚之 3年 172cm 63kg
DF 2青木亮都 2年 173cm 70kg
  3田中雄大 3年 167cm 65kg
  6芝 俊明 3年 173cm 69kg(ベンチコートは16)
MF 4荒堀謙次 3年 167cm 58kg(ベンチコートは11)
  7廣瀬直弥 3年 160cm 51kg
  8村田和也 3年 164cm 53kg
 10乾 貴士 3年 168cm 58kg
 15奥田健斗 3年 162cm 56kg
FW 9山田晃平 3年 166cm 57kg
 14中武真哉 3年 163cm 53kg(ベンチコートは19)

☆メンバー表のデータは、こちらの記事でむぅさまが、プリンスリーグのパンフレットから手打ちしてくださったものを流用しています。むぅさま、ありがとうございました!

061118_425.jpg

さっそうとベンチコートを脱いだイレブン!の姿を見て、激しくどよめく保護者席!!
うわさのバルサチックな野洲の新ユニ、背番号の上には「We will Rock You」の文字が。実は今年、このユニを着ると「あんまりいい結果がでていなかった」そうで…。それをあえて「決勝戦」で採用してきた山本監督、勝負に出たな!というのが保護者の方々のどよめきの原因だったとか。うひょー…(怖)



円陣ダッシュ+円陣組み直し1回ジャンプ、は去年のまま。なんでこんなタイミングで写真が撮れちゃったのかはカメラに聞いてください…(泣)ばっと散るところを撮るつもりだったのにぃ!

ということでいよいよキックオフ☆
序盤、両チームとも緊張気味?でも時間が経つにつれてそれぞれのカラーが出始めます。
クサヒガは守備がしっかりしてて、奪ったら前線の9番と11番に当てるというカンジ。ゆーだい@田中雄大や、たかしといったパスの出所をきっちり押さえてきています。しかも体が大きいし粒がみんな揃ってるので守備にも攻撃にも重量感が。
でもそんな「白い巨塔」たちの3〜4人の囲みの中にあえてドリブルで突っ込んでいったり、「クリアーー!」って思っても、自陣ゴール前でパスをつないでる野洲に「ああ、去年とコンセプトはおんなじなんだな〜」ってホッとさせられました(笑)

前半のハイライト映像はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=gZS3kGr3nCc
これを見ると「野洲、押してるじゃん」ってカンジなんですが、実はクサヒガに攻め込まれている時間もたっぷり。
コンセプトは一緒でも、やっぱり「去年とは別のチーム」です。勝てるかどうかは五分五分かも…と思わされた前半でした。

061118_462.jpg

ハーフタイム、バックがおかしなことに…「V Z ヤス」???あ、「V 2 ヤス」かあ(爆)「V」に人数をかけすぎたため埋まらなくなった「2」の底辺横棒に横たわるメンバー約1名。しかも三角座りをしてる後ろのメンバーの足に寄りかかる体勢は、芝生の傾斜ともあいまって、どんどんぐだぐだに…全員くつろいでるようにしか見えませんが!?(笑)

緊迫感があるんだかないんだか、不思議な空間で始まった後半。
野洲は選手交代で
11番・吉岡拓馬 2年 180cm 72kg
24番・藤野研太朗2年 161cm 56kg
を投入…だと思います(汗)

そして10分たたないうちに、野洲の先制点が!たかし@乾が左のスペースへ→廣瀬くん折り返しクロス→中央を突っ込んできたコーヘイ@山田、ゴーーーール!!!
うわあああああ!今のすっごいセクシーだったかもっ(鼻息)と興奮させられたリズムのいいつなぎっぷり♪去年、選手権のメンバーに入っていた廣瀬くんの売りだと言われる「スピード」の片鱗を見せられた感じです。
右の8番・村田くん、左の7番・廣瀬くん、この2人が両サイドを俊足で突破、9番・山田くんが最前線から中盤の底あたりまで攻守に駆け回り、10番・たかしがプレーに緩急をつけ、4番・ぼり@荒堀が最終ラインから最前線まで縦のラインを制圧、左SBのゆーだいが「選ばれし者の、相手を背負ったロングパスサッカー」を展開…素人目で見ると、今年の野洲の攻撃はこんな感じ?
去年と決定的に違うのは、「中盤で攻撃をコントロールするパスの供給源@けん@平原研がいない」ということかなあ…(素人のつぶやきなので、さらっと読み飛ばして!言ってみたかっただけなのぅ〜)

対するクサヒガも後半メンバーチェンジをして、8番と14番を投入。(だと思います…)
先制点を取ってちょっと集中が緩めになった野洲に、反撃を開始!中盤が空いてきた野洲のスペースに、ガタイのいい(少なくとも野洲よりは)ヤツらがどんどん侵入し始めます。野洲は9番の岡本くんに気を取られるあまりマークが偏っちゃって、セットプレーのピンチのたび「14番フリーーーー!」とスタンドが指示だしする騒ぎに(泣)

…それでも「あと1分しのぎきれば!」と野洲を応援してる誰もが祈るような気持ちでなんとかこぎつけた後半ロスタイム4分のうちの3分目、クサヒガが右からのCKをゲット。平均身長が相手よりとっても小さい野洲にとって、セットプレーはあまり歓迎したくないピンチです…そして…
クサヒガ6番・岡野くんのキックを、DFをかわして回り込んできたクサヒガ9番・岡本くんの頭がとらえます!

野洲、40分ハーフの後半ロスタイムに同点弾を喰らって1-1!!

ぎゃーーー…(蒼白)野洲は数人、がっくりヒザついちゃったりしてるし…
ということで、後半戦のハイライト映像はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=NRKkJZraHkI

「滋賀県大会決勝」10分ハーフの延長戦に突入です。

061118_496.jpg

マネージャーさん、トレーナーさんも含めて、ベンチ入りしているメンバー&スタッフ全員での円陣。山本監督が語り、キャプテン@ゆーだいが語り…

061118_504.jpg

そして10分ハーフの延長戦に挑む11人の円陣。

061118_506.jpg

足がぴょこっと出てるのはたかし。長い円陣だったためタイミングがつかめなかったらしく、2・3度ぴょこぴょこしてました(笑)

正直、延長に入った瞬間、PK戦までいくかも…と覚悟したラン☆カン。追いつかれて明らかにがっくり来てるのは野洲の方だし、クサヒガも本当にいいチームだし…
両チームともちょっと疲れちゃったかなという展開の中、一人だけきっちり「自分のペースを崩さず、流れをコントロールしている」のがたかし@乾でした。4日前には韓国でピッチに立ってたのに…!

そして延長前半終了間際、野洲が右からのCKを得ます。キッカーはたかし。ペナルティエリアの中は、でっかいクサヒガとちっこい野洲が、ポジション争奪戦中。ところが…
上がってきたボールにヘディングで合わせたのはぼり!しかもどフリー!前と後ろに人はいるのに、ぼりの周りだけなぜだかぽっかり穴があいていました。
野洲、追加点!2-1!

延長後半、リードした野洲も攻撃することやめず、クサヒガも屈強で冷静なキャプテン・北野くんを中心として同点弾を狙い続けます。ロスタイム1分をオーバーしたところで、クサヒガ北野くんが執念でCKを奪取。左からのボールに、飛び込んでくるクサヒガの選手をマークしきれず!と思ったら、ヘディングシュートは枠の上へ逃げていき…ついに試合終了のホイッスルが鳴り響きました。

野洲高校、2年連続選手権出場決定です。

延長戦のハイライト映像はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=kgNZ0YdQwu4

試合の詳しい状況などなどは「こちょうのゆめ」さまをぜひぜひご覧くださいませ☆




試合終了直後、大泣きしていたというたかし。それでもクサヒガの選手と抱き合う頃には、たかしにも笑顔が。
そして、ぐずぐずと泣きながら引き上げてくるメンバーをうながす、ゆーだいキャプテン…

「個性派集団で全然言うことを聞かないので、最初キャプテンになったときは嫌だったけど、やるときにはやってくれるから。」

なるほど、このシーンだけでも言うこと聞いてくれなさそうなのがよくわかります(泣)

061118_537.jpg

どっちが優勝したのか、一瞬戸惑うほどの「辛気くさい」表彰式(笑)先に大泣きしておいたたかしだけ、笑みを浮かべる余裕がある模様(笑)右の山田くんなんて、泣き過ぎのあまり目元真っ赤だもん!

061118_563.jpg

見た目に一番インパクトのある「優勝旗」を授与されました!「おいしいとこどり」な感じで頼もしいです☆



エラいおじさまのなが〜いご挨拶に、みんな目が泳ぎ始めてます…。ちなみに真ん中で斜めっちゃってるクサヒガのキャプテン北野くん、男気のあるいい選手って感じがしました。

061118_604.jpg

で、その北野キャプテン。お互い相手チームの応援団に挨拶に行ってすれ違うところで、ゆーだいにがっつり抱きついてました。キャプテン同士、いろんな思いを交換し合ってるんだな…ってシーンです。

実際この両チーム、選手同士仲がいいらしく、あちこちで「それぞれの思いを託し、受け取る」熱い場面が。
クサヒガが勝ってもおかしくなかったこの試合。勝負を分けたものの正体は、ラン☆カンにわかろうはずもないけれど…きっと彼らにはわかってるんだろうな。敵味方選手同士のハグは、それを確認する作業でもあったのかもしれません。

061118_620.jpg

自分たちをバックで支えてくれ続けたチームメイトたちに、優勝の報告…をした瞬間、野洲高サッカー部が弾け飛びました(笑)



仲間たちと大騒ぎしてやっと優勝を実感できたのか、今頃になってえぐえぐ泣き始める奴らも(笑)ゆーだいの解放されたような笑顔がひときわ印象的です…

「乾のワンマンチームと言われないように、みんながやらないと。去年のチームを超えるということは、2連覇だと思うので。2連覇して初めて、去年のチームを超えられると思う」
衝撃的な初優勝のメンバーとして、新チームのキャプテンを努めるゆーだい。
「セゾンFCや野洲高校の選手はみんな、僕のようなプレーをするので、僕がつたないプレーをしたら、みんなが否定されてしまう。どれだけやれるか分からないけど、頑張りたい。」
五輪代表に選ばれて、切ないくらいの決意を語っていたたかし。
そして、野洲高サッカー部のメンバー全員。
他のチームでは絶対に味わえないいろいろなプレッシャーを乗り越え、よきライバルに恵まれての、滋賀県大会優勝です。



マネージャーさんたちとハイタッチ☆みんな柔らかいいい笑顔になってます。
ある意味、去年よりつらかっただろう今年の野洲高サッカー部。チームの力で乗り切ってきた経験は、きっと去年よりさらに彼らを強くしてくれるんじゃないかと、思いたいです。



「おー!」かけ声に照れがあるため、何度やっても決まらなかったこの集合写真(笑)
去年のチームも県大会まではちっとも「セクシーじゃなかった」という野洲。このチームも「キャミソール」からどんなセクシースタイルにパワーアップしていくのか…楽しみです。


ということで、11月20日月曜日には組み合わせ抽選会も無事終了。

野洲高校はシードされているので2回戦からの出場です。
そして対戦相手は…前回も出場している栃木県代表の「真岡高校」。まおか、じゃなくて「もおか」です…などと、去年の1回戦は平気で「東京代表の修徳が『のす』に負けたー」とか言ってたラン☆カンが、ミニ知識を披露してみる(笑)

山本監督とキャプテンゆーだいのインタビューはここ

――今年のセクシー度は?
山本監督「キャミソールぐらいですねえ。(昨年は?)セクシーの意味が違ってきてますね(笑)。昨年のサッカーを見てくれた人が、今年は他県からも応援に来てくれました。そういう人たちは結果もそうでしょうけど、野洲らしさを求められているというのをすごく感じる。マスコミによって(セクシーサッカーの)言葉が大きくなっているけど、『下手を打たんとこう』ではなくて、積極的に自分の長所を出してワクワクさせるサッカーが、彼らが見に来ているものだと思う。」


運命を左右するトーナメント表はここ

うわあああん(汗)野洲の入ったAブロックって「千葉ゾーン」だあ…野洲の初戦は「葉っぱ」なんだ…くすん。ちょっとショック(泣)
なんて贅沢も言えるようになる、選手権までのカウントダウンが始まりました。

開会式は12月30日(土)。オープニングゲーム、滝川第二(兵庫)対暁星(東京B)は13時10分キックオフです。
っていきなり滝二、登場ーーーー(汗)

第85回全国高校サッカー選手権公式HP

*****
今回の突発性遠征では、滋賀県在住のむぅさまにとってもお世話になりました☆
むぅさま、本当にいろいろありがとうございました!!!
*****
そしてそして、コメントをくださっているみなさまへ…本当にありがとうございます。
いい加減あきれていらっしゃるかと思いますが、お返事させていただく気はまんまんです!
本当に申し訳ありません…
この記事へのコメント
ラン☆カンさん、きゃ〜素敵すぎます!新幹線ぶっとばして、皇子山まで行かれたとは!!
大バカモノじゃありませんよ!ラン☆カンさんのその行動力に惚れちゃいそうです。(笑)
そして、ラン☆カンさんしか撮れないこのベストショットの数々〜〜!!
観にいけないファンとして、本当に本当に感謝です♪
(ベンチコートの丈の指摘に大笑いしてしまいました(爆))

しかし、野洲に関する色んなコメントを読むたび、野洲っ子たちは、今年すんごい想いを
それぞれに背負って戦ってたんだな〜と思います。
特に雄大くんのコメントや、乾くんの「僕がつたないプレーをしたら、みんなが否定されてしまう。」
を読んだ時は泣きそうになりましたもん。
(でも、昨日の試合前日インタビューで、「好きなタイプの選手は?」と聞かれて
「柿谷くん」と答えていた乾くんににんまりしたのは私だけ?(笑))

今日の国立も観にいかれるんですね!またレポ楽しみにしています!!
お返事は気にしないでくださいね。こんなラン☆カンさんのレポが読めるだけで、大満足ですから。
Posted by はなぞう at 2006年11月21日 09:21
私は来年千葉に入る米倉キャプテンのいる八千代出場の千葉決勝を柏の葉へ見にいってきました。八千代には磐田行きの山崎君もいます。年末は見られないので、1/2から観戦予定。野洲のいるAグループ、対戦相手は国見!1/2は野洲を見に行くことになるかも知れません。
 はなぞうさんとおなじくお返事は気にしないで下さい。レポートに熱中していただくほうがうれしいです。
Posted by ufo60 at 2006年11月21日 09:49
皇子山まで来られたんですか!一声掛けてもらえれば……(分かれへんちゅうに)、いやービックリ!!
 しかし、良かったですね素晴らしい試合になって、ゲーム展開は去年の草津東戦(準決)と全く同じでハラハラドキドキ、最後はハッピー−胃に悪いです。今年のチームも成長したものです。
 ちなみに俺様たちも応援に来ていたのはご存じですか、端のほうでじみに観戦していましたよ。
 おまけ情報、レギュラー組もぼちぼち進路が決まってきています。関西大や同志社、近大などです。
お疲れ様でした。
Posted by yasuyasu at 2006年11月21日 23:02
いやー、ラン☆カンさんも来られていたとは・・・・
私も、朝9時に皇子山に着きました。ほとんど1番乗りでした。私の他には小学生が3人来てただけでした。
びわこ放送のカメラのすぐ下で観戦してました。
延長戦になった時、もう20分見られると喜んだのは
私だけでは、ないでしょう。
PK戦狙いかなと思ってたのに、野洲は果敢に
攻めてくれました。いやー有料でも良かったと
思いました。ちなみに福島は有料で100円とか
取るみたいです。
今日の韓国戦、乾 時間短か過ぎ。
水野は良かった。

野洲の交替選手は
11 FW 池田卓也 2年 170 66
5  DF 竹中島 直 3年 177 70
24 MF 藤野研太郎 2年 161 55

だったですよ。
Posted by haruppe at 2006年11月21日 23:37
いやぁ皇子山まで来て頂いての「東京へのプッシュ大作戦」大成功おめでとうございます。そしていつもの大変心温まるレポ! ありがとうございます。 因みに、交替選手は、
 
 67’ 中武14→池田卓也11(2年)
 75’ 奥田15→上田大輔  (1年)
 75’ 青木2 →竹中島直5 (3年)
 85’ 芝6  →志水克行13(3年)

でした。上田選手を入れた意図とか、本大会でわかるのでしょうか。因みに上田選手は大会パンフのメンバ表には載っていませんでした。
Posted by dotchy at 2006年11月21日 23:39
ラン☆カンさん》

これ読みながら、
もぉ・・・泣いてました..(去年の優勝特番の貴士のパクりで)
ほんま雄大にしろスゴいプレッシャーやったやろなって。。
そぉ思ったら、ほんまよぉ頑張ったなぁって涙がとまりません。

今日もラスト5分の貴士のためにバッチリビデオ録画してましたけど♪笑”
貴士が有名なってくのはむっちゃ嬉しいけど・・・
今まで野洲の試合を見に行けば当たり前に見ることができた貴士がどんどん遠くにいってまぅんやなぁ〜って寂しいですねぇ(>_<)
それは貴士だけじゃなく、雄大もボリも他のみんなもですけど・・・
もぉあと何回,野洲ユニ着たみんなを見れるんかなぁって↓↓
野洲の全国の舞台はホンマ嬉しいです。
早く見たいし・・・
でもそれは嫌でもやってくるみんなの引退へのカウントダウンですよねぇ(*p_<。)泣
ほんま貴雄ボリが野洲いなくなったら寂しすぎですッ!!↓
ついこの前あの伝説の?にっちょたちの代が引退してそれぞれの道で頑張ってるねんから寂しいけどゥチも切り替えないと!!て思ってたのに、もぉ今度は貴士たちまで。。。
耐えれないっすわ↓笑

ほんまに野洲はゥチのサッカーの原点です♪
ツラい時ずっと野洲のサッカー見てまた頑張ろうって思えてたし・・・
1回でも長く多く、限界の長さまで今の野洲高のサッカー見てたいんで今年も絶対優勝してほしいですね(*∩∀∩)丿
Posted by Iラブサッカー☆ at 2006年11月22日 00:05
土曜日はお疲れ様でした。
そして素敵な写真入りレポありがとうございます。
選手の表情や細かな部分まで写し取るラン☆カンさんの写真を見て、再度感動が蘇ってきました。

常にプレッシャーの中にあった一年。
なかなか内容や結果が伴わなかった苦しい時期もあったし・・・。
よく、ここまで頑張ったと思います。
気が付けば、ここ一年で選手たちの顔つきが随分変わったなぁ。

このチームに残された試合は最大で5試合。
ずっとずっと見ていたい。
それが叶わないなら1試合でも多く見ていたい。
そんな心境です。

☆ufo60 さま
千葉の決勝は私も注目してました。
八千代の山崎くん、ぜひ見てみたいです。
Posted by むぅ at 2006年11月23日 05:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:


コメント:


 

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27875058
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。